沖縄 うりずんの雨

間もなく終了!『沖縄 うりずんの雨』舞台挨拶レポートのご紹介

少しずつではありますが、涼しさを感じられるようになってまいりました。
長崎への原爆投下から70年の8月9日(日)、戦争を沖縄が問いかけるドキュメンタリー『沖縄 うりずんの雨』公開2日目にジャン・ユンカーマン監督が舞台挨拶に来てくださいました。
司会は直前まで生放送のラジオ番組に出演されていたフリーアナウンサーの小堀勝啓さん!大変な猛暑の中でしたが、多くのお客様にお越しいただきました。
舞台挨拶の様子を抜粋して少しだけ、なるべくお話しいただいた言葉のままお伝えします。




Okinawa_sub4_large                                                                                                               © 2015 SIGLO 






◎映画を撮る意味

 

ユンカーマン監督「…僕は70年経ったところでまだ、アメリカの基地がそのまま多く沖縄に集中しているということが、どうしても許せないことなんです。
それで、アメリカの政府だけではなくて、アメリカの市民も無関心というのは、何ということなのかなとずっと思っていました。だからこの映画を作った。僕のひとつの責任だと思ってこの映画を作ったんです。」

小堀さん
「アメリカ人としてひとつの無関心が責任だとおっしゃった。それは取りも直さず私は、沖縄じゃない本土の人間も同じように、無関心というか知らないことの罪、恥ずかしさ、そう感じました。」


Photo



◎米軍基地

小堀さん「我々ジャーナリストは、分かりやすいように“わずか本土の0.6%の国土の中に、74%の米軍基地が沖縄にある”って言い方しますが、最初から74%あったわけじゃないんですか?」

ユンカーマン監督
「そうですね。この映画でそこまでは取り上げることは出来なかったんですけど。実際には日本の本土の占領があった時期、50年代は80%の米軍基地は本土にあったんです。
60年代になると50%が沖縄、50%が本土になった。実際に74%になったのは復帰後なんです。皆、74%という数字は聞いたことがあると思うんですけど。
負担がどんどんと高くなっていったということなんですね。それを考えるとなぜ70年代、80年代に多くの人が、これはおかしいという声を上げなかったのか?ということを考えるんですよね。
僕はやっぱり、映画の中でも言ってるんですけど、それが差別だということなんだと思うんです。
考えてみれば0.6%なんですけど、ひとつの県に74%が集中してるんです。例えばそれが山口県だったとすれば…。そこの県に74%の米軍の基地が集中してあったとしたら、皆、おかしいと言うんです。山口県の人たちはもちろんなんですけど、全国的に皆、それはおかしいと言うんだと思うですよね。でも沖縄だから許されるということはどういうことなのか、ということなんです。
戦略的に大事な要石ということで、しょうがいないという人ももちろんいると思いますけど。でも、そのしょうがないということにはどっかに責任があるんだと思うんですよね。」

 

Photo_2






ユンカーマン監督
「ずっと米軍の基地がある状態が続いているんですけど、その中で沖縄の人がアメリカの人たちと親しくなったりするということもあったりします。
僕が最初に沖縄に行ったのは75年なんですけど、その時から皆、仲良くしているんです。沖縄の人たちは誰よりも優しいんです。だから面と向かって、いないほうがいいとは、なかなか言えないんですよね。
それは映画の中でも紹介してるんですが、ペリーが行った時も感じていたんです。おもてなしをして、歓迎してくれる島なんだから占領しやすいという言い方をしていたんです。占領しましょうという提案を出したのはそれがあったからなんです。
皆、礼儀正しい。暴力でもって反対することはありえないので、占領しましょうとペリーが考えていたんですけど、その同じ気持ちがずっと戦後の米軍の中にはあったと思うんです。
でもその中で、ちょっと誤解があるところもあるんです。米軍の基地の中にいると、外に行く時は皆とても親しくとても優しくて歓迎してくれるんですけど、だからと言って米軍の基地を容認しているわけでもないんですね。そういうことで誤解が生じるんだ思うんですけどね。」


小堀さん
「僕らが旅行に行っても、沖縄の人はものすごく優しいんですよ。初めて会った人でもすごく優しいし。どうしてこんなに皆優しいんだろうなと思うぐらい優しいんです。
ただ、時々ふっと、お付き合いが長くなると、あ、こういう苦しみや哀しみがあるからこんなに優しいんだなと。
日本人もかつては終戦直後いっぱい痛みはあったと思うんですが、70年代とかにどんどん豊かになっていって、多分どっかで忘れていって。
日本人としてアメリカが占領していてはいかんと言いますが、同じことを今、僕たち本土の人間はしてるんだなってことがこの映画を観てすごく痛切に思って、いたたまれない感じがするんです。」

 

ユンカーマン監督「この映画の英語のタイトルは『The Afterburn』という言葉を使ってます。炎が消えても火傷は続く。残るのではなく続く。火傷が深くなっていくという現象なんです。
沖縄は一般で考えるPTSDとかそういうようなトラウマの後遺症とちょっと違うのが、前の戦争の時、アメリカの元米兵もとてもトラウマを抱えていて、その思い出がとても辛いんですけど、彼らは平和に戻った。アメリカの戦争、それを絶えず考えなくてはならない状況ではない。
だけど沖縄の場合はそういうトラウマを受けた人が、毎日のように同じその思いをさせられるんですね。そういう意味では、“Afterburn”っていうのは、元の原因が解消するまでそういう痛みが続くということなんです。
それが沖縄の現状なんだと思います。基地がある限りは沖縄戦の悲劇を過去にするということはできない。忘れることはできないということだと思うんです。」


小堀さん
「表面的な傷は治っても、その痛みはずっと続いているので、そこに基地があり米軍がいる限りはずっとそれはもう続いているわけですね。」





……この後、客席のお客様から意見・感想を話していただいたりしました。大きな拍手で終了した後、監督はパンフレットを買われた方へサインをしてくださいました。




***************************************








ジャン・ユンカーマン監督
小堀勝啓さんお越し下さいました皆様ありがとうございました!





上映は9月4日(金)までです!ぜひご来場くださいませ。






 







 

文責:エヴァラーユ

 

8月9日(日)『沖縄 うりずんの雨』舞台挨拶決定!!

戦後70年、沖縄は問いかける

Photo                                                                  © 2015 SIGLO 


『老人と海』で与那国島の荒々しくも美しい自然と風土を捉え、『映画日本国憲法』で平和憲法の意義を訴えた、アメリカ人映画監督 ジャン・ユンカーマンが真の平和を求め、不屈の戦いを続けている沖縄の人々の尊厳を描いた渾身のドキュメンタリー。




8月8日(土)より公開『沖縄 うりずんの雨』2日目の8月9日(日)ジャン・ユンカーマン監督の舞台挨拶が決定しました!


8月9日(日)『沖縄 うりずんの雨』

①10時00分の回  上映終了後

登壇者:ジャン・ユンカーマン監督    

司会:小堀勝啓さん(フリーアナウンサー)

※やむを得ず変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

Photo_2


お得な特別鑑賞券(1,500円)好評発売中です。窓口での販売は8月7日(金)までですので、お気をつけください。

名演小劇場でジャン・ユンカーマン監督と言えば、『チョムスキー9.11 Power and Terror』。映画館スタート時の作品でした。
今回は沖縄の近現代史を見つめた渾身の作品です。皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひお出かけくださいませ。






関連リンク:「沖縄 うりずんの雨」






文責:エヴァラーユ




その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥