マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ

『マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ』公開と記念番組のご案内

3月28日(土)より『マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ』を公開します。




絶頂期のマリア・カラス
伝説となった舞台の貴重なライブ映像

Cina_main                                          ⓒINA

1958年12月19日、オペラ史上最高の歌姫としてその一挙手一投足が世界中の注目を集めていたマリア・カラスは、満を持してパリ・オペラ座にデビューした。客席にはフランス大統領をはじめ、ブリジッド・バルドー、ジュリエット・グレコ、チャールズ・チャップリン、ジャン・コクトーなど、綺羅星のようなセレブリティがずらりと並び、劇場の外にも歌姫を一目見ようと人々が詰めかけました。本作はその記念すべきガラ・コンサートの全てを収録したライブ映像で、現存するマリア・カラスのアーカイヴ映像中、最も完全な形で絶頂期の彼女の姿を伝えるものです。
特にコンサート後半に上演される『トスカ』第二幕は、カラスが残したオペラ上演映像として、ほかには引退状態となる前年の1964年にコヴェントガー
デンで演じた同幕が現存するのみで、1950年代の10年間に凝縮された最盛期のカラスの歌と演技を今に伝える映像として非常に貴重なものです。

【出演】マリア・カラス、ティト・ゴッビ、アルベール・ランスほか
【指揮】ジョルジュ・セバスティアン 
【演奏】パリ・オペラ座国立劇場管弦楽団、同合唱団 
【収録】1958年12月19日 パリ・オペラ座(ガルニエ宮) 
1958/ フランス/イタリア語(歌)/ フランス語( ナレーション)/ モノクロ/ モノラル/ スタンダード/115分/ 日本語字幕付
【配給】T&K テレフィルム/ⓒina 



◎上映日程

3月28日(土)~4月 3日(金)『マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ』
①11時~/②16時45分~/③19時~

4月 4日(土)~4月10日(金)『マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ』
①14時20分/②16時45分~/③19時~

※4月11日(土)以降の時間割は劇場にお問合わせ下さい。



◎鑑賞当日料金:2,800円
※特別興行につき、招待券の使用、サービスデー、各種割引の扱いはございません。
お得な前売特別鑑賞券:2,500円 絶賛発売中!



大変多くの方にお買い求めいただいております。
リマスター音声で、絶世期のカラスの歌と演技をたっぷりとお楽しみいただける貴重な機会です。ぜひ足をお運び下さいませ。





また、こちらの公開を記念して、年明けに行った≪パリ・オペラ座へようこそ≫『白鳥の湖』『眠れる森の美女』(いずれもバレエでした)に引き続き、今回はオペラを上映します!





◇カルメン CARMEN

Carmen_opra_national_de_paris_charl                                     ©Opéra national de Paris/Charles Duprat.

【作曲】ジョルジュ・ビゼー
【指揮】フィリップ・ジョルダン
【演出】イヴ・ボーネン
【出演】ニコライ・シューコフ、リュドヴィック・テジエ、エドウィン・クロスリー=マーサー、フランソワ・ピオリーノ、フランソワ・リス、アンナ・カテリーナ・アントナッチ 他
【パリ・オペラ座での上演日】2012年12月13日(バスティーユ)
【上映時間】3時間22分



◎上映日程

3月14日(土)~3月20日(金)『カルメン』13時30分~
3月21日(土)~3月27日(金)『カルメン』10時~


フランス・オペラの代表の代表というだけでなく、世界中の歌劇場でもっとも人気の高いオペラの傑作のひとつと言えばやはりこの『カルメン』だろう。今シーズンのパリ・オペラ座の期待の新演出には、オペラ座のスター音楽監督フィリップ・ジョルダンが登場する。今回のオペラ・ビューイングの目玉作品のひとつだ。
主演のカルメンには、当代の人気カルメン歌手としてロイヤル・オペラ他あちこちでこの役を歌いこんでいるアンナ・カテリーナ・アントナッチ。ドン・ホセには、ワーグナーからミュージカルまで幅広い役柄を豊かな表現力で力強く歌える話題のテノール、ニコライ・シューコフ。
そしてエスカミーリョには、フランスの人気バリトンと言えばこの人、というダンディなルドヴィック・テジエが登場。パリ・オペラ座において、ジョルダンの指揮のもと、聴きどころが満載の美しいメロディのビゼーの傑作が待望の新演出で登場となる。






◇ アイーダ Aida

Hd_aida_elisa_haberer_opera_nationa                               © elisa_haberer_opera


【作曲】ジュゼッペ・ヴェルディ  
【指揮】フィリップ・ジョルダン  
【演出】オリヴィエ・ピ  *原語(イタリア語)上演
【出演】オクサナ・ディカ、マルセロ・アルバレス、ルチアーナ・ディンティーノ、セルゲイ・ムルザエフ、ロベルト・スカンディウッツィ、カルロ・チーニ 
【現地上演日】2013年11月14日
【上映時間】3時間05分


◎上映日程
3月21日(土)~3月27日(金)『アイーダ』13時40分~


神秘的な古代エジプトの恋物語を演出家ピが近代化
斬新さで客席を圧倒!


将軍ラダメスと女奴隷アイーダの恋に、エジプト王女アムネリスの嫉妬の炎と、敵国の王でアイーダの父アモナズロの計略が絡んで壮大な音絵巻となる《アイーダ》。
これまで「考古学的に正しいステージ」が多かった本作を、冒険的な演出家がひっくり返し、政治と宗教が睨みあう近代のイタリアにドラマを再設定。若き巨匠ジョルダンの棒が音楽を華麗に纏め上げ、美女ソプラノのディカ、人気テノールのアルバレス、メゾの実力派ディンティーノが声を競い、巨大でメタリックな装置と近現代のドレッシーな衣裳も悲劇のオペラを大いに盛り上げる。






◇椿姫
 La traviata

Photo                                                ©Diana damrau


【作曲】ジュゼッペ・ヴェルディ
【指揮】フランチェスコ・イヴァン・チャンバ
【演出】ブノワ・ジャコ *原語(イタリア語)上演
【出演】ディアナ・ダムラウ、フランチェスコ・デムーロ、リュドヴィク・テジエ、ケヴィン・アミエル 他
【現地上演日】2014年6月17日
【上映時間】2時間54分 


◎上映日程

3月28日(土)~4月 3日(金)『椿姫』13時30分~
4月 4日(土)~4月10日(金)『椿姫』11時~


美貌の高級娼婦に挑むダムラウ
白熱した響きで命の燃え尽きるさまを体現!


パリの夜に名高い高級娼婦ヴィオレッタ。肺を病み、残された時間はわずかと知る彼女の前に純情男のアルフレードが現われ、二人は恋に落ちる。しかし、青年の父親が世間体をはばかり仲を引き裂く。女の裏切りと誤解したアルフレードは人々の前でヴィオレッタを罵倒。黙って耐えた彼女は死の床につくが、全てを知った青年が駆けつける・・・実話から生まれた《椿姫》には〈乾杯の唄〉など人気のメロディが目白押し。映画監督ジャコが斬新なアイデアを駆使するこのステージで、大歌手ダムラウがより大きく花咲き、新進デムーロが絶唱する!




鑑賞当日料金:3,500円均一

2作品特別鑑賞券:6,500円(こちらの劇場窓口での販売は本日までです。)

※特別興行につき、招待券の使用、サービスデー、各種割引の扱いはございません。



関連リンク:『マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ』
        『パリ・オペラ座へようこそ』  



 

文責:エヴァラーユ

 

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥