« 『誰がために』 日向寺太郎監督 インタビュー【1】 | トップページ | 『誰がために』 日向寺太郎監督 インタビュー【2】 »

オータムスタンプラリー終了間近!

10月より開催中の『名演プレゼンツ オータムスタンプラリー~女性映画特集~』。最終応募締切が、いよいよ12月10日(土)に迫っています! 



名演スタッフ選りすぐりの女性映画6作品を対象にしたスタンプラリー、いかがだったでしょうか?男性監督が鋭く描く女性もいれば、女性監督が女としての視点から描いた作品もありました。いろいろな女性が登場し、彼女たちの生き様を見せてくれました。



futarino1 maria1 スタンプラリー最後を締めくくる作品は、『ふたりの5つの分かれ路』『そして、ひと粒のひかり』



『ふたりの5つの分かれ路』は、フランス映画。『まぼろし』(2001年)、『8人のおんなたち』(2002年)、『スイミングプール』(2003年)などの作品で知られるフランソワ・オゾン監督。男性でありながら女性を描くことにかけては、天下一品の監督の作品をお見逃しなく!一組のカップルがどこで路を踏み外してしまったのか、離婚から出会いまで遡ります。時間を逆行させるという逆転の発想を利用した、一風変わったストーリー。



そして、もう1本が『そして、ひと粒のひかり』。この作品は、アメリカ・コロンビアの合作映画。監督は、ジョシュ・アーストン。今回が初の長編映画となります。2005年度のアカデミー賞主演女優賞に主演のカタリーナ・サンディノ・モレノがノミネートされたことでも話題になりました。実は、世界各地の映画祭にて、46部門ノミネート、24部門受賞した作品です!南米の貧困生活から脱却するため、ゴム袋に詰められた麻薬62粒を飲み込むマリア。そして、彼女はニューヨークへと旅立ちます…『世界中の女性たちにささげる“21世紀のマリア、真実の物語”』




せっかく、スタンプを押してもらったけれどあと1つ、いや、2つスタンプが足りない!という貴方。3つで応募できますので、是非ご応募くださいませ!12月9日(金)が最後の対象作品上映日になります。最近は急に冷え込み、体調も崩しやすい時期ですが、是非お時間を作って劇場までおこしください。お待ちしております。



yes metro teresa claire







6作品、全てをご覧になったお客様は、「集めてあてよう!」へは2口でのご応募になります。招待券と引き換え時、そのまま劇場スタッフがお預かりいたします。ご住所、お名前、性別、連絡先をお忘れないよう、ご記入くださいませ。


※ご応募いただいたみなさまには発送をもってかえさせていただきます。




関連リンク: 『ふたりの5つの分かれ路』 公式サイト

        『そして、ひと粒のひかり』 公式サイト



文責:ホームページチーム・レイチェル

« 『誰がために』 日向寺太郎監督 インタビュー【1】 | トップページ | 『誰がために』 日向寺太郎監督 インタビュー【2】 »

名演キャンペーン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。