« World Cinema『エリックを探して』 | トップページ | 東京国際映画祭3 日目 »

Competition『テン・ウィンターズ』

コンペティション『テン・ウィン
コンペティションからイタリア、ロシア合作の『テン・ウィンターズ』を観てきました。

本作はヴァレリオ・ミエーリ監督の最初の長編映画となります。冬のヴェネチアとモスクワを舞台に、カミッラとシルヴェストロの10年にわたる「友達以上恋人未満」な関係を描くラブストーリーです。

上映後は監督であるヴァレリオ・ミエーリ氏とプロデューサーのウリアナ・コバレバさんがゲストとして登場してくれました。

イタリアの伝統ある国立映画学校が製作をバックアップしており、脚本にも監督自身が携わっています。また第66回ヴェネチア国際映画祭でも本作は上映されたそうです。


Q&Aの最後には観客のみんなと写真が撮りたいとのことで
客席をバックに写真も取りました。『これが自分の最初の作品で、またその作品と共に東京に来れて嬉しい』と語っていた監督の姿が印象に残りました。

文責:ホームページチーム レイチェル

« World Cinema『エリックを探して』 | トップページ | 東京国際映画祭3 日目 »

映画祭関連」カテゴリの記事