プリンセス・カイウラニ

『プリンセス・カイウラニ』 パンフレット購入者へ抽選で豪華ハワイアングッズを プレゼント!

7月14日(土)より上映予定の『プリンセス・カイウラニ』 。わずか23歳で亡くなった悲劇の王女カイウラニは、ハワイ王朝最後の王位継承者でした。

この『プリンセス・カイウラニ』のパンフレットをご購入のお客様に抽選で豪華ハワイアングッズをプレゼント致します。パンフレットをご購入時に、応募はがきをお渡しいたしますので、どうぞご応募ください!!

グッズは、A賞、B賞、C賞の中よりお好きな内容をお選びください!

■A賞 オリジナルデザインのハワイアンベアー(体長約50cm)

Present_a
第1回:2名様 第2回:2名様 第3回:1名様 合計:5名様にプレゼント
※ピンク・ブルーの色の選択はできません
ご提供:Laule’a

■B賞 ハワイアンジュエリー ペアペンダント(シルバーとピンクゴールド)

Present_b

第1回:2組 第2回:2組 第3回1組 合計5組10名様にプレゼント
ご提供:ISLANDS

■C賞 AKLラベンダー・ボディスプレーとソウル・オブ・ザ・シーハワイアンソルトセット

Present_c

第1回:2名様 第2回:2名様 第3回:1名様 合計5名様にプレゼント
※ソルトの種類は選べません
ご提供:Winds from Hawaii

【ご応募方法】
◆映画『プリンセス・カイウラニ』パンフレットをご購入いただいた方に、1冊につき1枚ずつ応募用ハガキをお配りします。
◆応募ハガキ1枚につき、1口のご応募とさせていただきます。
◆応募ハガキに必要事項をご記入の上、
 ご希望の賞品(A賞、B賞、C賞のいずれか*1つ*)を丸で囲んでいただき、ご投函ください。
※選択がない場合、複数の賞品を選択された場合は無効となります

【ご応募期間】
第1回締切:2012年 9月30日(日)
第2回締切:2012年12月31日(月)
第3回締切:2013年 3月30日(土)
※各回当日消印有効

【ご当選者発表】
厳正な抽選の上、当選者を決定いたします。当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
(発送は、第1回は10月、第2回は1月、第3回は4月を予定しています)
なお、当選に関する弊社・各上映館へのお問い合わせには応じられませんのでご了承ください。
プレゼント賞品の返品・交換はご容赦ください。

ここでしか手に入らない賞品もございますので、どうぞ奮ってご応募ください!

詳しくは、公式サイト『プリンセス・カイウラニ』 もご覧ください。

『プリンセス・カイウラニ』 (原題:PRINCESS KA’IURANI )

Omote_2

わずか23歳で亡くなった悲劇の王女カイウラニ。今も名を冠したホテルや銅像がハワイ人の郷愁を誘います。マーク・フォービー監督は夫人がハワイ出身で王女への思い入れが深いとのこと。主役のクオリアンカ・キルヒャーは2歳からハワイで育ちました。ハワイの美しい自然と、王女の儚い人生が女性の涙を誘うロマンチックな歴史ドラマです。

母国への想いと命を懸けた恋―

今明かされる真実の物語。

ハワイ王朝最後の王位継承者となったのは、ヴィクトリア・カイウラニでした。"天国の頂"を意味するカイウラニは、1875年カラカウア王の妹とスコットランド人との間に生まれました。国民に慕われる美しい王女として育ちますが、反体制派が王制を脅かすなか、身の安全を図るために13歳でイギリスに渡ります。

まったく違う環境で、偏見と戦うカイウラニは、イングランド人の青年と熱愛に落ちますが、幸せは続きませんでした。カラカウア国王が亡くなり、クーデターが起きて祖国は混乱を極めたのです。カイウラニは、アメリカ大統領にハワイ王朝の存続を認めさせるためアメリカへ向かうのでした。

【監督・脚本】マーク・フォービー 

【出演】クオリアンカ・キルヒャー『ニュー・ワールド』(テレンス・マリック監督)/バリー・ペッパー/ウィル・パットン/ショーン・エヴァンス/ジミー・ユィール

2010年/アメリカ/98分/スコープサイズ/ドルビーSRD 

【後援】ハワイ州観光局

【配給】アニープラネット   

公開初日、そして海の日には『プリンセス・カイウラニ』の公開を記念いたしまして、素敵なプレゼントもご用意しております。(→お知らせ

どうぞ当劇場にて、ハワイの美しい自然と、王女の儚い人生が女性の涙を誘うロマンチックな歴史ドラマをご堪能ください!

関連リンク: 『プリンセス・カイウラニ』

文責:レイチェル

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥