« 『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』(442) | トップページ | 映画「パートナーズ」寄付金のご報告とお礼 »

『パートナーズ』主演 浅利陽介さん、来名キャンペーンレポート

好きになる―パートナーはそこから生まれて、始まる。
チエが教えてくれた愛と希望の物語。



Partners1_3現在公開中の『パートナーズ』は、盲導犬と人との絆、そして人と人との絆について伝えてくれる心温まる愛の作品です。主人公・小山内剛を演じた浅利陽介さんが本作のキャンペーンのため、名古屋を訪れました。今回は、その時にお聞きした本作にこめるメッセージをお届します。



夢や希望もなく刹那的に生きる主人公・小山内剛を演じた浅利さんはこの役を演じることにより、「それまでは撮影の前はボルテージをあげるために音楽を聴き「個」になってしまっていましたが、事を成すためには「個」ではなく「対」すること、人からパワーをもらうことが大事だ、と気づきました。」『パートナーズ』で演じ得たものについて語ってくれました。



盲導犬と共に演じることに関しては、「小さい頃から犬を飼っていたので、一緒に撮影することは楽しかったですが、盲導犬のために厳しくあるべきだけど、犬の好奇心も育ててあげることも大切だと理解できました」と、今回の撮影から盲導犬のために必要なことも学ばれたそうです。



Parnters4

「あたりまえの存在として身近にいる自分のパートナー、その人のおかげであるということ、その気づきをこの映画を通して伝えたい」と最後に語ってくれた浅利さん。本作では、盲導犬の成長と共にその訓練士である小山内も人として成長する様子が丁寧に描かれています。



そんな『パートナーズ』のストーリーは…

Partners2 19歳のフリーター小山内剛は、知人の死をきっかけに盲導犬訓練士学校に入学します。2年間の研修期間を経て、みごと准訓練士となった剛が初めて担当する訓練犬は、チエでした。
生後2ケ月で、母犬から離され、パピーウォーカーと呼ばれる育ての親、長谷川家で10ケ月間暮らしたチエは、立派な成犬となり剛の元へと戻ってきたのですが、なにかがうまく行きません。思い悩んだ剛は、パピーウォーカーの長谷川家でもっともチエをかわいがっていた10歳の長女、美羽に相談します。
そして、美羽が伝えたことは、たったひとことでした。
「私はチエを好きだっただけ―」
そんなある日、剛とチエの前に不慮の事故で失明し、心を固く閉ざした真琴が現れます。剛はチエとともに彼女の心を開こうと奮闘するのですが、そんな時、思いもよらぬ事件がチエに降りかかるのです。



Partners3_3

最後に素敵な笑顔で本作のアピールをしてくれました。



盲導犬・チエと小山内の成長を通して見えてくるほんとの愛の温かさ、柔らかさを劇場に確かめにきてください。『パートナーズ』は名演小劇場にて、11月26日まで上映中です。

関連リンク:『パートナーズ』公式サイト



文責:ホームページチーム・レイチェル

« 『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』(442) | トップページ | 映画「パートナーズ」寄付金のご報告とお礼 »

パートナーズ」カテゴリの記事