蠢動-しゅんどう-

『蠢動-しゅんどう-』の三上康雄監督の舞台挨拶を行いました!

10月26日(土)『蠢動-しゅんどう-』初回上映後に三上康雄監督が舞台挨拶にお越し下さいました。
台風の影響が危ぶまれましたが、当日は清々しい晴れ間の中、お客様と上監督をお迎えすることが出来ました。
上映後の興奮も冷めやらぬままの場内に三上監督の登場!この作品に懸ける想いを語って下さいました。
舞台挨拶の様子をなるべく話された言葉のままお伝えします。
※以下、作品の内容に触れている部分が多数あります。

****************************************

◎主役は誰だったのか?

皆さん方にとって主役は誰やったのでしょうというのが、僕、いっつも観るたんびに思っていて。 はたして、(それは)剣術師範の原田が主役なのか、城代家老の荒木が主役なのか、若き藩士の香川が主役なのか、それとも城代家老付きの用人の船瀬が主役なのか。

20131026_9観られた方に聞きますと、人それぞれですんで、それは本当にその方におまかせするしかないなぁと思ってるんです。
僕の中では、主役はいてるんですけど、それは今、この場で言うべきか、言うべきじゃないのか、どうかなと思ったりしているんですけれども。

◎本当に武士道を貫いたのは誰か

それぞれの人物が、それぞれの自分の立場の中での正義を通して、それで行動していくわけなんですけれども。
武士道というのをテーマにやっているんですが、この人物の中で誰が本当に武士道を貫いたのか?

これは僕、答えを言ってもいいと思うんです。それぞれやっぱり、自分の立場で、自分の“将来”とか“欲”とか“我”とか“利”があったので、本当の武士道を貫いた人は一人しかいないと思っているんです。

「それは誰やねん?」と言いますと、香川廣樹のお父さんだけが実は武士道を貫いた人なんじゃないかと僕は思っております。
彼だけが藩の為に腹を切って、奉公したわけですから。彼だけが本当に武士道の鑑やったんですけど。
その人以外の人たちはそれぞれに“利”があったので、僕は武士道を貫けなかった。
もしくは原田のように武士道人間道の中でいったりきたりした人たちじゃないかなって。

香川廣樹のお父さんというのは、あえて僕は回想シーンで出さないようにして、それぞれの人物に語らせるようにして、それぞれ皆様方の中で想像して頂ければいいかなと思い、回想シーンをなくしました。


『蠢動-しゅんどう-』のその後



観られた後、これから彼らはどうなんねん?というのは皆様方ものすごく思われるとかと思いますが、これはお約束ごとですけれども、『続 蠢動-しゅんどう-』はありません。『蠢動-しゅんどう-』は皆様方の中で、頭の中で考えて頂いたら良いのではないかなと思っています。

この映画は終わっておりますけれど、皆様方の頭の中で『続 蠢動-しゅんどう-』をつくって頂ければ。

20131026_10非常にオーソドックスな映画の撮り方をしましたので、ものたりなかった方もいらっしゃるかもしれませんし、満足して下さった方もいらっしゃるかもしれませんけれども、僕にとっては自分の観たい映画をつくるという事でつくった映画で、もう本当に毎日でも観たい映画になったなぁと思って(います)。

もしよかったとしたら口コミで、またインターネット等で「この映画よかったよ。」と言って頂ければ良いかと思います。
もし「面白なかったわ、最悪やったわ」と思われる方は、どうかこの映画の原田のセリフじゃありませんですけれども、「今は我慢だ。」
我慢して頂くのもどうかと思いますので、もし面白くなかった方は我慢せずに出て頂く(劇場から)くらいの事をお話しておきます。

◎エンドロールにあった、原案:1982年
『蠢動』を観られる機会はあるのでしょうか?

ブルーレイなり、DVDを出す時の特典映像で、僕、出しますんで。多分セルだけの特典映像になるかもしれないんですけれども。
ハイヴィジョンで、HD化してありますんで。どっちでもできるようにしてるんで。
これ(今回の『蠢動-しゅんどう-』)は、1時間42分ありますけど、原案の方は40分ですんで、16mmですけども見比べてもらったら違いがわかるかなと。

僕が30年前に撮った作品なんで、その1時間の違いが、30年間分が1時間になった、プラス1時間になったと思って頂けたら。
何よりも82年版の方の『蠢動』は、この人が(ご自分を指さして)が主役ですんで。それを観て頂ければと思います。

ひとつお願いですけれども、できましたらパンフレットを買って頂ければ、またいろいろごちゃごちゃと書いてありますんで。いろんな批評家さんの話も書いてありますので楽しんで頂けるかと思います。

◎上映館について

愛知県が5館と、一番多いんです。中には全然できていない県もあって。熊本とか広島とかはまだなんで。「どないなってんねん。」と僕、怒られているんですけど。

…質問されたお客様の「週刊誌とか中日新聞では絶賛してましたんで、もっとたくさんのところで上映されたら良いなと思っています。」というような激励の言葉に対し「ありがとうございます。僕もたくさんのところで多くの人に観て頂きたいと思っています。」と答えられていました。


◎真っ白な場所で最後の打ち合いが行われるのですが、血の量をバンバンと出さずにしたのはあえてだったのでしょうか?


血が飛ぶっていうのは基本的に、頸動脈を切った時しか血は飛ばないんですね。
切った時点では、着物が切れて後、何秒後かに血が滲んでくるっていうのが一番のリアルなんですよ。皆さんも一緒やと思いますけど、手をカッターで切った時でもぱぁーと血が飛び散らなくて滲んでくるみたいな感じなんで。手を切った時と同じなんですね。
20131026_11…で、それをしようと思ったら、ひとつはカットを割らないといけない。カットを割って、わざわざ着物を切って、血が滲むようにするか。
もしくは、後でCGで入れるかなんですね。
僕は長回しをしたかったんでCGで入れようかなと思ったんですよ。CGで入れようと思ったら、全部ここ(体)にポインターを付けておかないといけないんですね。後でどこの部分を切ったかを、CGで足すかを(わかるように)。

あのような殺陣してるんで、どこで切れているのかもうわからないんですよ、正直言うと。ポインターも入れられないんで。
これはもう血のことよりも何よりも、長回しをやることを優先させてもらおうと思って。あのように撮って。できるだけリアル感だけは音で表現しようと思って、ああいう風にさせてもろたんです
本当は、血が飛ぶんでなしに滲むのがやりたかったんですけども、現状できなかったというのと、もうひとつはやっぱり新雪の中でやってますんで、一発勝負なんで。
そこらへんと、そこまでやるような時間と、それから失敗は許されないというのがあるんで、長回しをとりあえず優先させました。

僕はまだ表のところ(外のテラス)で座ってますんで、もしご質問あれば何ぼでも聞いて頂ければお話しますんで。何ぼでも声かけて下さい。
よろしくお願い致します。ありがとうございました。

*******************************************

三上監督は挨拶された後も、お話されていた通り、テラスにて質問に来られたお客様に対し熱心に対応されていらっしゃいました。


ご来場下さいました皆様、ありがとうございました。



『蠢動-しゅんどう-』
上映は11月8日(金)までです。
正統派本格時代劇!ぜひご覧下さい。





関連リンク:『蠢動-しゅんどう-』

文責:エヴァラーユ

急遽決定!明日10月26日(土)『蠢動-しゅんどう-』の三上康雄監督の舞台挨拶を行います!

急遽、明日10月26日(土)に上映中の『蠢動-しゅんどう-』の三上康雄監督の舞台挨拶が決まりました!!

Shundoumain2                     (C) 2013 株式会社 三上康雄事務所


①14時30分の回上映終了後(16時10分頃~)を予定しております。
※天候等により中止の場合もございますので悪しからずご了承下さい。


作品に懸けた熱い思いを、監督自らの言葉でお聞き頂けるチャンスです!よろしければどうぞ足をお運びください。



関連リンク:『蠢動-しゅんどう-』




文責:エヴァラーユ


10月19日(土)より公開『蠢動-しゅんどう-』三上康雄監督来館&サインポスター・色紙のご紹介

先週、9月30日(月)に『蠢動-しゅんどう-』三上康雄監督がキャンペーンで来館されました。

Dsc_1428
↑こちらがサイン入り色紙とポスターです。一ヵ月前(8月30日)にも来館され、その時はポスターにサインをして下さいました!

三上監督は、関西自主映画界の雄といわれ、1982年に自主映画初の16mm時代劇「蠢動」を監督されました。
それからは映画界と関係が無いお仕事を30数年続け、その後そのお仕事を離れ、「自分の観たい時代劇を創る」為の会社を、たった一人で設立されました。

Shundoumain1_r

映画界とは無縁の状態での出発をされましたが、監督の熱意が通じ、次から次へと豪華なキャスティングが出来、時代劇映画の最高峰と言っても過言ではないスタッフの方々に集まっていただき、作品を創ることができたそうです。


                                                           
                                                  (C) 2013 株式会社 三上康雄事務所


全編オールロケで、三重の伊賀では重要文化財の建物内での撮影、京都の美山、滋賀の朽木、福井の勝山では雪中で撮影されました。

Photo_2


徹底してリアルで、緊迫感と殺陣が連続する本格正統時代劇映画の誕生です!

当館でのインタビューの様子を※C2[シーツー]WEB版でご覧頂けます。

こちらです→ 蠢動-しゅんどう-』三上康雄監督



※C2[シーツー]WEB版について

FREEPAPER C2[シーツー]ダイジェスト版に入りきらない映画情報が満載!なのが、C2[シーツー]WEB版です。
FREEPAPER C2[シーツー]ダイジェスト版とは、リバブックが発行する名古屋発唯一の映画のフリーペーパーです。
毎月1日発行で愛知・岐阜・三重・北陸・浜松の劇場を中心に、DVDショップ・CD・レコード店・書店・美容室・CLUB・CAFE・BARほかで配布しています。(当館でも配架しております。)

東海地区の映画に関する情報がまとめて得られる大変便利なフリーペーパーです。


『蠢動-しゅんどう-』
は10月19日(土)より公開致します。
映画で流れる太鼓の激動なる響きも聴きどころのひとつです。是非、劇場で味わって下さい。
オリジナルサウンドトラック付きの特別鑑賞券1,300円を劇場窓口にて絶賛発売中です!
※10月18日(金)までの販売ですのでお気を付け下さい。

関連リンク:『蠢動―しゅんどう―』
        C2[シーツー]WEB版
       

文責:エヴァラーユ 

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥