« 3月21日(土)より公開『陽だまりハウスでマラソンを』初日入場者プレゼントのご案内 | トップページ | 4月18日(土)より公開、第87回アカデミー賞外国語映画賞受賞を記念『イーダ』特別上映のご案内 »

『パリよ、永遠に』関連企画≪もし、「パリ」が消えていたら──?≫のご紹介

『パリよ、永遠に』関連企画として行っている≪もし、「パリ」が消えていたら──?××××だったかもしれない。をご紹介します。


Photo                         © 2014 Film Oblige – Gaumont – Blueprint Film – Arte France Cinema

 

現在『マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ』『パリ・オペラ座へようこそ 「椿姫」』『陽だまりハウスでマラソンを』(こちらはドイツ)、『パリよ、永遠に』(フランス・ドイツ) 上映中と、フランスとドイツづくしの名演小劇場です。
上映延長中の『パリよ、永遠に』は83分と短めながらも渋い名優二人が魅せる重厚な会話劇。元々は舞台の作品を、昨年好評を博した『シャトーブリアンからの手紙』のフォルカー・シュレンドルフ監督が同主演キャストで映画化。『シャトーブリアンからの手紙』同様、「仏独の和解」が隠されたテーマになっています。


この映画にちなんで≪もし、「パリ」が消えていたら──?××××だったかもしれない。≫エピソード募集を行っています。
あなたにとって、『パリよ、永遠に』が描く「パリ壊滅作戦」がもし、実施され、パリが消えていたらどうなっていましたか?そんな“あなたの「if」”をカードに書いてボードに貼っていただいております。
日に日にパリへの想いで埋まってきました。お書き下さった皆様、ありがとうございます。まだまだ募集中です~。

Photo


一部ご紹介します。
◎「モナ・リザ」は全世界で微笑まなかったかも。 支配人A
◎“芸術の都”の代名詞はローマだったかもしれない。 H

 

公式HPでも様々な方の“もしも、「パリ」が消えていたら───?”の紹介を行っております♪


Photo_2


上映は4月17日(金)まで!間もなく終了です。まだ間に合います、ぜひ足をお運びください。




関連リンク:『パリよ、永遠に』

 

文責:エヴァラーユ

 

« 3月21日(土)より公開『陽だまりハウスでマラソンを』初日入場者プレゼントのご案内 | トップページ | 4月18日(土)より公開、第87回アカデミー賞外国語映画賞受賞を記念『イーダ』特別上映のご案内 »

パリよ、永遠に」カテゴリの記事