« 『ぼくの大切なともだち』初日ミニライブ開催! | トップページ | 『ぼくの大切なともだち』初日ミニライブレポート »

映画『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』公開記念セミナー <アルツハイマー病と想い出の喪失>

Awayomote 第6回シネサロンセミナーのお知らせです。今回は、現在上映中の作品『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』の公開を記念しまして、名古屋工業大学保健センター長・精神科医でもある粥川祐平氏をお迎えし、『アルツハイマー病と想い出の喪失』をテーマにセミナーを開催します。
開催日時は、7月5日(土)の午後1時30分~3時15分まで(受付は15分前より)。場所はホテルコムズ名古屋(旧 三井アーバンホテル名古屋)2F会議室となります。先着60名様、参加費は無料です!夫婦の深い愛情を描いた美しい愛の物語と共に、アルツハイマー病などについての知識を深めませんか?

(申し込み方法等、セミナー詳細については、本文一番下に概要を掲載しています。)



この作品は、『死ぬまでにしたい10のこと』『あなたにならいえる秘密のこと』に主演した女優サラ・ポーリーが初監督を務めた作品で、全米批評家が大絶賛した愛のストーリーです。

Away 結婚生活44年目のフィオーナとグラント夫婦は、突然予期しない事態に見舞われます。フィオーナは時々自分の名前がわからなくなったり、フライパンを冷蔵庫に入れたり、自分でも理解できない行動をとるようになるのです。そして、医師からアルツハイマーと診断され、ついにフィオーナは自らを介護施設に入所することを決断します。1ヶ月後、面会を許されたグラントが目にしたのは、オーブリーという車椅子に乗った男の傍らで恋人のように優しく世話を焼く妻の姿でした。そして、自分のことはまったく覚えていないという真実…。

忘れさられてしまうことの辛さ、忘れてしまうことのかなしさ、忘れられないことの苦しさ、二人をつなぐのは、忘れたい記憶と忘れられない思い。カナダ・オンタリオ州マスコーカ地方の叙情的な美しさのなかに、人間の尊厳を描いたサラ・ポーリーの意欲作!


Irakusa 出演者は、アカデミー賞受賞者ほか演技派が共演=ヒロインのフィオーナを演じるのは『ダーリング』でアカデミー賞を受賞しているジュリー・クリスティ。夫のグラントにはカナダ界のアイコンでもある『リトル・ランナー』ゴードン・ピンセントのほか『月の輝く夜に』でアカデミー助演女優賞を受賞したオリンピア・デュカキスなど演技派が共演。原作は、アリス・マンロー(「イラクサ」新潮社刊より「クマが山を越えてきた」)です。




Cinesalonseminar 名演小劇場 

第6回 シネサロン・セミナー

映画『アウェイ・フロムハー 君を想う』公開記念セミナー 

「アルツハイマー病と思い出の喪失」

日時:7月5日(土) 午後1時30分~3時15分(受付は15分前より)

場所:ホテルコムズ名古屋(旧 三井アーバンホテル名古屋) 2F会議室

募集人員:先着60名様

参加費:無料

講師:粥川祐平氏(名古屋工業大学保健センター長・精神科医)

主催:株式会社 名演会館・名演小劇場

お問い合わせ番号:052-931-1701

現在お申し込みを受付中です。残席少ないですので、どうぞご希望の方はお早めに劇場窓口にてお申し込みください。



関連リンク:
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』 公式サイト




文責:ホームページチーム・レイチェル

« 『ぼくの大切なともだち』初日ミニライブ開催! | トップページ | 『ぼくの大切なともだち』初日ミニライブレポート »