0.5ミリ

『0.5ミリ』主演 安藤サクラさんの舞台挨拶を行いました!

絶賛上映中、『0.5ミリ』主演 安藤サクラさんによる舞台挨拶を11月29日(土)に行いました!

午前中の雨模様が一転、サクラさんがいらっしゃった時にはお天気が回復した状態でお迎えすることができました。おかげさまで、舞台挨拶を行った初回、2回目とも満席!(お入り頂けなかった方、ごめんなさい。)季節が冬本番に向かいだんだんと冷えゆく中、名演小劇場は熱気に包まれました。

気取ったところがなく、とても自然体で天真爛漫。万華鏡のようにいろんな役をこなし魅力満載の安藤サクラさん。司会は映画パーソナリティーの松岡ひとみさんです。
上映前に行った舞台挨拶の様子を少しお伝えします。

 

********************************


◎報知映画作品賞&助演男優賞(津川雅彦さん)受賞!!


松岡さん
「それでは、安藤サクラさんです。」
サクラさん「こんには。今日はありがとうございます。」
松岡さん「ありがとうございます。これから皆さん、ご覧になる方ばかりなんですけども。まずは皆さんもご存知かと思いますが、第39回報知映画賞作品賞『0.5ミリ』獲りました。おめでとうございます!すごい!!」
サクラさん助演男優賞も。」
松岡さん津川さんが獲りまして。サクラさんはこれをどんなところで聞いていたんですか?」
サクラさん「電話で聞いて、なんて言うんだろう。昨日、けっこうツイッターに嬉しい気持ちを書いたんですけど。本当に、全裸で叫びながら全力疾走したくなるような気分ですね。」
松岡さん「(笑)」
サクラさん「まさか!本当に…というか驚きました。本当に驚きました。けっこう報知映画賞ってでると、これかな?あれかな?って毎年考えるんですけど。…全然予想は外れました。」
松岡さん「…それだけやっぱり素晴しい作品ということで。」
サクラさん「本当に嬉しいです。こういう作品がこう評価(された)というか。そういうのは本当に嬉しいですね。」
松岡さん「いろんなメジャー作品がたくさんあるなか…。」
サクラさん「そうなんです。地道になんか頑張ってよかったなぁって、本当にしみじみ思います。」
松岡さん「しかも今回、お姉様である安藤桃子さんが監督ってことになって、もう家族全員で本当に全裸になっているような(笑)状態ですね。」
サクラさん「(笑)そうですね。そうですそうです。本当に家族全員で全裸になって高知県を走り回った感じですね。で、気づいたら皆で全裸になって走り回っていた感じですね。」

05

松岡さん「(笑)この映画っていうのは桃子監督とサクラさんとやってみたいなっていうけっこう前から思っていたんですか?」
サクラさん「そうですね。姉妹で作品は絶対にやりたいなって思っていたので。
現場中というよりも全部作品が(撮り)終わって、作品ができた時に姉妹っていうのはすごい最強なタッグだったんだなって思いました。」
松岡さん「それはどういう…。」
サクラさん「姉じゃないと撮れない私みたいな。うちのお姉ちゃんっていうのはずっと小さい時から観察してたんですね、私のことを。観察してたし、私をこういじくりまわしていたんです。“これしろ。”って言われたら“はい。”みたいな。“これ聴け。”“はい。”、“この映画を観ろ。”“はい。”って言って。という感じだったんです。だから、私のことをどうつっついたらどんな私がでるかとか、私をどういう風に撮ったらどんな風に写るかとか、そういういうのを一番多分この世で分かっているのが姉だと思うんで。
元々、この主人公というのはいろんな意味で豊かな人なんですけど、いろんなものが。それをすごく掘り返されたというか、私をこういじくりまわしていろんなものが出たというか…。」
松岡さん「長尺の作品ですが、どんどんいろんなヘルパーさんをしていくうちにサワ変わっていくんですよね、表情とか。そのへんも面白いですよね。…これからご覧になりますからね。」
サクラさん「そうでうね、あんまり言えないですね。」



◎お客様からの質問
「この映画を観た旦那様の感想はどのような感じですか
。」


サクラさん
「うちの夫(柄本佑さん)はSPUR(シュプール)というファッション誌で映画のコラムというか連載をずっとやっているんですけど。
それで、『0.5ミリ』の試写を観たんですね。うちの夫ってすごく映画オタクだし、すごくやっぱり厳しいんですよね、観る目っていうのが。だから、期待もしていなかったし。何て言われるかなっていうのは思っていたんですけど。…で、試写を観て帰って来て、全然自分からその話はしていなくて。しないまま終わってもいいなって思ってたんですけど。寝る前になったら“そうだ、0.5ミリ』よかったよ。”って言って。細かいことは全然聞いてなかったんですけど。で、すごい一生懸命原稿用紙に原稿を書いているのをみていて。それでコラムが出ている号を読んだら、自分がこうゆう風にこの作品を観てもらえたら嬉しいなって思っているような感想が書いてあって。すごく嬉しかったです。」

 

05_2


松岡さん
「この映画って高知で撮って。桃子監督って今高知にいますよね。なんでですか?」
サクラさん「なんで?高知に魅了されたからでしょうね。うちの姉、今、高知に移住してるんですね。で、住民票も全部移して、旦那さんと。で、高知で子供生んで高知で子供を育てて。今、高知県民なんです、うちの姉は。」
松岡さん「サワってヘルパーでおしかけていろんなとこ行くから。どうですかね、寅さんみたいロードムービーつくったら…」
サクラさん「それはすごい面白いなぁって思ったんですよ。」
松岡さん「愛知県とか。」
サクラさん「(笑)そうですね。」


◎最後に一言。

サクラさん「ずっとまぁ、私ハーフなんで(笑)半分故郷である、愛知県に。…うちの父、愛知県っていうのと名古屋っていうのと、すごくこう厳しいんですよ。(笑)…愛知県に来たいとずっと思っていて。やっと来れたことが今日はとても嬉しいです。また、皆さんにお会いしたいなと思っていますので、頑張りますが、とりあえず今日はごゆっくり『0.5ミリ』をお楽しみください。…あのおしっこは大丈夫ですか?」
松岡さん「(笑)長いので。」
サクラさん「ごゆっくり楽しんでください。」
松岡さん「ありがとうございました。安藤サクラさんでした。」
サクラさん「ありがとうございました。また来ます~。」

********************************


安藤サクラ
さん、松岡ひとみさん、そしてご来場くださいました皆さま、ありがとうございました!!

舞台挨拶の様子を※C2[シーツー]WEB版でご覧頂けます。

★こちらです→安藤サクラ『0.5ミリ舞台挨拶REPORT

※C2[シーツー]WEB版について
FREEPAPER  C2[シーツー]ダイジェスト版に入りきらない映画情報が満載!なのが、C2[シーツー]WEB版です。FREEPAPER  C2[シーツー]ダイジェスト版とは、リバブックが発行する名古屋発唯一の映画のフリーペーパーです。
毎月1日発行で愛知・岐阜・三重・北陸・浜松の劇場を中心に、DVDショップ・CD・レコード店・書店・美容室・CLUB・CAFE・BARほかで配布しています。(当館でも配架しております。)
東海地区の映画に関する情報がまとめて得られる大変便利なフリーペーパーです。




この日、サクラさんは飾ってあるポスター全部にサインを書いてくださいました♫


05

こちらは名演会館のどこかにあるサワちゃんロードです。↓

05_3



12月19日(金)
まで上映延長が決定した『0.5ミリ』。まだご覧でない方、ぜひ足をお運びください~。

 

 

関連リンク: 『0.5ミリ』







       

文責:エヴァラーユ

絶賛公開中『0.5ミリ』にて急遽11月29日(土)舞台挨拶決定!

絶賛公開中『0.5ミリ』にて急遽、11月29日(土)に主演の安藤サクラさんによる舞台挨拶が決定しました!


05                                                                                 © 2013 ZERO PICTURES / REALPRODUCTS




①10時10分の回上映終了後
②13時45分の回上映前

…以上2回です。
※予告なく変更・中止になることもございますので、あらかじめご了承ください。

 


052


皆さまのお越しをお待ちしております♪♪



関連リンク:『0.5ミリ』


 

文責:エヴァラーユ 



11月15日(土)より公開『0.5ミリ』初日プレゼントのご案内

死ぬまで生きよう、どうせだもん。


Main_05                                   © 2013 ZERO PICTURES / REALPRODUCTS

「おしかけヘルパー」山岸サワが巻きおこす、
前代未聞のハードボイルド人情ドラマ、怒涛の196分!

ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。
しかもその日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため、“おしかけヘルパー”をすることに…。

 

11月15日(土)より公開『0.5ミリ』初日ご来場のお客様に先着で、オリジナルパッケージ「高知県26年度 コシヒカリ米1kg」をプレゼントいたします!

 

05

※数量限定
※高知県農協青壮年連盟より提供していただきました。



↓安藤桃子監督は、先月末に名古屋にいらした際にポスターにサインをして下さいました~☆

05_4


若手最強姉妹タッグと個性派俳優たちで魅せるハーモニー♪ぜひお楽しみ下さい!

 

     05_2                                                              

←←オリジナルポストカード付き特別鑑賞券(1,500円)
絶賛発売中です!
明日11月14日(金)までの販売ですので、お気をつけください。

 




 

関連リンク:『0.5ミリ』




       

文責:エヴァラーユ

 

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥