ぼくの大切なともだち

『ぼくの大切なともだち』初日ミニライブレポート

Bokuomote現在公開中のパトリス・ルコント監督の『ぼくの大切なともだち』。この作品の公開初日、劇場ではアコーディオン奏者、Tito Monte(ティト・モンテ)さんをお迎えしてミニライブを開催しました。




Titosan3 Tito Monteさんが演奏してくれた楽曲は全部で4曲。フランス映画『ぼくの大切なともだち』にちなんで、当日演奏してくれた音楽はフランスの香り漂う楽曲ばかり。キラキラと輝く鍵盤からは軽快な音楽が溢れだし、会場のお客様もしばしの間Titoさんの音楽に聞き入っていました。


Titosan8 普段なかなか聞くことの出来ないアコーディオンの音色。この日もボタンと空気弁との絶妙の操作で、軽やかなメロディが会場に流れていました。そして、何よりTitoさん自身も演奏を楽しんでる様子!一度は耳にしたこともある曲も演奏してくれ、上映前の素敵な一時を過ごすことができました♪



Titosan1_5 ちなみに、Titoさんは岐阜県に本社のあるスーパー、Valor(バロー)のCM音楽も手がけられたそうで、この日は特別にそのメロディも少しだけ奏でてくれました。


Tito Monteさんどうもありがとうございました!




France 映画『ぼくの大切な友だち』は、現在開催中のFrance Cinema Festival in NAGOYA(フランスシネマフェスティバル イン ナゴヤ)』の第四弾目の作品です。名演小劇場では、8月1日(金)まで上映予定です。パトリス・ルコント監督の描くふたりの中年男のストーリーは、もしかしたら恋愛よりも成立が難しい?!友情をテーマにした作品。

『愛はお金で買える。けれど、友情は決して買えない。』グサリと心に突き刺さるこの一言も、映画を観てこそ納得できるもの!


『君にとって 僕は 沢山いるキツネの一匹
でも 互いになじめば 大事な存在となる
君は僕の たった一人の人
僕は君の たった一匹のキツネ』


(サン=テグジュペリ『星の王子さま』より)



ルコント監督のリアリティ豊かな演出についつい引きずり込まれてしまう感動作。
是非、当劇場にてご覧ください!




関連リンク:
『エールフランス航空』 公式サイト
『日仏交流150周年』 公式サイト
『ぼくの大切なともだち』 公式サイト




文責:ホームページチーム・レイチェル

『ぼくの大切なともだち』初日ミニライブ開催!

France 劇場では、開館5周年企画・日仏交流150周年企画として、France Cinema Festival in NAGOYA(フランスシネマフェスティバル イン ナゴヤ)』を開催中です。このフェスティバルのラインナップの一つ『ぼくの大切なともだち』が、いよいよ7月12日(土)より公開されます。そして、この公開を記念して、フランスの香り漂うアコーディオン奏者、Tito Monte(ティト・モンテ)さんを劇場にお招きしてミニライブを開催することが決まりました!




Boku 『ぼくの大切なともだち』初日イベントミニライブ
日時:7月12日(土) 19:00ライブ開始 21:00上映終了予定
定員:100名様(当日AM10:00より整理券配布予定)
料金:当日 一般1,800円 学生1,500円 (前売券1,500円も現在販売中です!)
主催:㈱名演会館/名演小劇場
問合せ先:名演小劇場 052-931-1701



Montesan Tito Monte(ティト・モンテ)さんプロフィール
東京生まれ
国立音楽大学声楽科卒

アコーディオン、ピアノ、シンセサイザー奏者として各地のコンサートやミュージカルで活躍中。西城秀樹、市村正親、鳳蘭 主演ミュージカル、沢田研二、山瀬まみ 主演ミュージカルまたバローなどのCM音楽なども手掛けるなど幅広い分野での活躍が注目されている。



Bokusantora また、7月12日(土)より14日(月)パリ祭(※下記参照)までの3日間は、ぼくの大切な友だち』サントラCD、パトリス・ルコント監督の直筆サイン入りプレスシート、『赤い風船』『白い馬』の劇場招待券、さらに、エールフランス協賛によるプレゼントグッズ等が当たる抽選会も行う予定です。どうぞお楽しみに!



7月14日(『パリ祭』)は、フランスの革命記念日、国民の休日です。1789年7月14日にパリ市民がバスチーユ牢獄を襲撃し、これがきっかけとなりフランス革命が起こったことに由来しているそうで、この事件の一周年を記念して翌年1790年に行われた建国記念日が起源となった、と言われています。そして、日本ではこの日を『パリ祭』と呼んでいます。

『シャンソンの祭典「パリ祭」』公式ホームページによると、『1933年、ルネ・クレール監督の映画「ル・カトルズ・ジュイエ/7月14日」が日本で封切られることになった時、「7月14日」という邦題ではわかりにくい、と輸入元の東宝東和映画が「巴里祭」と名づけた…』と紹介されていました。




パトリス・ルコント監督の最新作『ぼくの大切なともだち』は友情と、友情の不在を描いた“ラブストーリー”です。

Bokuushiro 『友だちがいないと言われ、激しく抗議し、間違いだと証明するために、存在しない友だちを紹介するという、不条理で抽象的な賭けをする男の物語!成立しないような賭けに挑むのは独創的だと思いました。そして友情と、友情の不在を語ることができます。これはラブストーリーなのです。ただ名前を変えただけの!そして、この物語が私を魅了したのは、テーマに私的な共鳴を感じたからです。これは自伝的な作品ではありませんが、もし私の親友は誰かと単刀直入に聞かれたら、私は答えるのに戸惑うでしょう。。。』
(パトリス・ルコント監督 『ぼくの大切なともだち』プレスより)



Bokuno_3 『ぼくの大切なともだち』
監督:パトリス・ルコント
脚本:ジェローム・トネール、パトリス・ルコント
出演:ダニエル・オートゥイユ、ダニー・ブーン
フランス/2006年/96分/カラー
配給:ワイズポリシー



あなたには大切な友達がいますか?そして、その友だちもあなたのことを親友だと思っていますか?―。
人生も半ばを過ぎて、ある日、ふと自分が孤独であることに気づいたふたりの男。彼らは偶然の出逢いから、不器用な友情を育んでゆく。果たして、ふたりは本物の“親友”になれるのか…。フランス映画界の“愛の巨匠”パトリス・ルコント監督の本作は、もうひとつのルコントの“顔”というべき、『タンデム』『列車に乗った男』の系譜に連なるふたりの中年男の友情を、心に染み入るタッチで丹念に綴った胸打つ感動作。




関連リンク:
『エールフランス航空』 公式サイト
『日仏交流150周年』 公式サイト
『ぼくの大切なともだち』 公式サイト




文責:ホームページチーム・レイチェル

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥