マザーテレサ

映画「パートナーズ」寄付金のご報告とお礼

Partners1_3_2名演小劇場では、映画「パートナーズ」の上映期間中、盲導犬育成支援のため寄付金を募集しておりました。この寄付金66,441円を、2010年11月25日(木)に財団法人中部盲導犬協会へ寄付いたしましたことをご報告いたします。



ご協力いただき誠にありがとうございました。ここにお礼申し上げます。



寄付額総額:66,441円
寄付先:財団法人中部盲導犬協会
寄付実施日:2010年11月25日(木)




関連リンク:『パートナーズ』公式サイト



文責:ホームページチーム・レイチェル

『マザーテレサ』オリビアのコメント&シスターの折り紙

teresa オリビア・ハッセーの熱演が話題を呼び、名演小劇場でもロングラン上映中の『マザーテレサ』。いよいよ今週金曜日で上映終了です。まだご覧になっていないお客様はお急ぎください!


劇中では、36歳から87歳のマザー・テレサを演じているオリビア・ハッセー。本作のキャンペーンで日本に来日した際、多くのマスコミに取材をうけました。今回は、そんな彼女のコメントを集めて紹介します。




「他に4人も候補がいたのに皆うまくいかず、リストの5番目だった私に、ある日突然、電話がかかってきたのです。『明日ローマにこられるか。そして、1週間半後にスリランカで撮影開始だけれど、大丈夫か』と聞かれ、驚きながらも『イエス、イエス!』と答えました。」
(『婦人公論 8/7』より)



「お会いすることはできなかったが、貧しい人たちと一緒に暮らし、立ち止まらなかった彼女の行いや言葉に感銘をうけて、いつか演じたかった。彼女は、人間より高いところにある何かに想いをはせさせてくれる存在だった。」
(『朝日新聞 夕刊』より)



「シェークスピアのジュリエット、そして聖母マリアを演じたとき、『次はマザーしかいない』と思ったの。彼女自身になれないのなら、せめて彼女を演じたい。そう思ったんです。」
(『讀賣新聞 夕刊』より)



「マザー・テレサは鼻の高い方でしたから、私はこの鼻の上につけ鼻をしたのです。が、45度という暑さのために鼻がずれて、そのたびに新しい鼻をつけ直しました。87歳のテレサを演ずるために顔を特殊メークしたときも、6時間かかって仕上げたメークがすぐにくずれてしまうのです。体調をくずしていた私は抗生物質の薬を入れた袋とスペアの鼻を持ってロケをしていたの」
(『madame FIGARO japan』より)



…生前、マザーの近くにいた方たちから、『マザーを観ているようでした』とのお言葉をいただきました。思わず『神よ、ありがとう』と叫んでしまいました」
(『婦人画報』より)




オリビア・ハッセー(Olivia Hussey) DATA:

1951年4月17日 アルゼンチン ブエノスアイレス生まれ。父はオペラ歌手のアンドレアス・オスナ。2歳の時に両親が離婚し、7歳で母の祖国イギリスへ移住。その後5年間、演劇学校などで演技を学びました。在学中、フランコ・ゼフィレッリ監督の目にとまり、『ロミオとジュリエット』のオーディションに挑戦。見事ジュリエット役を獲得し、美しい黒髪と魅力的な演技で日本をはじめ、世界中の映画ファンを虜にしました。プライベートでは、ディーン・ポール・マーティンや布施明と結婚し話題を呼びました。現在は3番目の夫であるデヴィッド・アイズリーとの間に生まれた娘を含む3人の子供たちの子育てを優先しながら、さまざまな作品に出演しています。新作に、ジュディ・ハチェット・デュモンテ監督の『Tortila Heaven』(05)、アンドリュー・ヴァン・デン・ホーテン監督の『Headspace』(05)があります。



mother1

先日、『マザーテレサ』を映画をご覧になったお客様より、シスターの折り紙をいただきました。

現在、3階劇場ロビーに飾られています。ぜひ、名演小劇場にいらっしゃった際には、探してみてください!




関連リンク:『マザーテレサ』 公式サイト


文責:ホームページチーム・レイチェル

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥