« 劇場支配人のお薦め舞台 Gamarjobat(が~まるちょば) | トップページ | 2006年名演小劇場 上映作品一覧&ベスト3! »

ヴィスコンティ生誕100年祭、いよいよ開幕!

Visconti名演小劇場では、11月10日(土)より、イタリア最後の巨匠、ルキーノ・ヴィスコンティ監督生誕100年を記念して、監督の代表作3本を一挙に上映する『ヴィスコンティ生誕100年祭』を開催します。上映するのは中・後期の作品より、『山猫』(イタリア語、完全復元版)、『ルートヴィヒ』(完全復元版)、『イノセント』(完全復元&無修正版)の3本です。


 

ルキーノ・ヴィスコンティ監督は、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』で1943年にデビューし、1976年に亡くなるまで長篇作品14本、そして中・短編、共同監督作品5本を作りました。没後30年、ヴィスコンティ監督の名作が完全復元版としてスクリーンに今、蘇ります!


 

Vis3 現在、劇場ではこの映画祭の前売券を販売しております。劇場窓口にて3作品の前売券をお買い求めの方に『山猫イタリア語完全復元版』ポストカードをプレゼントしております。是非、この秋に20世紀の映像遺産とも言えるヴィスコンティ芸術にふれてみて下さい。


 

■作品紹介


 

『山猫』

1963年/イタリア=フランス合作/187分/カラー/イタリア語版

出演:バート・ランカスター、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレ他

「シチリア貴族、ジョゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサ(1896~1957)の同名小説の映画化で、第16回カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた一大叙事詩。」


 

『ルートヴィヒ』

1973年/イタリア=フランス=西ドイツ合作/237分/カラー/イタリア語版

出演:ヘルムート・バーガー、ロミ−・シュナイダ−、トレヴァ−・ハワード他

「『地獄に堕ちた勇者ども」『ベニスに死す』に続くヴィスコンティのドイツ三部作最終章。理想と現実に引き裂かれ、失意と孤独に生きたバイエルン国王、ルートヴィヒII世(1845~1886)が40歳で謎の死を遂げるまでを重厚な映像で描いた。」


 

『イノセント』

1976年/イタリア=フランス合作/124分/カラー/イタリア語版

出演:ジャンカルロ・ジャンニーニ、ラウラ・アントネッリ、ジェニファー・オニ−ル他

「イタリアの作家、カブリエーレ・ダヌンツィオ(1863~1938)の『罪なき者』を原作に、ヴィスコンティは熟知した貴族社会の頽廃でスクリーンを埋めつくした。」


 

■上映スケジュール(予定)



Vis1

11/11(土)~11/14(火)

1. 『ルートヴィヒ』10:20~

2. 『山猫』14:50~

3. 『イノセント』18:20~


11/15(水)~11/18(土)

1. 『山猫』10:20~

2. 『イノセント』13:50~

3. 『ルートヴィヒ』16:15~


11/19(日)~11/24(金)

1. 『イノセント』10:20~

2. 『ルートヴィヒ』12:45~

3.『山猫』17:15~



※『ルートヴィヒ』上映には、10分の中間休憩が入ります。

※上映時間は変更になる可能性があります。



映画祭の期間中、劇場窓口では生誕100年を記念して発売されたヴィスコンティ作品のすべてを回顧する永久保存版的カタログ、『ルキーノ・ヴィスコンティ』(発売元:エスクァイア マガジン ジャパン)も販売予定です。


 

文責:ホームページチーム・レイチェル

« 劇場支配人のお薦め舞台 Gamarjobat(が~まるちょば) | トップページ | 2006年名演小劇場 上映作品一覧&ベスト3! »

ヴィスコンティ映画祭」カテゴリの記事