« フランス映画祭4日目 | トップページ | 映画『ランジェ公爵夫人』公開記念セミナー <バルザックの生涯と作品> »

映画『つぐない』公開記念セミナー <現代英国小説の状況と映画『つぐない』について>

Tsugunaiomote お待たせしました!第3回シネサロン・セミナーの開催です。しばらく前から劇場ではチラシを配布させていただいておりましたが、映画『つぐない』の公開記念セミナーに、愛知県立大学外国語学部英米学科松本三枝子教授をお迎えします。テーマは「現代英国小説の状況と映画『つぐない』について」。開催日時は、4月21日(月)の午後1時30分~3時15分まで。場所はホテルコムズ名古屋(旧 三井アーバンホテル名古屋)2F会議室となります。先着60名様、参加費は無料です!最近の洋画は、近代小説などから脚色された映画が増えています。一体、どんなお話がきけるのでしょうか?

(申し込み方法等、セミナー詳細については、本文一番下に概要を掲載しています。)



Tugunaiura イギリス本国のみならず、現代文学を代表するブッカー賞作家であるイアン・マキューアンの小説「贖罪」を映画化した『つぐない』は4月19日(土)より、劇場で公開予定です。
ストーリーは、1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女に生まれた美しいヒロイン・セシーリア。兄妹のように育てられた使用人の息子・ロビーを身分の違いを超えて愛しているのだ、と初めて気づいたある夏の日。二人の愛は、小説家を目指す多感な妹・ブライオニーのついた哀しい嘘によって引き裂かれることになります・・・。果たして彼らの運命はどうなっていくのか。壮大なスケールで描く、切なくも美しい愛とつぐないの大河ロマンです。



Tsugunai2 主演は、今最も輝く女優『パイレーツ・オブ・カリビアン』キーラ・ナイトレイ。彼女の磨きのかかる美しさ、特にグリーンのドレスを着た姿には圧巻です。相手役のロビーには、『ラストキング・オブ・スコットランド』での好演後、主演作が相次ぐ英国の俳優ジェームズ・マカヴォイ。ふたりを引き裂く結果になる妹ブライオニーは、時代ごとに三女優が熱演します。少女時代の演技が話題となっているのは新星シアーシャ・ローナン、娘時代を『エンジェル』ロモーラ・ガライ、そして大作家となった晩年を名女優のヴァネッサ・レッドグレイヴが演じています。


監督は、前作『プライドと偏見』でジェーン・オースティンの世界を再現した実績を持つジョー・ライト監督。2007年のヴェネチア国際映画祭のオープニング作品として『つぐない』が上映されました。オープニング作品の監督としては最も若い年齢でした。




Tsugunaikouenomote_2 Tsugunaikouenura 名演小劇場 

第3回 シネサロン・セミナー

映画『つぐない』公開記念セミナー 

「現代英国小説の状況と映画『つぐない』について」





日時:4月21日(月) 午後1時30分~3時15分(受付は15分前より)

場所:ホテルコムズ名古屋(旧 三井アーバンホテル名古屋) 2F会議室

募集人員:先着60名様

参加費:無料

講師:松本三枝子教授(愛知県立大学)

主催:株式会社 名演会館・名演小劇場

お問い合わせ番号:052-931-1701

現在お申し込みを受付中です。残席少ないですので、どうぞご希望の方はお早めに劇場窓口にてお申し込みください。




文責:ホームページチーム・レイチェル

« フランス映画祭4日目 | トップページ | 映画『ランジェ公爵夫人』公開記念セミナー <バルザックの生涯と作品> »

シネサロンセミナー」カテゴリの記事