« 『Beauty うつくしいもの』片岡孝太郎さん来名キャンペーンレポート【前編】 | トップページ | 『Beauty うつくしいもの』片岡孝太郎さん来名キャンペーンレポート【後編】 »

2009年名演小劇場 シネサロン会員募集開始について

名演小劇場は、今年の2月で映画館へとリニューアルオープンして6周年を迎えました。昨年一年間、劇場へ足を運んでいただきどうもありがとうございました。今年も2009年度のシネサロン会員を募集いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

Kaiin_2 2009年度のシネサロン会員募集のご案内です。今年も、3月1日(土)より受付開始予定となります。劇場窓口での受付となりますので、詳細につきましては劇場へお問い合わせ願います。

ウェブからも会員申込書をダウンロードしていただけます。必要事項をご記入の上、劇場窓口へご提出ください。(この記事の一番最後にPDF形式で申込用紙をご用意しました。)

昨年から新設した学生会員。学生さんもよりお得に映画を楽しんでいただけます!その他、毎度おなじみ特別会員、一般会員も募集しております。
会員募集期間は2009年3月1日~5月31日までの3ヶ月。有効期限は1年間です。ぜひ、この機会に名演小劇場のシネサロン会員にご入会ください。

※詳しい会員募集のご案内は劇場にて配布しております。

【特別会員】

500名様:入会金無料・会費10,000円(税込)です。

■有効期間:発行日から2010年5月31日まで
■全ての曜日に関係なく1,000円でご入場いただけます。
■ご入会時にご招待券6枚プレゼント(2009年5月31日まで有効)。
■有料入場ごとに1ポイント加算。6ポイントで1回ご招待。(ご本人のみ有効)

【一般会員】

1000名様:入会金無料・年会費2,500円(税込)です。

■有効期間:発行日から2010年5月31日まで
■平日は1,000円でご入場いただけます。
■土・日・祝日は1,300円(シニアは1,100円)になります。
■ご入会時に1枚ご招待券(会員証発行日より3ヶ月間有効)プレゼント。
■有料入場ごとに1ポイント加算。6ポイントで1回ご招待。(ご本人のみ有効)

【学生会員】

500名様:入会金無料・年会費1,500円(税込)です。

■名演小劇場窓口のみでの受付となります。(要学生証<高校生・専修・専門学校生・大学生・大学院生>)
■有効期間:発行日から2010年5月31日まで
■全ての曜日に関係なく1,000円でご入場いただけます。
■ご入会時に1枚ご招待券(会員証発行日より3ヶ月間有効)プレゼント。
■有料入場ごとに1ポイント加算。6ポイントで1回ご招待。(ご本人のみ有効)

【ご登録と会員証】

■会員募集期間は2009年3月1日~5月31日までの3ヶ月間です。
■お申込いただきますと会員証を発行いたします。
■会員証はご入場の時に必ずご提示ください。ご本人のみ有効です。
■紛失時の再発行に際しては、紛失前のポイントはなくなります。
■割引特典は他の割引券、金券などとの併用はできません。
■会員入会日および特別興行の場合は、招待券はご利用できません。

【募集期間について】

■募集期間:2009年3月1日より5月31日まで
■お申込方法:募集要項にご記入の上、劇場窓口、郵便振替にてお申込ください。

【劇場窓口でのお申し込みの場合】

■入会申込書に必要事項をご記入の上、現金を添えてお申し込みください。その場で会員証を発行いたします。

【郵便振込みでのお申し込みの場合】

■お名前・会員種別(特別・一般)、郵便番号、住所、電話番号をご記入のうえ、下記講座まで年会費をお振込みください。お振込み手数料はお客様負担でお願いいたします。また、振込み人は、お申込者名でお願いいたします。

郵便振込み加入者名:名演会館 
口座番号:00850-9-14515

■ご入金が確認できた日を入会日とし、会員証を発行いたします。
■会員証のお渡しは劇場窓口、または郵送でも可能です。
■名演小劇場窓口での受取りの場合、劇場窓口にお振込み控えをご持参ください。
■郵送希望の場合は、必要事項を記入した入会申込書を、郵便またはFAXにてお送りください。後日、会員証をお送りします。
(FAX番号:052-931-8588)

※ウェブ用の会員申込用紙もありますので、どうぞご利用ください。(PDF形式)印刷して必要事項をご記入後、劇場窓口または郵送にてお申し込みください。

「cinesalon-kaiin.pdf」をダウンロード

印刷して必要事項をご記入後、劇場窓口または郵送にてお申し込みください。

« 『Beauty うつくしいもの』片岡孝太郎さん来名キャンペーンレポート【前編】 | トップページ | 『Beauty うつくしいもの』片岡孝太郎さん来名キャンペーンレポート【後編】 »