シネマの天使

間もなく終了!!『シネマの天使』舞台挨拶レポートのご紹介

現在上映中の『シネマの天使』、初日2回目13時55分の回上映終了後に主演:藤原令子さん監督・脚本・編集:時川英之さん製作総指揮:益田祐美子さんの舞台挨拶を行いました。
東京での舞台挨拶後にお越しいただき、名古屋の後は大阪で舞台挨拶と、なんとも過密なスケジュールながら皆さん穏やかな笑顔でお越しくださいました。
舞台挨拶の様子を少しお伝えします。司会は映画パーソナリティの松岡ひとみさんです。
 

 

 

※映画の内容に一部触れているところもございます※
 

 

Main_1200x798_300dpi                                                                                         © 2015 シネマの天使製作委員会

◎はじめに

 

益田さん「皆様本日はようこそお越し頂きました。私は名古屋の大学に通っておりましたので、本当に“やっとかめだなも”ということで。本当に故郷に帰ってきたような感じを受けます。私の作品をここで4本上映させて頂いたので懐かしさでいっぱいです」

 

藤原さん「今日、初日だったので、こうやって皆様に観て頂けるのがすごく嬉しいです。ありがとうございます」

 

Photo_9



時川さん
『シネマの天使』の監督、脚本、編集をしております、時川英之と申します。今日は皆様、初日に来て頂きありがとうございます。名古屋は何度も来たことがあるし、友達もいるので、こういう形で来られたことをとても嬉しく思います。ありがとうございます」

 

松岡さん「藤原さんは名古屋は…?」

 

藤原さん「初めてなんですけど。あっという間に今日は過ぎちゃっているので。この舞台挨拶が終わったあとすぐ大阪に行かなければ行けないので…。また日を改めて遊びに来たいなと思っています」



『シネマの天使』制作のきっかけ

 

時川監督「以前僕は東京や海外にいたんですけど、最近は広島市に住んでいます。この映画は福山市に122年あった大黒座の物語なんですが、大黒座の方が“大黒座を壊しちゃうんで、せっかくだから広島出身の映画監督に撮って欲しい”というところからこの企画が始まりまして。はじめは撮影するだけだったんですけど、打合せをしていたら大黒座の方がいきなりわぁっと泣き出されて。皆さんすごい思い入れがあって。
それで、“そういう強い思いを皆さんお持ちだったら、大黒座を舞台にして映画館の話を、壊す前に撮ったらどうですか?”ということでこの映画が実現したんです。本当に時間がない中だったんですけど、益田さんが“すぐやるわよ”って言って下さって…」

 




Photo_10

益田さん
「映画って資金がないと最終的にできないんですね。で、劇場がないと映画って観てもらえないんですね。
私、最初に日本とイランの合作映画を作って、かけてもらうところがなかなかなくて苦労した思いがありますので、劇場がなくなるって聞いてこれはなんとかしないといけないということで、資金集めを一週間で…」

 


松岡さん
「一週間で?!」

 

益田さん「はい」

 


時川監督「普通、映画っていうのは脚本書くだけで半年とか一年とかかかるもので、その後にも資金集めとかで1年くらいっていう話なんですけど。この映画はものすごく違っていて。7月末くらいに“やりましょう”ってなって、益田さんに動いて頂いて、…9月の半ばに大黒座を壊す予定だったんですよ。それまでに撮らなくてはいけないから、僕は8月に脚本書きながらキャスティングして、多分、撮影の1週間か10日くらい前に藤原令子さんにお願いして。ドタバタだったんですよ(笑)それで9月の初めに撮り始めたんです」

 

益田さん「脚本をすぐ理解して演技できる能力の高い女優さんでないとできない。ね、監督」

 

Photo_11
時川監督「そうですね」




藤原さん
「……わりと一生懸命でした(笑)ただただ一生懸命セリフと流れを頭に入れていたので…」

 

松岡さん「ビックリされませんでした?1週間前に決まって」

 

藤原さん「そうですね、初主演だったので。それも初めてだったし。広島に行くっていうことにもビックリして。広島の用意もしなくちゃいけない、台本も頭に入れなきゃいけない。主演作ってこんなにもバタバタするもんなんだって最初はそう思いました(笑)」

 

時川監督「普通はそんなことはないですけど(笑)」

 

松岡さん「みたいですね(笑)」



松岡さん「完成した映画をご覧になって藤原さんはどう思われました?バタバタって撮影したと思うんで」

 

藤原さん「自身に演技につては…。撮影したのは一年前で、観たのは一年後だったので、いろいろ反省点とかあったんですけど。
普通に物語として観て、エンドロールにあるんですけど、こんなにものたくさん映画館がなくなっていっちゃってるんだっていうことを初めて知って。それがもう、悲しいですよね。昔はそんなに愛されていたんだなぁと思って」

 

松岡さん「どんどんと閉館していってしまっている中、名演小劇場、頑張ってます!」

 

時川監督「頑張ってますね。…『シネマの天使』は全国のこういう素敵な、個性的な映画館
を応援する為のものでもあるので、ぜひ頑張っていって頂きたいと思います」

 

 

Photo_7

 



松岡さん
「お好きなシーンはありますか?」

 

藤原さん「私はミッキー(ミッキー・カーチス)さんがチラシの部屋で、最後にチラシを貼るっ
ていうところがすごい好きで。私はそこを何となくイメージして、劇中わーってなってましたね」

 

松岡さん「あぁイメージをあそこで膨らませていったわけですね。…天使ですとか空想の部分はどのタイミングで考えられたんですか?」

 

時川監督「けっこう映画館を閉館する真面目な、人間のシリアスな話ってできると思うんですよ。それはちょっとやっぱり後ろ向きだし暗いかなって思っていて。できれば、映画館が閉館する物語であると同時にいろんな人の希望とか夢とかが同時進行するような、映画館のお客さんの気持ちが幻影として表れるような、そういう温かい物語に、未来に向かっているような物語にしたいなってことで。ああいう夢のパートがあったり…映画って夢みたいなものじゃないですか、人にとって。そういうところもあったりしますね」

 

◎映画館の思い出

 

松岡さん「劇中に“たった一本の映画が人生を変えていく”っていうミッキー・カーチスさんの言葉があるんですけど、皆さんは制作されるとか出演されるという立場なんですけど、映画から大きな影響を受けたとか、映画館での思い出があればお一人ずつ教えて頂けますか?」

 

藤原さん「私、岡山県の中でもすごい田舎の方の出身で、映画館に行くのに車で30分~40分かかっちゃうようなところだったので、映画館の思い出っていうのがそんなになかったんですけど。
今回この作品に関わらせてもらって、たくさん映画館がなくなっているっていうのもそうだし、やっぱり映画館で映画を観るっていうのが特別なことなんだろうなっていうことを感じましたね。それが多分私の中で一番、映画館の思い出になりましたね」

 

 
松岡さん「ありがとうございます。益田さん はどうです?高山市出身ということですと、旭座というところがありましたけど」

 

益田さん「旭座も昨年閉館してしまってとても寂しいです。私は40歳の時に日本とイランの合作映画を1本作りまして。ひとつの映画制作が人生を変えました。家族に迷惑をかけ続けております(笑)
しかし、映画を観てくれた人がこうやって集まって、同窓会のような形で、今日、金城のお友達も来てますけれども。映画を観るたびに、話して心を通じ合うことができるという場が嬉しいです」

 

時川監督「僕は広島出身なんですけど。おばさんが呉の映画館で働いてまして。クレジットに呉シネマって出るんですど、そこは僕のおばさんが30年くらいモギリをやっていた場所で。幼稚園か小学校くらいの子供の頃から行っていたので。おばさんが映画館で働いているのを見て子供ながらに、面白そうだな、ここって思ってましたね。楽しそうだなって。そういう思い出があります」

 

松岡さん「ニューシネマパラダイス的な感じですね」

 

◎最後に…

 

益田さん「今日、映画界の重鎮の佐藤忠男先生からとっても素敵な映評をいただきました。それに力を得まして。時川監督は新人と言っても過言ではないんですけど、これから大きな力を秘めた大きく伸びる監督ですので。そして、藤原令子さんはこの映画を機に大女優になる片鱗を見せてますので、皆さんこのお二人を応援して、映画はクチコミでどんどん広げていただきたいです」

 

松岡さん益田さんらしいお言葉ありがとうございます。素敵ですよね、本当に。では藤原さんからもお願いします」

 

藤原さん「本当に心が温かくなる映画だと思いますし。皆さんの映画館との思い出と照らし合わせて頂いて、今一度、映画館で映画を観るっていうことについて考えて頂けたらと思います。本日は本当にありがとうございました」

 

松岡さん「ありがとうございました。そして素敵な映画を撮って頂きました監督、最後にお願いします」

 

時川さん「僕自身、この映画を作ってみて本当に思ったんですけど、映画館で映画を観ることって本当にいいなってやっぱり改めて思って。映画を作って以来けっこう僕、映画館で映画を観る回数が増えたんですけど、僕らの世代もそうだし、上の世代もですが、最近忙しいから映画観られないとか。若い人はいろんなメディアで観られるから、映画館で観ないとかって言われていたりして。
けれどそれはもしかしたら、映画館で観る映画が100%だとしたら、DVDとかネットで観たりすると60%とか70%しか味わえていないかもしれないんですね。その差はすごい大きいと思うので、ぜひ映画館で映画を観る楽しさをこの映画を通じて再発見してもらえればなと思います。
これからも良い映画を作れるように努力していきたいと思いますので、また新しい作品で名古屋に戻って来れるように頑張っていきたいと思います。今日はありがとうございました」

 

藤原令子さん時川英之監督益田祐美子さん松岡ひとみさんそしてご来場くださいました皆さま、ありがとうございました!!







***************************************************





こちらの舞台挨拶の様子を※C2[シーツー]WEB版でご覧頂けます。

★こちらです→『シネマの天使』@名演小劇場 初日舞台挨拶レポート

C2[シーツー]WEB版について
FREEPAPER  C2[シーツー]ダイジェスト版に入りきらない映画情報が満載!なのが、C2[シーツー]WEB版です。FREEPAPER  C2[シーツー]ダイジェスト版とは、リバブックが発行する名古屋発唯一の映画のフリーペーパーです。
毎月1日発行で愛知・岐阜・三重・北陸・浜松の劇場を中心に、DVDショップ・CD・レコード店・書店・美容室・CLUB・CAFE・BARほかで配布しています。(当館でも配架しております。)東海地区の映画に関する情報がまとめて得られる大変便利なフリーペーパーです。

 

劇中で登場する“ミニー”がつけているきらりと光るイヤリング。こちらは蓄光する新素材ルナウェアを使っています。有田焼400年の伝統技術に蓄光機能を融合した世界初の建材です。受付ではルナウェアを使った製品の販売を行っています☆

ルナウェアについては詳しくは→こちらをご覧ください。

 

 

 

またこの度、阿藤快さんの訃報が報じられました。劇中では映画に対する愛がにじみ出ている映写技師役をされています。心よりご冥福をお祈りします。

 

 

 

上映は11月27日(金)までです!映画館での思い出がじわじわと甦ってくるあたたかな作品です。ぜひぜひ劇場でご覧ください。












関連リンク:「シネマの天使」
        コドモエナジー株式会社







文責:エヴァラーユ
 




『シネマの天使』11月7日(土)初日舞台挨拶決定!

11月7日(土)より公開『シネマの天使』初日舞台挨拶を行います!!




映画館が街から消えるとき
思い出があふれ出る

 

Main                                         © 2015シネマの天使製作委員会

 

老舗映画館の大黒座が閉館することになった。そこで働き始めたばかりの新入社員 明日
香(藤原令子)は、ある夜、館内で謎の老人に出会うが、彼は奇妙な言葉を残し、忽然と消えてしまう。バーテンダーのアキラ(本郷奏多)は、いつか自分の映画を作りたいと夢見ている。大黒座の女性支配人(石田えり)は、閉館への反対を押し切って気丈に振る舞っていた。泣いても笑っても、もうすぐ、大黒座はなくなってしまう…。
劇場の壁という壁が、町の人々が書いたメッセージで埋まっていく。そしてついに閉館の日。スクリーンに最後の映画が映しだされると、明日香の前に、あの謎の老人が再び現れ…。
長い歳月の間人々に愛されてきた映画館が、最後にくれたサプライズとは―。





 『シネマの天使』 

11月7日(土) 13時55分~の回 上映終了後


登壇者藤原玲子さん(主演)、時川英之監督益田祐美子プロデューサー(製作総指揮)    

※やむを得ず変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。


Photo



お得な特別鑑賞券(1,400円)好評発売中です。窓口での販売は11月6日(金)までですので、お気をつけください。




藤原令子さん時川英之監督、当館では様々な映画でお世話になっております益田祐美子プロデューサー、お三方のお話をぜひお楽しみください!









関連リンク: 「シネマの天使」







文責:エヴァラーユ

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥