いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─

『いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─』舞台挨拶レポート


『いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─
11月20日(日)公開2日目に演出をされた伊勢真一監督による舞台挨拶を行いました。2回上映し、各回上映終了後に穏やかな語り口で、お話ししてくださいました。
舞台挨拶の様子を一部抜粋してお伝えします。
※映画の内容に触れているところもございます。

03


*************************************




◎じっと目をつぶる



(この作品は)“じっと目をつぶる”っていう言葉が最初と最後に出てくるんですけど、長田弘さんの詩のひとことなんです。
目をつぶったら何にも見えないじゃないかってドキュメンタリーの作り手として失格だって言われるかもしれないけども、目をつぶって何が見えてくるのかっていうのをずっとやってきたかなっていう気がずっと自分もしていて。とても共感して使ったんです。
僕の映画は眠くなるっていう友達がいて。最初に目をつぶるって書いてあるから、そのまま目をつぶっちゃったら…っていうやつもいましたけども(笑)





◎映画をつくるキッカケ


主人公もいせさんなので、血縁関係ですか?とよく言われるんですけど、夫婦でも親子でも兄弟でもない(笑)友達です。

『風のかたち─小児がんと仲間たちの10年─
っていう小児がんの子供たちの映画をつくった時に、聖路加国際病院の小児科の病棟にひでこさんの絵があり、その絵をとっても僕は気に入って。映画ができた時に、ひでこさんの絵をチラシやポスターで使わせていただくっていうようなことがありました。それから僕の作品をひでこさんが観に来るし、僕も個展とかのぞかせてもらうようになりました。
Photo
この映画自体はそういう友達関係からなんですが、この前に『傍(かたわら)~3月11日からの
旅~という震災の記録を僕はつくりまして。
舞台は今日観ていただいたところと同じ宮城の亘理町の吉田浜というところと福島の飯舘。
その映画を観たひでこさんが映画を撮影した場所へ行きたいっていうことで訪ねて、ある意味もう一つの主人公、クロマツの倒木に出会うということがあって。
すごい木と出会った”という話を僕にすごく興奮して連絡してきてくれて。その次のスケッチから一緒について行って、結局3年ぐらいそのスケッチと創作をずっと追うというようなことで出来上がった作品です。
震災の記録っていうことよりも5年半経ってそういう中で、3.11のことが何を語りかけているんだろうかっていうことに、もちろんひでこさん、僕も耳を澄ませるっていう気持ちでつくりました。





◎3.11のとらえ方


マスメディア的にいうと3月11日の前後以外はあまり震災のことを取り上げないっていうのがここのところずっと続いてますから、なんで今頃?という風に思うかもしれません。
でもご存知の方も多いと思うんですけれども、むしろその時以上にいろんな苦しみというか被災地の、特に福島などの状況は本当に厳しいわけで。
メディアが取り上げる、取り上げないの問題ではないっていう風に思って。
お客さん来なくてもいいからつくるぞ”みたいな(笑)でも来ないとやっぱりまずいわけで(笑)なんとか人に観てもらいたいと思っています。


震災の記録っていうと、ちょっと身構えてしまうかもしれません。
けれど…どんなこともそうなんですが…それは社会的な事件であると同時に、ある意味で文化的なって言ったらおかしいかもしれないけども、絵が好きな人はひとつの絵というところからいろんなことを考えるし、絵本が好きな人は絵本っていうところから考えるしっていうことがひでこさんを通じて、むしろ逆に、テレビのニュースとかそういうことの中でしか震災のことを受け止めていない人に、そういうことではなくて、もっと身近なかたちで受け止めてもらえるようになればいいかなって思っています。


起きたころからすごく思っていたんですけど、もちろんメディアは情報を流すのが役割だから、情報を流すんだけれども、情報っていうことだけでは伝えられない。
…言葉はちょっと気障に聞こえるかもしれないけれども、いなくなった人たちへ…吉田浜って地名自体がもうなくなってしまったりだとか…無くなった地名ってけっこうあるんですよね、被災地。戸籍上から無くなる。なぜかっていうと、そこにすごくたくさんの人が住んでいたんだけれど、全部流されてもうそこに住むのはやめようってことになって。海岸から少し離れたところへみんな住むようになって。そうすると吉田浜って地名は無くなる。
無くなると、映画の中で観ていただいた風景はそのまま残るんだけど、地名は無くなっていく。


もしかしたら、それは人の命だとか何かのこともすごくそんな風にして、自分たちの記憶から薄れていってしまう…ていうんですかね。
だから、この映画が直接的にそういうことをメッセージしているわけではないけれど。
ひでこさんは非常に子供たちに対する思いが強い絵本作家なんでそういうことを通じて、子供たちがたくさん出てくる映画ではないんだけれども、観終わった後に、しっかり自分たちが子供たちに何を残していくんだっていうようなこと含めて。

それこそ“絵本のようなドキュメンタリー”ってキャッチフレーズで書いたんだけれども、ドキュメンタリーっていうのを絵本のように読み解いていくともっともっといろんな、やわらかなというか豊かな読み解き方ができるんじゃないかなって思ってます。


ドキュメンタリーが苦手だっていう方もいらっしゃると思うんだけれども、そういう人にこそ観てもらいたい、そんな風に思っています。




*************************************





伊勢真一監督、ご来場くださいました皆さま、ありがとうございました!!



舞台挨拶後に、監督はパンフレットを買われた方へサインをしてくださいました。
絵本のようなドキュメンタリーと監督もおっしゃってましたが、パンフレットもまるで絵本のように絵が多く載っております。ぜひお手にとってご覧ください。


12月2日(金)
にて上映終了
です!足をお運びください。


















文責:エヴァラーユ











11月20日(日)『いのちのかたち─画家・絵本作家いせひでこ─』舞台挨拶のご案内

11月19日(土)より公開『いのちのかたち─画家・絵本作家いせひでこ─2日目の11月20日(日)に演出をされた伊勢真一監督の舞台挨拶を行います!




無人の荒野 被災の地で
絵描きを呼び止めたのは

一本のクロマツだった





Photo


2011年3月11日、東日本大震災。
宮城県亘理町では、300名に及ぶ人々が犠牲になった。
美しい海岸で知られる吉田浜の集落は津波で流され壊滅状態となった。
あの日までのことを、あの日のことを、あの日からのことを
誰よりも記憶しているにちがいない亘理町のクロマツと、4年近くにわたって向き合い、
その声に耳を澄ませ見つめ続けた絵描きの、終わらない旅の物語 ──。





『いのちのかたち─画家・絵本作家いせひでこ─

①10:30~/②17:05~

各回上映終了後




【登壇者】 伊勢真一監督

※やむを得ず変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。





伊勢監督は、昨年末に上映した『ゆめのほとり─認知症グループホーム 福寿荘─』『妻の病─レビー小体型認知症─』でも舞台挨拶に来てくださいました。
丁寧な語り口で、作品に対する思いを語ってくださいました。今回はどんなお話をお聞かせいただけるのでしょうか。
ぜひお出かけくださいませ。

















文責:エヴァラーユ





その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥