« 2012年名演小劇場 シネサロン会員募集について | トップページ | 『オレンジと太陽』&『ルート・アイリッシュ』 鑑賞割引のご案内 »

2012年度 第84回アカデミー賞 外国語映画賞受賞‏作品 『別離』 5月より名演小劇場にて上映します!

『別離』
※第21回アジアフォーカス福岡国際映画祭上映時タイトル
「ナデルとシミン」“A Separation”を改題



Betsuriomote_2




すれ違う思い、絡みあう秘密と嘘―、
愛するものとの絆が、いま試される。



離婚の危機を迎える夫婦、つなぎとめようとする娘。そして、彼らの問題に巻き込まれていくもう一つの家族。すべては愛する人のために、守るべきもののために。



『別離』は、第61回ベルリン国際映画祭で最高賞にあたる金熊賞銀熊賞(男優賞・女優賞)など、主要3部門を独占する史上初の快挙を成し遂げました。また、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞をはじめ、数々の映画賞にも輝いています。そして、イラン映画としては今回初めてアカデミー賞外国語映画賞を受賞し、オスカー獲得の快挙となりました!


話題の本作を、名演小劇場では5月12日(土)より上映予定です。どうぞご期待ください。



Betsuriura_3

<ストーリー>

イランの首都テヘラン。
11歳の娘テルメーの将来を考え、夫ナデルとともにイランを離れる準備をしていた妻シミン。しかし、夫はアルツハイマー病を抱える父を置いてはいけないと反対したため、シミンは家庭裁判所に離婚申請をする。だが、離婚を決意したもののうまくいかず、しばらくの間二人は別居することに。ある日、ナデルは父親の介護のためラジエーという女性を雇うのだが、彼女が家を空けたことである事件が起きる。



Kantoku


監督は、名演小劇場でも2010年に上映した『彼女が消えた浜辺』(ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)受賞)の新鋭アスガー・ファルハディ氏
長編5作目となる『別離』は、前作『彼女が消えた浜辺』を上回る高い評価を受け世界中から注目を集めています。



上映開始までにはまだ時間がございますが、劇場には監督からの直筆サイン入りポスターも掲示してあります。世界各国で相次ぐ上映では、批評家だけでなく一般観客からも絶大な支持を得ている話題作『別離』、是非ご期待ください!



Betsuriposter


製作・監督・脚本:アスガー・ファルハディ
出演:レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ、シャハブ・ホセイニ、
サレー・バヤト、サリナ・ファルハディ、ババク・カリミ
撮影:マームード・カラリ
編集:ハイェデェ・サフィヤリ

原題:Jodaeiye Nader az Simin
英題:Nader and Simin, A Separation
日本語字幕:柴田香代子 /字幕監修:ショーレ・ゴルパリアン
2011年/イラン/123分/カラー/デジタル/1:1.85/ステレオ/ペルシア語
配給:マジックアワー、ドマ



関連リンク: 『別離』




文責:レイチェル

« 2012年名演小劇場 シネサロン会員募集について | トップページ | 『オレンジと太陽』&『ルート・アイリッシュ』 鑑賞割引のご案内 »

別離」カテゴリの記事