« 映画『恋谷橋』のキャンペーンで後藤幸一監督 来名! | トップページ | 2011年名演小劇場「興行ランキングベスト10」の発表! »

『カリーナの林檎~チェルノブイリの森~』 今関あきよし監督の舞台挨拶報告

今関あきよし監督『カリーナの林檎~チェルノブイリの森~』の公開を記念しまして、舞台挨拶を開催しました。



Imazekikantoku1_3



当日は監督からのメッセージの後に、Q&Aセッションももうけました。会場からは原発事故に対しての熱い質問もあり、多くの方の関心が原発にむいていることもスタッフ一同実感しました。


また、パンフレットをご購入いただいたお客様へのサイン会も急遽開催。一対一でお話をする機会では、お客様と監督とが大変熱心に話しこんでいらっしゃる姿も見受けられました。



監督からの本作にまつわる撮影秘話として、多くのエピソードが語られました。今回はその一部をご紹介します。


撮影した当時でも原発の影響を心配する人も多く、担当してくれた通訳の方がチェルノブイリの近くまで取材にいくとなると途中で逃げ出してしまったエピソードは中でも印象に残りました。また、お子さんが入院中の親御さん達から、取材中にできるだけ多くの存命中の写真を遺したいとお子さん達との撮影を望まれたこともあったそうです。


Imazekikantoku2_3


そして、本作はあくまで劇映画であり、ドキュメンタリーではありませんが、カリーナの隣に寝ている子どもさんと親御さんや病院内で登場してくるカリーナくらいの子どもの患者さんは、本当に入院している人たちであったなど、舞台挨拶を聞いたからこそ、より一層理解できるお話も披露してくださいました。



「チェルノブイリという街には悪魔のお城があって悪魔が毒を撒き散らしているのよ」
みんなを助けるため、カリーナは悪魔のお城に行く決意をする---

Karina1



監督/脚本】今関あきよし 
【脚本】いしかわ彰 
【撮影/編集】三本木久城 
【音楽】遠藤浩二 
【録音】浜口文幸 
【助監督】瀧野征一郎 
【制作担当】中野亜紀子 
【字幕監修】三ツ井和子 
【字幕翻訳】樟山由美 
【日本語ナレーション】大林宣彦
【出演】 ナスチャ・セリョギナ/タチアナ・マルヘリ/リュディミラ・シドルケヴィッチ 
【製作・配給】カリーナプロジェクト 
【配給協力】パル企画
2011年/日本/109分


リンク: 『カリーナの林檎~チェルノブイリの森』




文責:レイチェル

« 映画『恋谷橋』のキャンペーンで後藤幸一監督 来名! | トップページ | 2011年名演小劇場「興行ランキングベスト10」の発表! »

カリーナの林檎~チェルノブイリの森」カテゴリの記事