« 『人生、ここにあり!』来場者アンケートのお知らせ | トップページ | 東日本大震災への義援金~最終ご報告~ »

『一枚のハガキ』が米国アカデミー賞の日本代表に決定しました!

第84回米国アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門への出品作品として、新藤兼人監督の『一枚のハガキ』が日本代表に決定しました!



詳細につきましては、こちら(一般社団法人日本映画製作者連盟のサイト)をご覧ください。


本作品がノミネートされるかどうかはまだ先の話ですが、新藤監督の『一枚のハガキ』は引き続き多くの方から注目されています。



名演小劇場へも、いまだ多数のお問い合わせをいただき、まことにありがとうございます。現在、当劇場の1階にて上映を行っております。上映時間は、ホームページやお電話でご確認いただき、どうぞご来場ください。


スタッフ一同心よりお待ちしております。



『一枚のハガキ』


Ichimaiomote



戦争末期。

中年兵として徴収された男は、仲間の兵士から「今日はお祭りですが あなたがいらっしゃらないので 何の風情もありません 友子」と記された一枚のハガキを託される。終戦後、そのハガキの送り主である兵士の妻を訪ねると、そこは夫の亡き後、たて続けに家族を失い、古家屋とともに朽ち果てようとしていた女の姿があった――。

終戦末期に徴収された兵士100人のうち、94人が戦死し6人が生きて帰ってきた。
その生死を分けたのは、上官が彼らの任務先を決める為に引いた“クジ”だった――。

モスクワ、ベルリン、モントリオールなど海外の映画祭をはじめ、国内でも日本アカデミー賞、東京国際映画祭など国内外で数々の栄誉に輝く日本最高齢(99歳)の巨匠・新藤兼人。彼が自ら「映画人生最後の作品」と語る本作は、自身が生き残った兵士6人のうちの1人である新藤監督の実体験を元に作られた。

人の命が“クジ”に左右され、兵士の死は残された家族のその後の人生をも破滅に導く。そんな戦争の愚かしさを、新藤兼人は体験者ならではの目線で時に厳しく、時に笑い飛ばすように描いてみせた。



監督・脚本・原作:新藤兼人
出演:豊川悦司 大竹しのぶ 六平直政 柄本明 倍賞美津子 大杉漣 津川雅彦



『一枚のハガキ』公式サイト




文責:レイチェル

« 『人生、ここにあり!』来場者アンケートのお知らせ | トップページ | 東日本大震災への義援金~最終ご報告~ »

一枚のはがき」カテゴリの記事