春との旅

『春との旅』舞台挨拶に小林政広監督が登場!

Haruomote1_3『春との旅』は、世界が注目する映画監督である小林政広氏が原作・脚本、そして監督をつとめた“生”の確かさを丹念に綴った作品。生きることは厳しい。生きることは何なのか?そんな永遠のテーマを真正面にとらえた日本映画の傑作です。



北海道から東北・宮城へ―。


北海道、4月。まだ風が土を愛でることのない厳しい寒さの中、忠男は孫の春と共に気の乗らない旅にでることになる。足を痛め、春の面倒なくしては生きられない元猟師の忠男。小さな町で仕事を失ってしまった18歳の春。ささやかな祖父と孫の二人暮らしを社会のシステムが呑み込んでいき、無念のなか、忠男の終の棲家を求めて、疎遠となった親類縁者を尋ね歩く東北への旅に出る。それは、行き先はあっても、戻る場所はないかのように思われた旅の始まりであった。。。


Haruura_2 主演は、脚本に惚れ込み、9年ぶりの渾身の演技をみせた仲代達矢さん、そしてその孫娘・春役で徳永えりさん。その他、脇を固める豪華キャストに日本映画界を代表する名優たちが出演しています。大滝秀治さん、菅井きんさん、田中裕子さん、小林薫さん、淡島千景さん、柄本明さん、美保純さん、香川照之さん、戸田菜穂さん。とにかくこの豪華な顔ぶれにも驚かされますが、主役の二人の演技も圧倒されます。十年越しの企画が、日本映画を代表する名優たちを迎えついに実現しました。


『愛の予感』で2007年の第60回ロカルノ国際映画祭金豹賞(グランプリ)を含む4賞を受賞し、2005年カンヌ国際映画祭へも『バッシング』(コンペティション部門)をはじめ4度の出品実績があり、最新作『ワカラナイ』も2009年ロカルノ国際映画祭で3度目のコンペ出品を果たすなど世界で衆目を浴びている小林政広監督


Futari8


その小林監督が、名演小劇場へ舞台挨拶にいらっしゃいました。当日の司会進行は、名演会館の社長である島津秀雄氏


Futari2_2


二人の飾らないトークに会場からは笑い声も聞こえましたが、本作についての想いを丁寧に語る監督のその真摯な姿勢に、お客様も一言も聞き漏らさないかのような真剣な表情。撮影秘話から、杖の話題、そして、蕎麦にいたるまで本作にまつわるエピソードを大切に語ってくださいました。


Kantoku7


「本日はご覧いただきありがとうございました。名古屋とはいろんな縁があり、またこの場所に来ることができ非常に嬉しく思います。」



最後には、プロデューサーの紀伊さんからも挨拶がありました。

Prod_3   



人は人に寄り添って生きていく。
良いときも、
悪い時も―。


Harubon

劇場では、本作の原作本も販売中です。映画にはないもうひとつの『春との旅』。
よろしければどうぞ。




Kantokupro_3 ■ 小林政広監督プロフィール


1954年、東京本郷生まれ。フォーク歌手、シナリオライターとして活動後、1996年、初監督作『CLOSINGTIME』を製作。1997年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で日本人監督初のグランプリを受賞。映画製作会社モンキータウンプロダクション設立。1999年『海賊版=BOOTLEG FILM』、2000年『殺し』、2001年『歩く、人』と、3年連続カンヌ国際映画祭出品の快挙を果たす。2003年『女理髪師の恋』ではロカルノ国際映画祭で特別大賞受賞。監督第7作『バッシング』は2005年カンヌ国際映画祭コンペティション部門において日本人監督として唯一出品を果たし、東京フィルメックスでは最優秀作品賞(グランプリ)、テヘランファジル映画祭では審査員特別賞(準グランプリ)を獲得。主演も務めた『愛の予感』は2007年の第60回ロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)を受賞し、ほか3賞も同時受賞。現在も世界各国の映画祭で作品が上映されつづけているほか、これまでの監督作品の特集上映が行われるなど、今、世界で注目されている監督のひとりである。

(『春との旅』プレスシートより)

『春との旅』は名演小劇場で公開中です。


大切な人へ『春との旅』の感想を届けるグリーティングカードキャンペーンも実施中です。詳しくはこちらか劇場で配布中のチラシをご覧ください。

Greecam_2




関連リンク:
 『春との旅』公式サイト

ロカルノ国際映画祭について(Wikipedia)



文責:ホームページチーム・レイチェル

映画『春との旅』 小林政広監督 舞台挨拶決定!!

Haruomote1_2 5/22(土)より大ヒットで上映開始しました映画『春との旅』、
この映画の小林政広監督がさらなるエールを贈るため、
急遽名古屋へお越しいただく事となり、舞台挨拶が決定しました。

映画『春との旅』は小林監督八年越しの企画、
監督オリジナルのシナリオに惚れ込んみ、
渾身の演技で元漁師の忠雄を演じる仲代達矢さんをはじめ、
脇を固めるのはいづれも日本映画界を代表する名優ばかり。
生きるとは何なのかという永遠不滅のテーマを孕んだ、
骨太かつ繊細な日本映画が誕生しました。

映画『春との旅』 小林政広監督舞台挨拶(予定)

日 時:5月28日(金) 15:50の回上映終了後

ゲスト:小林政広監督

場 所:名演小劇場

※登壇者は予告なく変更する場合がございます。
※また何らかの事情により舞台挨拶を中止する場合がございます。ご了承下さい。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音は固くお断り致します。

関連リンク:
『春との旅』  公式サイト

文責:劇場支配人・abe

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥