オーバー・ザ・ブルースカイ

『オーバー・ザ・ブルースカイ』公開記念イベント ライブ付き上映会を行いました。 

『オーバー・ザ・ブルースカイ』初日最終回の上映前に公開記念イベントとしてライブを行いました。

全編にブルーグラスが流れるこの作品に合わせて、名古屋大学ブルーグラスサークル「りっきー&ふぁにーぼーいず」の皆さんに演奏して頂きました。

若々しい現役の大学生の皆さんが奏でるブルーグラス。
ウッドベースの女性1人、フィドル(ブルーグラスの世界ではヴァイオリンのことをこう呼ぶそうです。)、マンドリンギターバンジョーをそれぞれ男性4人の5人編成。
サークルに入って初めて組んだバンド、しかも先輩方のくじ引き(!)でメンバーが決まったという、なんとも運命的な5人組です。


1 

ブルーグラスに携わったキッカケについて、「ブルーグラスが何なのかすら分からずに、初めてサークルに入って、先輩たちの演奏を聴いて、『この演奏、音楽すごい楽しい。』というところから入ったような気がします。」とウッドベース担当の方が話して下さいました。
…ちなみにバンド名の由来は彼女のお友達のバンジョー弾きの子が好きなマンドリン弾きのリッキー・スキャッグスから、なんとなく、とったそう。
この日、他の部員の方々も来て下さってました。

また、基本的に電気を通した楽器を使用しないブルーグラスは、温かみがあり人間味に溢れている、演奏に人間性も出るのでは?との話題になり、「多分、電気を通っていないので演奏者の性格はすごい全面に出ますね。」とマンドリン担当の方が話して下さいました。

Photo_3
ライブは全5曲。一曲目はバンジョー、マンドリンが大活躍、『俺たちに明日はない』の主題歌「フォギー・マウンテン・ブレイクダウン」
後はボーカル曲、ブルーグラスではおなじみのインストゥルメンタル曲等、そして最後には誰もが聞いたことがある名曲「スタンド・バイ・ミー」をアップテンポに。

普段なかなか聞く機会のないこのジャンルの音楽を、ご来場の皆様に届けて下さいました。

ご来場下さいましたお客様、そして「りっきー&ふぁにーぼーいず」の皆さん、ありがとうございました!


「りっきー&ふぁにーぼーいず」
の皆さんは今度のゴールデン・ウィーク、5月4日(日)に鶴舞公園で行われるミュージックフェスティバルに出演されます。
☆詳しくはこちらをご覧下さい。→鶴舞公園ブルーグラスミュージックフェスティバル2014




『オーバー・ザ・ブルースカイ』
4月18日(金)までの上映予定です。終了間近です!!

生きる上で湧き上がってくる感情のすべてを、ブルーグラスが表現する“本当の音楽映画”をぜひご鑑賞下さい。

※3月18日のブログや告知の「りっきー&ふぁにーぼーいず」さんの表記がカタカナになっておりました。お詫びして訂正致します。




関連リンク:『オーバー・ザ・ブルースカイ』
        鶴舞公園ブルーグラスミュージックフェスティバル2014


文責:エヴァラーユ

3月22日(土)より公開『オーバー・ザ・ブルースカイ』公開記念イベント ライブ付き上映会&初日入場者プレゼントのご案内

3月22日(土)より公開『オーバー・ザ・ブルースカイ』の公開を記念してライブ付き上映会と初日入場者プレゼントを行います!

生きる上で湧き上がってくる感情のすべてを、ブルーグラスが表現する“本当の音楽映画”

カウボーイに憧れるミュージシャンの男とタトゥー・デザイナーの女―趣味も性格も違うオフビートな二人が出会い、愛し合い、そして家族となり人生の喜びを分かち合うが、一つの悲しみによって全てが変わっていく…。
二人の間に横たわる、相反する価値観や考え方、そして変わらぬ絆。彼らの激しい生き様を圧倒的な音楽に乗せてつづる愛の物語。

Photo                      ©2012 Menuet/Topkapi Films


ブルーグラス・ミュージックとは…

アメリカで生まれたアコーステックなアンサンブルを奏でるストリングバンド音楽のこと。
基本的な楽器構成はバンジョー、マンドリン、ギター、ベース、フィドル(バイオリン)、ドブロ(ハワイアン・スティール・ギターが発展した物)である。
また、多くの楽曲にソロの歌とハーモニーが伴い、様式美―スタイルとバンドメンバー各個性のインプロバイズ(アドリブ)と技量を楽しむ音楽でもある。

ライブハウス 銀座 Rocky TopのHPより参照させて頂きました。
詳しくはこちらをご覧ください→http://www.liverocky.com/index2.html



この度、公開初日を記念してブルーグラスのライブ付き上映を行います!
出演は名古屋大学ブルーグラスサークル「りっきー&ふぁにーぼーいず」です。

            
          ≪ 
『オーバー・ザ・ブルースカイ』公開記念イベント ≫
                      =ブルーグラス ライブイベント=

                                日程:3月22日(土) 19:00より

                                会場:名演小劇場 

                                出演:名古屋大学ブルーグラスサークル

                                料金:一般1,800円  シニア1,200円 
                    学生1,000円(アフタースクール割適用の為)
                                        ※前売券・招待券使用可


   
                                                        < 構成 >

                                 第一部 「りっきー&ふぁにーぼーいず」のライブ
                                 第二部 映画『オーバー・ザ・ブルースカイ』上映


2


“ブルーグラス”を聴いて、“ブルーグラス”映画を楽しむ。そんな“ブルーグラス”漬けの夜を過ごしてみませんか?

               


             ≪ 初日入場者プレゼントのご案内 ≫

また、初日の①回目②回目『オーバー・ザ・ブルースカイ』ご鑑賞のお客様へ映画の舞台・ベルギーのお菓子をプレゼント致します!


12:05~の回 「レオニダス」のチョコレート



Chocolate_omote


14:20~の回 「マネケン」のベルギーワッフル(プレーン)



Photo_2

※先着順・数量限定です。
「レオニダス」「マネケン」より提供して頂きました。

チョコレート通の多いことで知られるベルギーで、常に行列のできるチョコレー トショップ「レオニダス」。誰もが足を止めたくなる、その香り、と独特の口どけ感。今年で創業101年目を迎えられるそうです。
◎詳しくはこちらをご覧下さい。→「レオニダス」http://www.leonidas-alex.jp/index.html

Leonidas_logo_fresh_belgian_choc__2

 

ワッフルと言えば、マネケンのベルギーワッフル。今ではすっかり定番スイーツとなったベルギーワッフルを、初めて日本に紹介したのがマネケンです。香り高く、独特の歯ごたえを持つベルギー伝統の「お母さんの味」。
◎詳しくはこちらをご覧下さい。→「マネケン」http://www.manneken.co.jp/

_

 

関連リンク:『オーバー・ザ・ブルースカイ』 
                「Rocky Top」
        「レオニダス」
        「マネケン」

 

文責:エヴァラーユ

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥