Beauty

『Beauty うつくしいもの』片岡孝太郎さん来名キャンペーンレポート【後編】

Beautytirashi2 前編に引き続き、片岡孝太郎さんが来名された際のインタビュー内容・後編をお届します。



10代から70代までの小椋半次役を演じた片岡さんですが、その役作りで苦労した点をいくつか教えてもらいました。「一週間位の間に幅広い年代層を演じましたが、例えば皺を一つとってもその皺ができた理由があるように、その人が歩んできた人生を想像しないといけない。特に晩年の半次についてはいろいろ考えさせられました。」と、年老いてからの半次についてはひときわ思い入れのあるご様子。

Ka3 さらに、「老いてからの特殊メイクは、映画界初の白塗りのメイクをしたんです。皺をかいたあとに白塗りをして、メイクするのに1時間もかかりました。そして、それを落とすのも大変でした。」と、晩年を演じた際の秘話も教えてくれました。なんでもメイクさんがアメリカのメイクさんにまで連絡を取り、白塗りの特殊メイクを造りだしたのだとか。メイクさんに「どんな調合をしてつくるんですか?」と尋ねたところ、「企業秘密と言われまして」と笑いを誘っていました。この映画界初!の白塗り特殊メイクにもぜひご注目ください。



役作では、「役になりきっていたら間違いではない、と祖父にたたきこまれましたから役作りをしていく上で、それが映画であろうと、舞台であろうと、歌舞伎であろうと僕にとってはそれほど差がありません。」とはっきりと答えてくれました。また、半次が村歌舞伎を引退する場面ありますが、「僕たち本歌舞伎の世界では、引退というのをやる方がいらっしゃらないんです。途中で廃業という形でお辞めになった方はいらっしゃいますが、体が動くまで生涯現役です。だから、半次が引退するシーンは自分がこれで舞えなくなる、芝居ができなくなる、ということを想像し、すごく複雑な気持になりました。」と、大切なシーンを振り返りました。「若いころは芸がなくても若さというパワーでやりきれますが、年をとってくると芸でみせれるようになります。そのバランスを考えつつ晩年の半次はパワーよりも、芸でみせる、味でみせる、ということをどこまでさせるか考えました。」片岡さんの半次役にこめる想いの強さが伝わってきます。



Ka2 一番印象に残っているシーンをお聞きした際には、シベリアの抑留シーンの撮影をあげ「霧ヶ峰で撮影しましたが、とても風景が綺麗でした。持参したデジカメでたくさん写真を撮りましたが、マイナス10度以下の世界は突き刺さる痛さでした。」とその時の様子を語ってくれました。「収容所のシーンだけは農協の冷凍庫を使ったんですが、冷凍庫の中にセットを作ったんです。ただ、冷凍庫のスイッチをいれると音がして録音ができない。結局冷凍庫を切らないといけないんです。そうすると冷凍庫の中はライトとかでだんだん温まってきて、逆に外の方が寒いんです。冷凍庫の中が暖かいので吐く息が白くならなくて、セリフを言う直前にお湯を飲んで喋っていました。」と、撮影時のエピソードも明かしてくれました。



さらに、相手役の桂木雪夫を演じた片岡愛之助さんとの面白いエピソードも。「愛之助君と二人で目をつけていた食堂に日本兵の格好をしたまま脱走しました。あまりにも寒いので暖かいものが食べたくて仕方がないんです。食堂に行って温かいいカレーを食べ、おばちゃんに勧められた牛乳も飲みました。それは、表現できないほどおいしかったですよ。」と、楽しいエピソードを聞かせてくれました。片岡愛之助さんについては、「普段から組むことが多いので、お互いあうんの呼吸で仕事ができます。また、知らない映画の世界で言えば分ってもらえ、相談できる相手がいたのは心強かったです。」と語っています。



Ka1 映画の中では、主人公の半次、相手役の雪夫、そして、麻生久美子さん演じる歌子の3人が中心となりストーリーがすすんでいきます。「3人は微妙な関係で…映画を観たお客様に判断はゆだねたいと思います。」と、最後に彼らの関係についてしめくくってくれました。



是非、村歌舞伎だけではなく、大鹿村の自然、そして彼ら3人の人間模様もご堪能ください。名演小劇場では、3月13日(金)まで『Beautyうつくしいもの』を上映しております。



関連リンク: 
『Beauty うつくしいもの』 公式サイト




文責:ホームページチーム・レイチェル



『Beauty うつくしいもの』片岡孝太郎さん来名キャンペーンレポート【前編】

Beautytirashi_3 2月14日(土)より公開予定の『Beauty うつくしいもの』-名演小劇場開館6周年記念作品の1本です。この作品の主役・半次役で出演されている片岡孝太郎さんが本作のキャンペーンで名古屋へいらっしゃいました。今回はその時にお聞きしたインタビュー内容を前編・後編にわけ紹介します。



舞台となったのは長野県の伊那谷。豊かな自然の残るこの地でのべ3ヶ月に及ぶロケを行った本作は、伊那谷に伝わる村歌舞伎を題材に製作されました。2世紀以上も受け継がれている村歌舞伎の主体になったのは、大鹿歌舞伎(大鹿村)、下條歌舞伎(下條村)、そして中尾歌舞伎(伊那市)の3つです。



ストーリーは…

昭和10年。伊那路村で、初めて村歌舞伎をみた半次は『天竜恋飛沫(てんりゅうこいしぶき)』を踊る雪夫の舞に心を奪われます。雪夫にさそわれ歌舞伎を始めた半次は、ふたりで『新口村(にのくちむら)』を演じ、初舞台で大成功をおさめ、いつしか二人は村の看板役者となっていくのですが…。


歌舞伎を愛した男たちの魂の美しさを壮大なスケールで描いた作品。



『Beauty うつくしいもの』で半次役を演じているのが、S・スピルバーグ監督の『太陽の帝国』で映画デビューした上方歌舞伎の名門、松嶋屋の片岡孝太郎さん。相手役の雪夫役には、同じく松嶋屋の片岡愛之助さん。そして、二人を見守る幼なじみ、歌子役には『夕凪の街 桜の国』などに出演されている麻生久美子さん。なお、二代目片岡秀太郎、十五代目片岡仁左衛門さんも特別出演、なおかつ仁左衛門さんは『Beauty』の題字も手がけられています。



監督は、『イタズ』『オーロラの下で』など人間と自然を描きつづけてきた、信州・伊那谷出身の後藤俊夫さん。音楽は大河ドラマ『巧名が辻』をはじめ数々の映画やドラマ等を手がけてきた作曲家、小六禮次郎さん。さらには、物語のクライマックスで半次が舞う『天竜恋飛沫』は、2003年に芸術選奨文部科学省大臣新人賞を受賞した宗家藤間流の藤間勘十郎さんが監修、振付を担当しました。



Beauty4_2 「映画というものは自分の中で20年前に出演した『太陽の帝国』が最初で最後だと思っていました。」と、まず片岡さんの口から飛び出した言葉は少し意外な内容でした。しかし、「私の祖父である十三代目片岡仁左衛門が大鹿村に何度か足を運んでいるということもあり、彼に由縁のある人に出てほしいということで声をかけてもらいました。正直、同じ歌舞伎でも演じ方の違いなどもあるので不安もあり、どこまでだせるのかという想いもありましたが、脚本を読んでとても素敵な話で涙ぐんでしまったり、祖父との縁で『頑張れよ』と、声をかけられている感じもしたので、お引き受けしました。」と、本作に出演されることになった経緯を教えていただきました。



Beauty11 「撮影の始まる前に、地元を見たい、空気を感じたいとお願いして訪問する機会を設けてもらいました。村長さんや村民の方々が暖かく出迎えてくれ、みなさん歌舞伎が大好きということが伝わってきました。また、祖父が大鹿村にいった際のことも教えてもらい、すごくあついものを感じました。」と撮影前のエピソードもあかしてくれました。



片岡孝太郎さんからお聞きした話の続きは、後編へと続きます。



『Beauty うつくしいもの』は、2月14日(土)より上映予定です。Jyuusandai2 また、同じく名演小劇場開館6周年記念作品として、十三代目片岡仁左衛門さんの84歳から90歳までの舞台や生活などを記録した『歌舞伎役者 十三代目片岡仁左衛門』も上映されます。「とても面白い」のに、長さの理由で上映される機会が少ない作品として知られている『歌舞伎役者 十三代目片岡仁左衛門』も、是非この機会に全編ご覧ください。なお、こちらの作品は2月21日(土)から3月13日(金)までの上映予定となっております。




関連リンク: 
『Beauty うつくしいもの』 公式サイト



文責:ホームページチーム・レイチェル

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥