百年の時計

『百年の時計』初日舞台挨拶を行いました!

先週6月22日(土)『百年の時計』初回上映後と2回目上映前に金子修介監督、最終回上映後に金丸雄一プロデューサーが舞台挨拶に来て下さいました。
金子監督は[全国行脚]として各地の劇場へ赴かれております。
当館へは、休館明け・デジタル導入後第一弾!の作品としての華々しい舞台にお越し下さいました。

初回上映終了後の金子監督と最終回上映後の金丸プロデューサーの舞台挨拶の様子をお伝えします。
 

◎香川県について

この映画は高松で、昨年の6月の今頃の時分に21日間で撮影しました。
地元の小さな企業である“ことでん”の100年を盛り上げるということでスタートしました。
お金はなかったんですが、“自由な環境で何を撮ってもいい”みたいな感じでつくらせてもらいました。

臨時電車を出してもらったんですけれども、それが大変で。
電車は、風景が右から左に流れていくんですけど、駅と駅の間隔が狭いものですから、すぐに終わってしまう。慌ててカットを撮ったら、「あ~もう次の駅だ。」みたいになって、慌てて撮影してました。
それで、終点まで行ったら違う方向に走るので設定を変えなくてはいけない。そういう風に撮影していきました。

小さな香川というところから、日本全体にメッセージが送られて、もしかしたら世界に。
そういう映画としては面白いテーマなんじゃないかという事もありつつ、けれど内実は家内制手工業というか、劇中の先輩学芸員はうちの奥さんで、更に劇中で使われている切り絵は
亡くなった母の作品※でありまして。
そういうちょっとした家内制手工業的な形でやっております。

 ※お母様の作品集きり絵・スケッチ 西から東へ 金子静枝作品集」を1階受付窓口で、上映期間中販売しております。


Dsc_1384_2◎撮影のエピソード

泣き言を言ってるわけではないんですが、現場はとても楽しかったです。
観ていただければわかると思いますが、俳優さんも逆にそういう現場だと集中力が出るみたいな感じもありまして。中村ゆりさんなんか、現場に行った瞬間にもう「今撮らなきゃ。」みたいな感じになりましたし。


ミッキーさんの若い頃をやっている近江陽一郎くんなんか、ミッキーさんの若い時こんな顔だったのか?と思われるかもしれませんけど、写真を見ると、似てなくなくはないんですよ。ミッキーさん、昔から格好良かったですから。
近江陽一郎くんは僕の作品では「ポールダンシングボーイ☆ず」から始まって「青いソラ白い雲」と3本目なんですけど。更に成長してですね、「弁当を食べるところが萌える。」とかファンの方からは言われておりますし。

木南晴夏ちゃんも、「20世紀少年」シリーズで僕は初めて注目して、朗読劇なんかを観ていいなと思って、是非この役をやってもらいたいなと思いまして。
なんというか、そのブス顔を厭わない、全部自分に投げ出してくるっていうところが可愛いなというか。ブス顔から美人顔になってくるところが…。

また、ネタをばらすようですが、一瞬、最後のインスターレーションの中で万博で「世界の国からこんにちは」というのがあるんですけど、私が歌っているんですね。「こんにちは♪」と。三波春夫さんのオリジナルにお金をかけずにしたというのもあるんですが。意外と自分で歌うと調整が利くというか、編集した最後のところに合わせてやれるんです。合いの手は女性プロデューサーが「こんにちは♪」と言ってくれているんですけれども。
ただ、自分でこの映画を観ていてこの場面が出てくると「わぁーもうダメだ!」となってしまう。それ以前はいい気持ちで観ていても、それ以降はハラハラしながら観る、という風になります。

◎最後に

撮影もデジタルでということで、フィルムとはちょっと感触が違うかなぁということがあるかなぁと思って。そこがちょっと不安ではありますが、やっとできたところに中村由利子さんの素敵な音楽をつけてもらいまして完成しました。
東京での封切では、ぴあの観客満足度第一位をとりまして。
そういったことで劇場も少しずつ増えております。今ほぼ40館になっておりまして。プロデューサーは100館を目指すと豪語しております。


そういったことで、つくって参りましたが、宣伝が足りないかもしれないので、
もしお気に召しましたら、皆さんに広めて頂けたらと思います。
いろんな作品をやっていただける、楽しい劇場で皆さんとお会いできてよかったです。
今日は本当にありがとうございました。

 

…舞台挨拶後のロビーで、熱心に映画の感想をお伝えする方やサインを求められている方などに金子監督は、丁寧に対応されていらっしゃいました。

名古屋の次は小倉へと、監督の全国行脚の旅は、まだまだ進み続けていらっしゃいます。


またこの後、最終回上映後に
金丸プロデューサーが駆けつけ舞台挨拶をして下さいました。Dsc_1407_2
この映画が、ヒットメーカーの金子監督をはじめ、香川県の方やボランティアの方々の力を得てつくられたこと。
そして今、着々と全国での公開館が増え広まっていっている状況について、情熱的に話して下さいました。

そしてなんと金丸プロデューサーは、本日も舞台挨拶にお越し下さいました!

今日は清須市立図書館では、ことでん写真展・ギャラリートークが行われ、金丸プロデューサーはそちらに赴かれた後、最終回上映前の舞台挨拶に駈けつけて下さいました。

今日当館で映画をご覧になられた後に、ギャラリートークへ参加された方もいらっしゃったとか。
ご興味をもたれた方、
ぜひことでん写真展へ足をお運び下さい。

こちらのことでん写真展「RAILROADS―せんろはつづくよ どこまでも―」は、6月29日(土)~7月28日(日)まで清須市立図書館で行っております。

『百年の時計』は絶賛上映中です。上映は7月12日(金)まです。


鉄道の歴史遺産“ことでん”で育まれた切ない初恋の記憶をあたたかく描きだした本作。ぜひご覧下さい。


ご来場下さいました皆様ありがとうございました。






関連リンク:
『百年の時計』
清須市立図書館

文責:エヴァラーユ

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥