パッテンライ

長編アニメーション映画 『パッテンライ!!~南の島の水ものがたり~』業務試写会レポート

Shisya 名演小劇場初となる、長編アニメーション映画『パッテンライ!!~南の島の水ものがたり~』が7月4日(土)より公開されます。




Ishigurokantoku Tominagasan 先日、『パッテンライ!!~南の島の水ものがたり~』の完成披露業務試写会が名演小劇場で開催されました。当日は2009年度の墓前祭の様子が上映され、更に本作の製作にあたった虫プロダクションの伊藤叡さん、ご遺族の八田謙一さん、監督である石黒昇さん、土木学会幹事長の富永晃宏さん(名古屋工業大学Itousan Hattasan 大学院教授)らが次々と壇上に立ち、『パッテンライ!!~南の島の水ものがたり~』にこめる熱い想いを語ってくれました。



本作は、日本統治時代の台湾で烏山頭(うざんとう)ダムを建設し、用水網の整備に尽くした金沢出身の土木技師八田與一(はった よいち)さんの業績と台湾地元民との交流を描いた実話をベースにしたストーリーです。台湾では、八田さんのことを「台湾農業の恩人」として称え、ダムの脇には銅像が建てられています。また、命日の5月8日には毎年墓前祭が行われ、今なお多くの人に慕われ続けている八田さん。


ぜひ、劇場にて心あたたまる作品をご覧ください!


タイトルの「パッテンライ!!」とは、日本語に直訳すると「八田がやってきた!!」という意味になり、夢のような導水計画に何度も悩まされた農民たちが、八田さんの車を見かけると「パッテンライ!!」叫び、戸を閉ざしたエピソードからきています。この「パッテンライ!!」も徐々に意味合いが変わっていきます。どうぞここにも注目してご覧ください。


Ura八田さんを演じるのは『サイボーグ009』『美味しんぼ』他で主人公を演じた井上和彦さん。八田さんの妻・外代樹役には声優初挑戦の女優、一青妙さん。そして、スタッフには『鉄腕アトム』の虫プロダクション、「銀河英雄伝説」シリーズなど数多くのアニメーション作品に生命を吹き込んだ石黒昇監督。脚本は『半落ち』の田部俊行さん、音楽に『オーロラの下で』の小六禮次郎さんが担当しています。そして、エンディングには一青窈さんのヒット曲『受け入れて』が新たな感慨をさそいます。



Hatta_2 八田與一さん(はった よいち)さんプロフィール

1886-1942年 金沢出身
東京帝大工科大学卒業。台湾総督府に勤務。1920年から10年間をかけ、台湾南部の嘉南平原に烏山頭(うざんとう)ダムと給排水路を建設しました。嘉南平原は台湾随一の穀倉地帯となり、八田さんは「台湾農業の恩人」としてダムの脇に銅像が建てられ、命日の5月8日には毎年墓前祭が行われています。
八田さんは太平洋戦争中の1942年、陸軍に徴用されてフィリピンに向かう途中、乗っていた船がアメリカの潜水艦に撃沈され、この世を去りました。



Omote 『パッテンライ!!~南の島の水ものがたり~』 

監督:石黒昇
製作:飛田秀一
脚本:田部俊行
出演者:井上和彦、皆川純子、瀧本富士子、儀武ゆう子、後藤敦、一青妙
音楽:小六禮次郎
配給:北國新聞社、虫プロダクション
上映時間 90分/日本



<ストーリー>
台湾の南西部に位置する嘉南平原は広大な不毛の大地でした。そこに住む農民の子、英哲の家に訪れた八田與一は灌漑用水路を作るために土地の一部を提供してほしいと告げます。日本人に対して口答えも出来ないことに苛立った英哲は、日本から派遣された土木技師の八田にて敵意をもちます。しかし、八田の土木にかける情熱に次第に用水路の必要性を理解し、自らも土木技師になるという夢を抱くようになります。
工事には日本人労働者、台湾人労働者ともに集められました。八田の計画に感銘を受けた辻は営林署を辞めて、八田のもとで働くための勉強を始めていました。辻にはススムという息子がいました。そのススムと英哲は意気投合し、お互いの夢を語り合うようになります。そんな中おこった突然の爆発事故。大勢の作業員が犠牲となり、その中に辻もいました。誰もが意気消沈する中で、八田は犠牲者の命を無駄にしてはいけないと工事続行へ向けて立ち上がります。そして、少しずつ「パッテンライ!!」の言葉の響きは変わっていきました。10年後の鳥山頭(うさんとう)ダムは完成し、ついに、渇ききった嘉南平原に水が来る日がやってくるのです!




関連リンク:
『パッテンライ!!~南の島の水ものがたり~』  公式サイト
土木学会中部支部 公式サイト

社団法人日本土木工業協会 公式サイト




文責:ホームページチーム・レイチェル



その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥