サンマとカタール~女川つながる人々~

『サンマとカタール~女川つながる人々~』舞台挨拶レポートのご紹介

『サンマとカタール~女川つながる人々~』公開2日目(5月15日)に日本・カタール友好協会会長三田敏雄会長乾 弘明監督が舞台挨拶にお越しくださいました。司会はプロデューサーの益田祐美子さんです。朝から多くのお客様にお越しいただきました!舞台挨拶の様子を少しお伝えします。





Sub05_large                             © 2016 Japan-Qatar Partners



益田プロデューサー「本日はご来場いただきまして誠にありがとうございます。私、『サンマとカタール』総合プロデューサーの益田祐美子と申します。どうぞよろしくお願いいたします。」




L1010657_2                    ↑左から益田プロデューサー、三田会長、乾監督です。




乾監督
「今日は皆様、お忙しい中お集りいただきましてありがとうございます。先月、熊本で大きな地震がありまして、被災された方、今も非常にご苦労な生活をさっていると思います。日本に住んでいるいじょう必ず、ここにいらっしゃている方ももちろん、被災される可能性がかなり高いわけで。それ自体を避けることはできないと思います。
で、どうするかというと震災が起きて被災した時に、じゃあ僕らはどういう行動をすればいいんだろうというちょっと指針になるような作品になったかなと思います。
というのは、女川のあれだけの被害を受けたなかで立ち上がっていく人たちの姿を見ていただくと、前に向かって進んでいくことの重要さみたいなところ、勇気みたいなところを、
今見といていただけるとですね、自分がなった時にもちょっと思い出していただけるような、そんなような記録ができたんじゃないかなと思っております。」


三田会長「ただいまご紹介いただきました日本・カタール友好協会の三田でございます。今日はこうして多くの方にこうして映画を観ていただくことができるようになったということを、本当に私心から喜んでおりますし、今日お集りの方、皆さま方に心から感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。
この映画がなぜカタールという名前がついているかということについて、少しお時間をいただいてお話ししなければなりません。
5年前の3月11日に震災が起きました。そのほぼ一週間後くらいにはカタールから1億ドルの義援金を拠出するという報が入ってきました。多くの国がまだまだその行動を起こすずっと前に、カタールはいち早くその1億ドル、まさに100億円という大変大きな金額のお金を寄付すると言ってくれたのです。なぜ、カタールがそうしてくれたのかと申しますと、実は日本とカタールというのは40年を超える友好関係を維持してきておりました。

カタールは以前、石油が少し取れるだけの本当に小さな漁村が集まった小さな国でありました。その国に天然ガス、これを液化して運ぶとLNGという液化天然ガスになりますが、
これが大量に発見されて、これをなんとか世界に売って、このカタールの国を富ませていきたいというふうに政府、そして国の多くの方々が考えたんです。
しかしながらなかなかその買い手を見つけることができずにいたところで、三十数年前にこの日本が、当時600万トンというものすごくたくさんの量をこの日本ですべて買い取ることを決めた、そういうことであります。
その結果、今皆さんご存知のようにカタールという国は素晴らしい立派な国になって、今や中東の中心を占めるような国に育っております。その時のカタールの苦労に対する日本の協力と言いますか、その手を差し伸べたことに彼らは大変感謝をしていて。その思いがずっとずっと続いておりました。
そして震災が起きて、彼らは日本に何とか恩を返したいということで。そういった気持ちが、1億ドルというものにつながります。その1億ドルの一部を使って女川に、冷蔵設備をつくりました。これがキッカケになって女川が復旧の一歩を踏み出しました。
今日皆さま方、映画をご覧になりますと感じることがいっぱいあるかと思いますけれども、彼らはそれをキッカケに素晴しい復興の勢いをみせて、昨年の暮れには女川の駅が復旧しましたけれども、今や全国から人が集まる素晴しい街づくりを今進めております。まだまだ被災した方も多くいらっしゃいますし、お亡くなりになった方、まだ見つからない方もいらっしゃる。そういう悲惨な中で彼らはその悲しみを心にしまって強い力で復旧を目指しています。その力強さをこの映画を観て感ずることが出来るんではないかというふうに思います。
日本とカタールはこれからもしっかりとした友好関係を作り上げていくと思いますけど、ぜひこの映画を観ながら皆さまもその思いを感じていただければ私にとって、これ以上の幸いはございません。
少し長い時間お話しましたけど(笑)ぜひごゆっくりご覧いただきたいと思います。ありがとうございました。」


L1010662_2



益田さん「先日カタールの方にこの映画をご覧いただいて感想をいただきました。
カタールからの資金によってできたマスカーで女川の人たちの笑顔を見ることがとっても嬉しかった。その笑顔が愛にあふれているという感想をいただきました。
また、女川ではマスカーによって周りに工場ができているんですけども、その工場で作られた…受付でも販売しておりますけれども、サンマの昆布巻き[リアスの詩]
これをカタールでも、多くの方に食べていただきたい。それが復興の支援になるんじゃないかということを伝えていただきまして。今日、会場の皆さんにはぜひこれを記念に必ずひとつ(笑)今日の夕食の時に映画と一緒に思い出していただきながら食べていただきたいと思います。」




*************************************






2回目の舞台挨拶では、乾監督益田プロデューサーの古くからのお知り合いやご友人もお越し下さり、舞台でお話もしてくださいました。ありがとうございました!!



三田敏雄会長乾 弘明監督益田祐美子プロデューサー、そしてお越し下さいました皆さまありがとうございました!






上映は明日までです!大変美味しいと評判のサンマの昆布巻き[リアスの詩]の販売も明日まで!
他にも映画エンディングテーマ「光─女川リミックス」 幹miki  が入ったテーマソングCD益田プロデューサーが書かれた「映画づくりはロマンとソロバン~女プロデューサー泣き笑い奮闘記~」も販売中です。ぜひお越しください。
















文責:エヴァラーユ





5月14日(土)より公開『サンマとカタール~女川つながる人々~』5月15日(日)舞台挨拶決定!

5月14日(土)より公開『サンマとカタール~女川つながる人々~』5月15日(日)に舞台挨拶を行います!




あの日
生かされた
俺たちは 熱い
Photo_2                                     © 2016 Japan-Qatar Partners


復興5年目、今だからこそ、向き合える過去がある。見えてきた未来がある。
宮城県女川町-刻々と変わる人と町を見つめるドキュメンタリー映画、完成!


宮城県女川町は牡鹿半島の付け根にある水産業の町。サンマの水揚げで有名だ。「あの日」までは…。2011年3月11日、女川町では住民の1割近くが犠牲となり、8割近くが住まいを失った。被災した全ての市町村の中でも人口比では最も激烈な被害を被った。中心部は根こそぎ津波にのまれ、失うものは何もなくなった。
─それでも人は立ち上がる。

サンマとカタール~女川つながる人々~5月15日(日)に、日本・カタール協会会長 三田敏雄氏、乾弘明監督、司会:益田祐美子プロデューサーの舞台挨拶が決定しました!

5月15日(日)   サンマとカタール~女川つながる人々~  
                                            
           ①10:2
0の回と②12:00の回の上映前


【登壇者】 日本・カタール協会会長 三田敏雄氏
                    乾弘明監督
【司会】                                 益田祐美子プロデューサー




※やむを得ず変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※12:00の回は乾監督のみの舞台挨拶となります。

Photo_3

大変お得な特別鑑賞券(1,000円)販売中です!!劇場窓口での販売は5月13日(金)までですのでご注意くださいませ。

映画にまつわる様々な話をお聞きになれる貴重な機会ですので、ぜひおでかけください☆




関連リンク:「サンマとカタール~女川つながる人々~」



文責:エヴァラーユ

 

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥