ヒナゴン

『ヒナゴン』 渡邊孝好監督 キャンペーン報告

hinagon-tirashi 『居酒屋ゆうれい』(1994年)、『ぷりてぃ・ウーマン』(2003年)など、ハートウォーミングな作品で知られる渡邊孝好監督の最新作ヒナゴン』が、名演小劇場で上映されている。



直木賞作家である重松清氏の原作を映画化したこの作品は、30年前の実話をベースに、謎の生物ヒナゴンや町の合併など、さまざまな問題に揺れる架空の町・比奈町での夏の日々を描いた力作。



ヒナゴンの目撃者の孫、信子に井川遥、比奈町の現役元ヤン町長・イッちゃんに伊原剛志をむかえ、さらに個性あふれる顔ぶれ、上島竜平、嶋田久作、松岡俊介、柳家花禄などが脇をかためる。これら豪華な俳優陣が舞台である比奈町に溶け込み、真剣かつコミカルにヒナゴン騒動に立ち向かい、最後には笑いとさわやかな感動を届けてくれる。




watanabe-ka

キャンペーンで名演小劇場を訪れた渡邊監督に、作品について話を聞いた。





「重松清氏が井川遥さんの為に書き下ろした小説(『いとしのヒナゴン』)を、まだ連載中の段階で映画化しようという話がでていた。それで、連載中の小説を読んでみると登場人物が生き生きしていて、それぞれが魅力的に思えたんだよね。」



監督は女優・井川遥の印象をこう語る信子には井川遥さんと決めていた。彼女と仕事をして受けた印象hinagon-igawa は、癒し系というより、愛らしく、たくましい女性といった感じ。この映画の信子のように、あっさり、さっぱりした、そのままの人だと思いますよ。たぶん、実像に近いんじゃないかな。」本作の中で、信子は元気に自転車で比奈町を走り回り、時には口より手が先にでてしまう熱い女性。そんな信子は、劇中で一輪の花のように周りを明るくしてくれる存在として登場している。



イッちゃんは、矢沢永吉さんの熱狂的なファンで『成りあがり』がバイブルという設定「実は、伊原君はプライベートでも矢沢さんのファンだったんだよね。」比奈町の若き町長・イッちゃんを演じる伊原剛志さんについて、監督が面白いエピソードを語ってくれた。


「劇中に矢沢さんの数々の名言がでてくるんだけど、彼はそのほとんどを知っていましたね。タオルはこうかけなくちゃいけない、とかこだわりもあって(笑) そして、伊原くんが白いスーツを着ているシーンがでてくるんだけど、そのスーツはなんと彼自身が用意したんですよ。最初は衣装さんが白いスーツを準備していたんだけど、矢沢さんのスーツは これじゃないと!ということで、わざわざ休みの日に大阪まで探しに行ったみたい。」伊原さん自身も「おれの白いスーツ姿はよかった!」と語るくらい、自信のあるスーツ姿。このまぶしい白スーツ姿をお楽しみに!



watanabe-ka2 「今の時代、多くのことがすぐに科学的に実証されたりして、不思議なことも怪しげなただの空事になってしまったりする。でも、いつの時代も不可思議なことがあって欲しいと思う。そうあって欲しいと思う心を持って欲しい。」と、優しげなまなざしで語った渡邊孝好監督。




はたして、本当にヒナゴンはいるのだろうか?!

ぜひ、貴方の目で『ヒナゴン』の存在を確かめて欲しい。



関連リンク:

『ヒナゴン』公式サイト

『映画 ヒナゴン特設ページ』(映画「ヒナゴン」観光振興プロジェクト実行委員会)


文責:ホームページチーム・レイチェル

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥