« World Cinema『小さな山のまわりで』 | トップページ | 『黄金花~秘すれば花 死すれば蝶~』舞台挨拶で木村威夫監督登場! »

Special Screening『脳内ニューヨーク』

Special Screening『脳内ニュー
昨年のカンヌ映画祭をはじめ世界の映画賞23部門にノミネートされ、8部門を受賞したチャーリー・カウフマン監督の『脳内ニューヨーク』。映画祭のチケットもSOLD OUT.早くも人気を物語っていました。

『エターナル・サンシャイン』『マルコヴィッチの穴』の脚本を手がけたチャーリー・カウフマン監督は本作が初監督作品となります。今回は、製作のスパイク・ジョーンズ氏とのコンビで摩訶不思議なムービーを届けてくれました。

出演は、フィリップ・シーモア・ホフマンさん、サマンサ・モートンさん、ミシェル・ウィリアムズさん、など個性派キャストが勢ぞろい。

カウフマン監督によるビデオメッセージでは『夢のようなキャスト、みんな役にピッタリだった。…彼等で正解だった』と語っていました。

また本作については『どう解釈しても間違いはない。観ているひとりーひとりの作品だ』とコメントを寄せてくれました。タイトルでもある『“synecdoche”について調べてみるといいかも』との発言もあり、本作に対してのヒントともとれるメッセージは非常に心に残る内容でした。

東京国際祭についてのリアルタイム?!レポートも本日で最後となります。ありがとうございました。


文責:ホームページチーム レイチェル

« World Cinema『小さな山のまわりで』 | トップページ | 『黄金花~秘すれば花 死すれば蝶~』舞台挨拶で木村威夫監督登場! »

映画祭関連」カテゴリの記事