« 『二人日和』 出演・栗塚旭氏 インタビュー【1】 | トップページ | 『ガラスの使徒』 金守珍監督インタビュー【1】 »

『二人日和』 出演・栗塚旭氏 インタビュー【2】

2biyori 『二人日和』で共演している藤村志保さんについて、栗塚さんはこう語ってくれました。「僕は新劇の出身、藤村さんは大映出身で、大々的にデビューされた女優さん。僕にとっては高嶺の花でしたね。(笑)例えるなら、草野球とプロ野球の選手くらいの差があった。だけど、昔、彼女が僕のいた劇団に稽古にきたことがあって、その頃を知っていたから『お久しぶり』といった感じで、撮影は和気あいあいとすすんでいったんですよ。」



藤村さん演じる、黒由千恵は難病のALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis: 筋萎縮性側索硬化症)に犯され、次第に身体の自由がきかなくなっていきます。そんな千恵をそっと支えるのが、栗塚さん演じる夫の黒由玄。神祇装束司という職人気質の夫は、あまり多くを語りませんが、二人のまわりには言葉では言い表せない独特の雰囲気が漂っています。「映画をみるたびに永年連れ添っている本物の夫婦のように見えるんですよ。夫婦として『みせる』っていうのはあるけれど、『みえる』というのとはまたべつ。45年もの永い年月を共に過ごしてきた夫婦に『みえる』のはいいでしょ。」と、しみじみ話してくれた。



『二人日和』は、野村惠一監督、藤村志保さん、そして市田ひろみさんらの共通の知人でもある内藤昭氏を励ますために立ち上がった企画。内藤氏も実はALS患者の一人なのです。『映画界の大先輩である内藤さんを少しでも励ませたら・・・』という撮影所仲間の結束により誕生した本作ですが、当初、なかなか夫役が決まらなかったそうです。



kurizuka-2-3 「夫を演じるいい俳優は沢山いたと思いますよ。ただ、監督の目からみて自分のイメージする俳優が見つからなかったみたいでね。目垢がついていないというか、新鮮さを求めて僕に白羽の矢がたったんじゃないかな。」



ある日、栗塚さんのもとに一本の電話がかかってきたそうです。野村監督からでした。「藤村さん主演映画の夫役を探している」という内容。「僕は時代劇を長い間やっていたから、はじめはメイキャップなしにカメラの前に立つことが怖くてね。一番最初に撮影した湧き水を汲みにいくシーンも、※ラッシュをみれなかったくらいで。(笑)それに、実年齢よりも上の役を演じられるだろうか、という不安もありましたよ。」と、撮影当初の心境を話してくれました。



※ラッシュ・・・ 撮影後、すぐに焼き付けた未編集のフィルムのこと。このフィルムを見て撮影のよしあしを判断し、再度撮りなおす場合もある。



kurizuka-2-2 本作では、老夫婦に対比するように若いカップルが登場します。リハビリのため、妻に手品を教えるお願いをした大学生とその恋人。手品を藤村さんに教えているのは、賀集利樹さん。実際にはサッカー青年だそうですが、劇中では遺伝子研究の傍ら手品を披露する好青年を演じています。 「彼はサッカー青年で、すらっと身長も高くていい男でした。手品で小さなボールを使うし、サッカーでもボールを使う、とにかく大小の違いはあるけどボールの扱いは上手でしたよ。(笑)手品も短期間によく勉強して、ショーに立ったときには本物のマジシャンにみえましたね。」



そして、彼の恋人役を演じるのが山内明日さん。撮影時は16歳だったそうです。 「高校生なのにすごく大人っぽくってね、まるで彼よりも年上のお姉さんにみえる時がありました。彼女はこの先大成すると思いますね。光るものがあるし、活躍してもらいたい。僕らから賀集さんや山内さんのおような若い二人にバトンタッチしていかなくてはいけないね」と、共演者について語ってくれました。




『二人日和』は名演小劇場リニューアル3周年記念作品の一つ。老夫婦の愛のストーリーは、あまり大きな展開はなく淡々と時間が流れていきます。映画をご覧になっていろいろな感想を持つ方がいらっしゃると思いますが、いつかこの夫婦の関係を理解できる時がくるのではないでしょうか?



kurizuka-2-1 本作の中では、京都の人が普段なじみのある場所やものが沢山登場します。町家や街路、鴨川に天神さんのあわもちなど、ささやかだけど京都の伝統と日常とを垣間みることができます。

今回は、そんな京都で素敵な時間を過ごしていただこうと、名演小劇場では3周年記念キャンペーンとして1組2名様に名古屋ー京都間の往復新幹線チケットプレゼントをご用意しています。是非、貴方も普段味わうことのない街なみを堪能してください。ご応募は2月24日(金)まで受け付けております。皆様のご来場を、劇場にてお待ちしております。




関連リンク:
『二人日和』 公式サイト



文責:ホームページチーム・レイチェル

« 『二人日和』 出演・栗塚旭氏 インタビュー【1】 | トップページ | 『ガラスの使徒』 金守珍監督インタビュー【1】 »

二人日和」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。