« 7月11日(金)より公開『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』宗次ホール×名演小劇場提携企画のご案内 | トップページ | 『太秦ライムライト』アンコール上映決定!!のご案内 »

8月9日(土)より公開『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』初日来場者プレゼントのご案内

8月9日(土)より公開『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』にて初日来場者プレゼント&試飲会を行います。

静けさのなかに 聴こえてくる
ふりそそぐ光の音 ふりしきる雪の音───

Main

グランド・シャルトルーズはフランスアルプス山脈に建つ伝統的な修道院。
これまで内部が明かされたことはなかった。
1984年に撮影を申請、16年後に扉が開かれる。
差し出された条件は音楽なし、ナレーションなし、照明なし
中に入れるのは監督のみ。
そして5年後、完成した映画は大きな反響を巻きおこす。


Sub2


8月9日(土)初日
『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』
初回上映後、グランド・シャルトルーズ修道院の秘蔵酒「シャルトリューズ・ジョーヌ」を抽選で3名様にプレゼント致します!
惜しくも抽選にもれた方(当選された方ももちろん)、上映終了後に試飲会を行いますので、ぜひお試し下さい。
尚、お車でお越しの方には提供できませんので、試飲をご希望の方は公共交通機関でお越し下さい。

2



~シャルトリューズ・リキュール~

グランド・シャルトルーズ修道院の修道士たちは、1605年に“長生きの万能薬”の製造方法を教えられた。だが、醸造方法が極めて複雑だったことと、130種類以上の材料を必要としたため、薬剤師が醸造法を正しく理解し、最初のリキュールを作り上げるまでに100年以上を要した。
以来、今日でも、香草、薬草、花、根などから抽出された成分をワインと合わせて作られている。
やがて、アルコール度数55%の緑色の万能薬は薬用としてよりも、人々が楽しむお酒シャルトルーズ・ヴェールとして飲まれるようになった。そして1832年、コレラがフランスで流行した時、シャルトルーズは再び薬用として使われた。数年後、修道士たちは、アルコール度数が40%という、より飲みやすいハーブ・リキュールを開発した。これは、その色からシャルトリューズ・ジョーヌと呼ばれている。この酒は瓶詰めされる前にオーク村の樽の中で5年間熟成される。
1970年以降は民間企業で製造されるようになったが、その詳細な製造法(ハーブを混ぜる秘密の配合)は、現在でもシャルトルーズ修道院の修道士3人のみが知る秘伝となっている。





お得な特別鑑賞券(1,500円)
劇場窓口にて明日(8月8日)まで発売中です!

茹だる様な暑さ、喧騒からかけ離れた静寂の世界をお楽しみ下さい。





関連リンク:『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』
       




文責:エヴァラーユ

« 7月11日(金)より公開『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』宗次ホール×名演小劇場提携企画のご案内 | トップページ | 『太秦ライムライト』アンコール上映決定!!のご案内 »

名演小劇場 

フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ