パリ・オペラ座へようこそ

≪パリ・オペラ座へようこそ≫『白鳥の湖』『眠れる森の美女』特別上映のご案内

昨年はご愛顧を賜りましてありがとうございました。本年も引き続き、よろしくお願いいたします。


さて、新春1月10日(土)から現在上映中の『至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~』公開を記念して特別上映を行います!

2013~2014年にかけてパリ・オペラ座で上演された演目を映画館で鑑賞するライブビューイング、≪パリ・オペラ座へようこそ≫。当館では、バレエ公演『白鳥の湖』『眠れる森の美女』二作品を特別上映いたします!



『白鳥の湖』 
Le Lac Des Cygnes 

<アニエス・ルテステュ引退記念特別収録上映> 

振付:ルドルフ・ヌレエフ  
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー  
出演:アニエス・ルテステュ、ジョゼ・マルティネズ、カール・パケット 他
現地上演日:2005年12月 
上映時間:2時間27分

◎上映日程
1月10日(土)~1月16日(金)『白鳥の湖』10時~
1月17日(土)~1月23日(金)『白鳥の湖』13時~

Hakutyou_main                                  ©Michel Lidvac

二度と観られないアニエス・ルテステュとジョゼ・マルティネズの『白鳥の湖』。

両親から「早く結婚を」とせかされているジークフリート王子が、湖畔で美しい白鳥の群れを目にする。中でもひときわ輝いている一羽は、人間オデット姫が悪魔ロットバルトによって白鳥に姿を変えられたものだった。
誰もが知っている古典バレエの最高峰を、パリ・オペラ座バレエならではの華麗な舞台で上演。オデットと黒鳥オディールを踊るアニエス・ルテステュは14年の来日公演でオペラ座バレエを引退。王子役のジョゼ・マルティネズも既に故国スペインに活躍の場を移しているので、2人が踊る『白鳥の湖』はまさしくこれがメモリアルな公演。ファン必見!




『眠れる森の美女』  La Belle Au Bois Dormant


振付:ルドルフ・ヌレエフ  
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
出演:マチアス・エイマン、ミリアム・ウルド=ブラーム 他
現地上演日:2013年12月16日 
上映時間:2時間47分

◎上映日程

1月10日(土)~1月16日(金)『眠れる森の美女』13時~

1月17日(土)~1月23日(金)『眠れる森の美女』10時~  

Nemureru_main                                     ©Sébastien Mathé


これぞ古典バレエ。
再構築をM・エイマン、M・ウルド=ブラーム出演で。

オーロラ姫が王子のキスによって長い眠りから目覚めた後の結婚式の大団円のパ・ド・ドゥは、バレエのガラ公演の大輪の花。1890年、サントペテルプルグのマリインスキー劇場で初演された作曲家チャイコフスキーと振付家マリウス・プティパのコラボレーションによる本作。
シャルル・ベローのおとぎ話に発想を得ていることで分かるように、現実と夢が重なり合うファンタジーの極致。これを1989年にルドルフ・ヌレエフがパリ・オペラ座のためにプティパの振付を構築したてて、より華やかな作品に。ローズアダージョなど、個々の踊りも魅力ある、マチアス・エイマンとミリアム・ウルド=ブラーム共演。


◎鑑賞料金

1作品:3,500円均一 
2作品セット券:
6,500円(限定100セット販売中)

※特別興行のため、招待券、各種割引、サービスデーの扱いは致しません。
※1作品のみの前売券はございません。



『至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~』1月9日(金)までです~。なかなか鑑賞することが難しいバレエ公演、しかもパリ・オペラ座!公演をご覧いただけるこの機会をぜひお見逃しなく!







関連リンク:『至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~』
        『「パリ・オペラ座へようこそ」ライブビューイング シーズン2 2013~2014』






文責:エヴァラーユ

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥