« 2012年 名演小劇場「興行ランキングベスト10」の発表! | トップページ | 2013年名演小劇場 シネサロン会員募集について »

『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』舞台挨拶を行いました!

先日、『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』の舞台挨拶を行いました!当日は、プロデューサー・共同監督の武重邦夫氏、そして中村正義さんのひとり娘、倫子さんがお話をしてくださいました。

Butai_2

会場は、ほぼ満員!ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

Butai1


『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』は、3月1日(金)まで当劇場にて上映しております。信念を貫き、真の芸術を求め続けた反骨画家の生涯と自由で革新的な作品群をどうぞご堪能ください!!


また、現在冬季休館中ですが、倫子さんが管理される
「中村正義の美術館」では、3月1日より6月2日まで「中村正義の美術館春の展覧会 ―映画「父をめぐる旅」公開記念―」を開催予定です。是非この機会に映画とともに美術館で実際の絵画に触れてみてください。



父・正義、あまりに過激。
写楽にピカソにゴーギャンにウォーホールさえぶっ飛ばした天才画家!
信念を貫き、苛烈に生きた画家は私たちに何を問いかけるのか

Nakamuraomoe_2

戦後、新しい時代の新しい日本画の創造を目指して活躍した中村正義。

若くして日展の頂点に登り詰めながら、生来の批判精神と日本画壇の因襲への反発心から日展を脱退。それ以降、ポップアートかと見紛う三島由紀夫を描いた肖像画、映画『怪談』(小林正樹監督)の平家物語の壇ノ浦合戦を描いた大作群《源平海戦絵巻》、現代社会に生きる人間の心の闇を描いた《顔》シリーズなど、画題的にも画材的にも、日本画の既成概念を遥かに超越した多様多彩な絵画を描き、「日本画壇の風雲児」と呼ばれるも、1977年、肺癌のために52歳で夭逝。

本作は、父を敬愛し、「中村正義の美術館」を守り続けてきた娘・倫子さんが、自分の未だ知らない本当の父の姿を探して旅をするドキュメンタリー映画です。共同監督を務めるのは、今村昌平とともに今村プロダクションを結成し、『復讐するは我にあり』『楢山節考』など数々の名作のプロデューサーを務めた武重邦夫氏と、テレビ番組やビデオ作品などでドキュメントの演出・プロデュースを手掛ける近藤正典氏。

確固とした信念を持ち、大きな壁に正面から挑んだ中村正義という天才芸術家の姿は、事なかれ主義や出来合いレースの蔓延する今の日本に何を問いかけるのでしょうか。



Nakamuraura

【プロデューサー・共同監督】武重邦夫、近藤正典
【出演】中村倫子、田島征三、朝倉摂、高畑郁子
【撮影監督】松根広隆 【編集】金子数夫 【照明】谷本幸治
【録音】若林大介 【音楽】丸山朋文 【ナレーター】岩崎聡子
【協力美術館】愛知県美術館/岡崎市美術館/神奈川県立近代美術館/東京国立近代美術館/徳島県立近代美術館/豊橋市美術博物館/名古屋市美術館/練馬区立美術館/山種美術館ほか
【製作】「父をめぐる旅」製作委員会/シネマネストJAPAN   
【配給】太秦   
2012年/日本/カラー/HD/102分/ドキュメンタリー 



関連リンク:
『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』
「中村正義の美術館」


文責:レイチェル

« 2012年 名演小劇場「興行ランキングベスト10」の発表! | トップページ | 2013年名演小劇場 シネサロン会員募集について »

『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』」カテゴリの記事