恋谷橋

映画『恋谷橋』のキャンペーンで後藤幸一監督 来名!

現在上映中の映画、『恋谷橋』のキャンペーンで後藤幸一監督が名古屋にいらっしゃいました。今回はその時にうかがった撮影エピソードや本作にこめた想いなどについてご紹介します。



Kantoku1
作品をにこやかに見つめる後藤監督!



『恋谷橋』はSPEEDの上原多香子さんの映画初主演作。鳥取県の温泉宿を舞台に、故郷への想い、そしてそこで見つけたほんとうに大切なこと、をテーマに人生の岐路に悩む女性の姿を丁寧に描いています。原作は、第1回スーパーシナリオグランプリで応募総数777点の中から大賞を受賞した宮尾卓志氏の「雨の中の初恋」。



本作の中心となるのは、鳥取県の名湯・三朝(みささ)温泉街。そこに流れる三徳川には三つのロマン溢れる橋があります。これらの橋は、三朝橋(中の橋)、かじか橋(下の橋)、恋谷橋(上の橋)といい、映画の中にも象徴的に何度も登場します。


『恋谷橋』には、「La Vallée de l'Amour(ヴァレ・ドゥ・ラムール)」というサブタイトルもついていますが、「La Vallée de l'Amour(ヴァレ・ドゥ・ラムール)」とは直訳すると「恋の谷」、フランス大使によって命名された日仏の恋の架け橋(『恋谷橋』)は、映画とも繋がっていたのです。



主人公・朋子を演じた上原多香子さんとは「あざとい芝居、説明っぽい芝居はやめよう、と話をしました。三朝(みささ)という温泉街で自分が生まれ育ったことを素敵なことだ、という風に思って、そこで一人の女性として呼吸をして、ここで生きていこう、という気持ちをもって演じて欲しいとも伝えました。」と、演じる上での話し合いを重ねたそうです。



撮影初日、上原さんからもあるシーンで朋子の心情について提案があったとか。「彼女は今、朋子がどういう気持ちか?ということを理解したうえで、こうしたい、と提案してきたことなので、ある意味自然体になっていると思いますね。見方によっては感情移入がどうかとも取れるかもしれないけれど、それは監督してそういう狙いでもあったし、自分の気持ちを伝えていく、ということでやってもらえばこの先もうまくいくなと思いましたね。」と、揺れ動く女性の気持ちを繊細に演じた上原さんについて語ってくれました。



「三角関係という恋愛をテコにしながら、朋子が自分を見つけていくストーリーにしたかった。だから、中途半端にしないほうがいいなと考えました、(『恋谷橋』は)彼女がどうやってこれからの人生を見つけていくか、その再発見までの話ですから。だからエンディングは次の人生のプロローグになればいいと思ってます。まさしくエンディングで流れる小椋佳さんの唄そのものなんですけどね。『忘れないで欲しい  今日という日は いつだって 残る人生の 初日だ ということを』(主題歌「君、しなやかであれ」)」



Kantoku2_2



最後に紹介したいのは監督からのメッセージです。「最初の想いは夢をもって生きてきた人が、なんらかの拍子に道に迷ってしまった時に暗闇の中で映画とお話してみてください、という事でした。映画というのはそういうものだと思ってます。DVDとかではなく、暗闇の中で自分と対話するもの。もちろんいろんな人に観てもらいたいですが、(本作が)自分をみつめなおし、明日への一歩を踏み出すきっかけ、希望を見いだす助けになればいいと思います。ささやかですが、そういう風に役立てばいいかな、と。」


チャーミングな笑顔で『恋谷橋』へこめた想いを最後にお話してくださいました。後藤監督、ありがとうございました!!



■ストーリー

Koiomote



島田朋子は東京のデザイン事務所で働いていたが、不景気の波によってリストラされてしまい、次の職が見つかるまで田舎に戻ることにした。朋子の実家は、かつて温泉街として栄えた鳥取県の三朝町で、老舗の旅館・大橋を経営している。

朋子は5年ぶりに三朝へ帰ったが、朋子に想いを寄せる幼馴染みで大橋の板前・圭太が話すように、街に以前のような活気は無く廃れ、大橋も例外ではなかった。そんな折、大阪で結婚生活を送っていた朋子の姉・美穂子が、夫と離婚するといって突然戻ってきたが、その矢先に父・和夫が病で倒れてしまう。

 

朋子の母・祥子は、自分が旦那として和夫の役目を果たし、美穂子に若女将としてやってほしいと考えるが、美穂子はそんな親の想いもあっさり断ち、夫のもとへ帰ってしまう。

 

なかなか復興が上手くいかない中、朋子は圭太や友人たちと町興しのイベントを計画する。デザイナーの夢が諦めきれない朋子、三朝温泉の復興に奮起する友人たち、そして大橋旅館の行く末はいかに…。

Koiura



監督:後藤幸一
原作:宮尾卓志(「雨の中の初恋」)
出演:上原多香子 水上剣星 松田美由紀 小倉一郎 中澤裕子 高野八誠



是非、名演小劇場にて『恋谷橋』の灯す希望の光をご覧ください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。



リンク:恋谷橋




文責:レイチェル

その他のカテゴリー

0.5ミリ Beauty MY HOUSE NO ノー Viva! イタリア vol.2 Viva!イタリア 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 『密約 外務省機密漏洩事件』 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 あたらしい野生の地 リワイルディング あのひと あの頃、君を追いかけた いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ おみおくりの作法 かもめ食堂 さよなら、アドルフ だんらんにっぽん つむぐもの のんちゃんのり弁 はじまりは5つ星ホテルから ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル ぼくの大切なともだち みえない雲 めぐり逢わせのお弁当 もったいない! ゆずり葉の頃 アルゼンチンタンゴ アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 アンナプルナ南壁 7,400mの男たち イエロー・ハンカチーフ イベリア 魂のフラメンコ イーダ エクレール お菓子放浪記 エゴン・シーレ 死と乙女 エレファント・ソング オレンジと太陽 オーケストラ オーバー・ザ・ブルースカイ カミーユ、恋はふたたび カラアゲ☆USA カリーナの林檎~チェルノブイリの森 カーテンコール ガラスの使徒 クララ・シューマン 愛の協奏曲 クロワッサンで朝食を グザヴィエ・ドラン特集 グレート・ビューティー/追憶のローマ グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 サイの季節 サンマとカタール~女川つながる人々~ シネサロンセミナー シネマの天使 シネマ・トラベラーズ シャトーブリアンからの手紙 シャネル&ストラヴィンスキー シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ ショート・ターム ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) ジプシー・フラメンコ スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! セラフィーヌの庭 ダーク・ブラッド トゥ・ザ・ワンダー トマトのしずく ナンネル・モーツァルト ニキフォル ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち ハーブ&ドロシー パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト パッテンライ パパ、遺伝子組み換えってなぁに? パリよ、永遠に パリ・オペラ座へようこそ パートナーズ ヒナゴン ファブリックの女王 フォンターナ広場―イタリアの陰謀 フランス・フィルム・フェスティバル 2010 ブルージャスミン プリンセス・カイウラニ ベニシアさんの四季の庭 ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン ホテル・ルワンダ ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 マザーテレサ マダム・イン・ニューヨーク マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ マルガリータで乾杯を! マルタのことづけ マルタのやさしい刺繍 ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 ヤコブへの手紙 ラスト・タンゴ ロッテ・ライニガー ロバと王女 ワレサ 連帯の男 ヴィクトリア女王 ヴィスコンティ映画祭 ヴィニシウス 一分間だけ 一枚のはがき 世界でいちばん美しい村 二人日和 人生、ここにあり! 八重子のハミング 別離 加藤周一 厨房男子 名演キャンペーン 名演小劇場 天心 太秦ライムライト 少女は自転車にのって 幸せなひとりぼっち 幸せのありか 恋しくて 恋谷橋 愛してよ 放浪の画家 ピロスマニ 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 星の旅人たち 映画・テレビ 映画祭関連 春との旅 最後の晩餐 木靴の樹 李藝 最初の朝鮮通信使 栄光のランナー/1936ベルリン 歩いても 歩いても 沖縄 うりずんの雨 津軽百年食堂 火の山のマリア 燦燦-さんさん- 物置のピアノ 理想の出産 百年の時計 百日紅~Miss HOKUSAI~ 眠れる美女 神さまがくれた娘 神は死んだのか 私の、息子 空気人形 米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー 紙屋悦子の青春 緑はよみがえる 群青色の、とおり道 能登の花ヨメ 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ 英国王のスピーチ 草原の実験 葦牙 蠢動-しゅんどう- 見逃した映画特集2014 誰がために 赤と黒 路上のソリスト 陽だまりハウスでマラソンを 青いうた 黄金花 黒木和雄監督 Maiko ふたたびの白鳥