物置のピアノ

『物置のピアノ』初日に武重邦夫さん(企画・製作)の舞台挨拶を行いました!

10月18日(土)の『物置のピアノ』初回上映後と2回目上映前に、武重邦夫さん(企画・製作)による舞台挨拶を行いました!
2回目の上映前に行った舞台挨拶の様子を一部お伝えします。

********************************

◎2010年に地域を元気にと町おこし映画として動き出していた本作

武重さん「(この作品は)福島で災害がある前に企画された作品です。…そしたら3.11がおきて設計が全部変わっちゃったんで。それから2年間ぐらい脚本を書き直して。
つくったのは皆若い人ですね。平均32(歳)ぐらいのメンバーでつくりました。
苦労しましたけども、ドラマティックな福島の人っていうよりも、小さな町の日常生活をしている人、例えばそこで、若くして次の時代にいくっていう人に焦点を当てて書いてる映画です。」

                                               
Photo
◎オーストラリア最大の日本映画祭「ジャパニーズ・フィルム・フェスティバル」で上映!

「これは小さなプロポスト映画ですけども、それでもわりと世界で評価されまして。
11月20日より、シドニーから始まってずっとメルボルンまで全部まわってきます。ニュージーランド、それからロンドンとかアメリカとか。ヨーロッパ圏の飛行機の中でも、日本を観てもらいます。」


◎最後に…

「家族でも観られる映画。それから自分をどこか重ねられる映画でありますので、ぜひご覧になって、“いいな”と思ったらいろいろな人に伝えて下さい。たくさんの人に観てもらうのが、一番僕はいいと思うんですね。
何卒よろしくお願いします。どうもありがとうございました。」

********************************


武重さん、ご来場下さいました皆さま、ありがとうございました!

 

☆タイトルにもありますように音楽も題材にされている本作。1階受付でサウンド・トラックCDの販売を行っております。詳しくはこちらをご覧ください。

 

Cd

                   映画「物置のピアノ」サウンド・トラック/丸山朋文 
               1,500円(税込)
全16曲入り ※全曲解説付



関連リンク:『物置のピアノ』



 

文責:エヴァラーユ 

『物置のピアノ』初日舞台挨拶を行います!

10月18日(土)より公開『物置のピアノ』初日に、本作の企画・製作をされた武重邦夫さんにお越しいただきまして舞台挨拶を行います!



福島の小さな桃農家に生まれ、
ピアノの魅せられたひとりの少女の物語。

Photo                                        ©2014「物置のピアノ」製作委員会

2012年7月。あの震災から一年後の夏。
高校3年生の宮本春香(17)が奏でるピアノは薄暗い物置から夏草の薫りの中に溶け込んでゆく───。
ある日、東京の大学に通う姉・秋葉(20)が突然帰ってくる。
優秀で何でも器用にこなす人気者の秋葉といつも比べられてきた、不器用で臆病な春香。
そんな春香にとってピアノを弾いている時が唯一の心安らぐ時間であり、物置は世界の中心だった。宮本家には幼い弟を亡くした悲しい過去の記憶がある。そのことで自分を責め続けてきた春香。物置でピアノを弾く事は、弟への償いでもあった。そんな中、桃の風評被害が更に祖父を苦しめていく。
春香は、いつも優しく自分を見守ってくれている祖父のため、ある決断をする───。

失った命への家族それぞれの思い、福島の桃農家の現状、浪江町から非難して来た少年との出会い。そして、秋葉との衝突……春香の中で何かが変わろうとしていた。

10月18日(土)に企画・製作をされた武重邦夫さんの舞台挨拶を行います。

①10時00分の回上映終了後
②12時15分の回上映前



…以上2回行う予定です。
※諸事情により行わない場合もございますので悪しからずご了承下さい。

お誘い合わせの上、ぜひお出かけくださいませ。お待ちしております♪

Photo_2

お得な特別鑑賞券1,400円を劇場窓口で販売しております!
※10月17日(金)までの販売となりますのでご注意ください。

 

関連リンク:『物置のピアノ』



     

文責:エヴァラーユ 

その他のカテゴリー

0.5ミリ Beauty MY HOUSE NO ノー Viva! イタリア vol.2 Viva!イタリア 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 『密約 外務省機密漏洩事件』 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 あたらしい野生の地 リワイルディング あのひと あの頃、君を追いかけた いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ おみおくりの作法 かもめ食堂 さよなら、アドルフ だんらんにっぽん つむぐもの のんちゃんのり弁 はじまりは5つ星ホテルから ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル ぼくの大切なともだち みえない雲 めぐり逢わせのお弁当 もったいない! ゆずり葉の頃 アルゼンチンタンゴ アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 アンナプルナ南壁 7,400mの男たち イエロー・ハンカチーフ イベリア 魂のフラメンコ イーダ エクレール お菓子放浪記 エゴン・シーレ 死と乙女 エレファント・ソング オレンジと太陽 オーケストラ オーバー・ザ・ブルースカイ カミーユ、恋はふたたび カラアゲ☆USA カリーナの林檎~チェルノブイリの森 カーテンコール ガラスの使徒 クララ・シューマン 愛の協奏曲 クロワッサンで朝食を グザヴィエ・ドラン特集 グレート・ビューティー/追憶のローマ グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 サイの季節 サンマとカタール~女川つながる人々~ シネサロンセミナー シネマの天使 シネマ・トラベラーズ シャトーブリアンからの手紙 シャネル&ストラヴィンスキー シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ ショート・ターム ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) ジプシー・フラメンコ スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! セラフィーヌの庭 ダーク・ブラッド トゥ・ザ・ワンダー トマトのしずく ナンネル・モーツァルト ニキフォル ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち ハーブ&ドロシー パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト パッテンライ パパ、遺伝子組み換えってなぁに? パリよ、永遠に パリ・オペラ座へようこそ パートナーズ ヒナゴン ファブリックの女王 フォンターナ広場―イタリアの陰謀 フランス・フィルム・フェスティバル 2010 ブルージャスミン プリンセス・カイウラニ ベニシアさんの四季の庭 ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン ホテル・ルワンダ ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 マザーテレサ マダム・イン・ニューヨーク マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ マルガリータで乾杯を! マルタのことづけ マルタのやさしい刺繍 ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 ヤコブへの手紙 ラスト・タンゴ ロッテ・ライニガー ロバと王女 ワレサ 連帯の男 ヴィクトリア女王 ヴィスコンティ映画祭 ヴィニシウス 一分間だけ 一枚のはがき 世界でいちばん美しい村 二人日和 人生、ここにあり! 八重子のハミング 別離 加藤周一 厨房男子 名演キャンペーン 名演小劇場 天心 太秦ライムライト 少女は自転車にのって 幸せなひとりぼっち 幸せのありか 恋しくて 恋谷橋 愛してよ 放浪の画家 ピロスマニ 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 星の旅人たち 映画・テレビ 映画祭関連 春との旅 最後の晩餐 木靴の樹 李藝 最初の朝鮮通信使 栄光のランナー/1936ベルリン 歩いても 歩いても 沖縄 うりずんの雨 津軽百年食堂 火の山のマリア 燦燦-さんさん- 物置のピアノ 理想の出産 百年の時計 百日紅~Miss HOKUSAI~ 眠れる美女 神さまがくれた娘 神は死んだのか 私の、息子 空気人形 米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー 紙屋悦子の青春 緑はよみがえる 群青色の、とおり道 能登の花ヨメ 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ 英国王のスピーチ 草原の実験 葦牙 蠢動-しゅんどう- 見逃した映画特集2014 誰がために 赤と黒 路上のソリスト 陽だまりハウスでマラソンを 青いうた 黄金花 黒木和雄監督 Maiko ふたたびの白鳥