« 『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』上映延長のお知らせ | トップページ | 『李藝 最初の朝鮮通信使』舞台挨拶を行いました! »

『チャイルドコール 呼声』&『隣人 ネクストドア』 相互割引サービスのご案内

5月25日(土)より上映予定のポール・シュレットアウネ監督の2作品、『チャイルドコール 呼声』『隣人 ネクストドア』の公開を記念しまして、相互割引サービスを実施いたします。

有料入場者に限らせていただきますが、『チャイルドコール 呼声』もしくは『隣人 ネクストドア』をご鑑賞いただいた方は、もう1作品を500円で鑑賞できます。ご入場の際に「相互割引券(500円)」を発行いたします。

※同作品リピーター鑑賞でも可能です。

是非この機会に劇場にてノルウェーの奇才、ポール・シュレットアウネ監督の世界をご堪能ください!

●2作品のご紹介

■『チャイルドコール 呼声』

深層心理をリアルに描く北欧サイコスリラーの新たな傑作誕生。
母と息子、二人きりの再出発。
今度こそ幸せな暮らしが始まるはずだった・・・。



Childomote
ローマ映画祭2011最優秀女優賞
ノルウェーアマンダ賞2012最優秀女優賞 ・最優秀美術賞 ・最優秀脚本賞 ・最優秀音響賞受賞
ジェラルメ国際ファンタスティカ映画祭2012最優秀作品賞・国際批評家賞




ノルウェー、オスロ。夫の暴力から逃れるため、アンナと8歳の息子アンデッシュは保護監視プログラムにしたがって郊外のアパートに引っ越してきた。それでもなお不安なアンナは、寝ている間も安全が確認できるようにと、<チャイルドコール>と呼ばれる監視用音声モニターを息子の寝室に据え置く。ある晩、突然の子供の悲鳴に起こされ寝室に行ってみると、息子は何事もなく眠っていた。混線により他の部屋の音が聴こえることがあるのを知った彼女は、他の部屋で子供が虐待の末殺されたのではないかと疑う。一方、ある日アンデッシュは、学校に父親がやってきたとアンナに告白する。元夫の子供虐待の記憶と、隣人の子供殺人のイメージが重なり、頭が混乱しはじめた彼女は、親切にしてくれた電気屋の店員を頼るのだったが…


【監督・脚本】ポール・シュレットアウネ 
【製作】カール・バウムガルトナー /アンナ・クローネマン /チューリッド・ウーヴェシュヴェーン 
【出演】ノオミ・ラパス /クリストファー・ヨーネル /ヴェトレ・オーヴェンニル・ヴァリング/スティーグ・R・アンダム /マリア・ボック 
【音楽】フェルナンド・ヴェラスケス 
【撮影】ジョン・アンドレアス・アンダーソン
【美術】ロジャー・ローゼンバーグ 2011年 /ノルウェー・ドイツ・スウェーデン/ノルウェー語・スウェーデン語・英語 /96分
【提供】キングレコード 
【配給】ミモザフィルムズ/スティクティングタマゴトーキョー

■『隣人 ネクストドア』

【R-18】
※劇場規定による

Nextomote

新感覚エロティックサイコスリラーの登場 !!
これは夢か現実か?
謎の美人姉妹に翻弄される男の衝撃の結末とは?



恋人と別れ、未だ傷の癒えぬ男ヨーンは、ある日、隣室の魅惑的な姉妹から荷物を動かすのを手伝ってほしいと部屋へ案内される。彼にとっては、初めて見る隣人だというのに、姉アンネは、「私はあなたのことをよく知っている」と言い、彼の心の傷を広げるかのように謎めいた質問を繰り返す。また、妹キムにはレイプされた過去があり、一人に出来ないと、姉の留守中のボディ・ガードを頼まれるヨーンだったが、姉が出ていくと、小悪魔のような妹キムは、それは彼女の嘘と、あられもない姿で戸惑う彼を誘い挑発する。二人に翻弄された彼の日常は壊れ、彼は己の心の闇を知っていく。彼女たちの真の目的とは・・・それが明らかになるとき、 驚愕の真実が目の当たりになる。2005年に海外で公開された時は、デイヴィッド・リンチ監督やロマン・ポランスキー監督を思わせる迷宮感覚の展開と映像がマスコミに絶賛されている。



製作・監督・脚本】ポール・シュレットアウネ
【出演】クリストファー・ヨーネル /セシリエ・モスリ /ユリア・シャクト /アンナ・バッハ=ウィーグ /ミカエル・ニクヴィスト
【音楽】サイモン・ボスウェル2005年 /ノルウェー・デンマーク・スウェーデン /ノルウェー語 /75分 
【提供】キングレコード 
【配給】ミモザフィルムズ/スティクティングタマゴトーキョー



北欧の奇才、ポール・シュレットアウネ監督が魅せる奇想に満ちた2つのサイコスリラー。心の闇が引き起こすそれぞれの不思議な結末に魅了されること間違いなし!

是非、相互割引を利用して劇場でお楽しみください!!

関連リンク:

『チャイルドコール 呼声』

『隣人 ネクストドア』



文責:レイチェル




« 『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』上映延長のお知らせ | トップページ | 『李藝 最初の朝鮮通信使』舞台挨拶を行いました! »

名演キャンペーン」カテゴリの記事