誰がために

『誰がために』 日向寺太郎監督 インタビュー【2】

tagatame 名演小劇場にて10日(土)より上映中の『誰がために』。日向寺太郎監督の独占インタビュー第2弾として、今回は映画に関連する3つの鍵(key)を紹介しつつ、インタビュー内容を掲載します。

※インタビュー内容には、多少ネタバレ箇所もあります。映画を楽しみにされている方は、ご覧になってからお読みください。




Key 1: ニケ (Nike)


ニケとは、ギリシャ神話に登場する勝利の女神のことです。劇中にはニケが象徴的に何度も登場します。監督に、この像について話しを聞きました。 


「まず、僕自身がニケの像が好きだったんです。映画とは関係なく、以前わざわざルーブル美術館まで見に行ったことがあるほどです。(笑)実物はとても大きな像で、腕と首から上がないことによって非常に想像を掻き立てられます。今回は、この像の哀しい運命と亜弥子のはかなさを関連付けられないかと思い、映画の中に登場させました。」


ニケ像は、エーゲ海の北東にあるサモトラケ島で破片の状態で発見されました。その後、修復が施されましたが、頭部、両腕は発見されないまま、その他の箇所のみが復元されたのです。復元された女性像には翼があり、高さは3.28mにもなります。現在、この銅像はパリのルーブル美術館に展示されています。本来なら、自然の形に戻りつつあった破片のニケ像は、不完全な状態で修復され、異国の地で展示される哀しい運命を辿ったことになります。


ニケ像同様、亜弥子もまた哀しい運命が待ち構えています。劇中では、ニケ像を描いた時のことを静かに語る亜弥子。この時、彼女は未来を予感していたのでしょうか。




Key 2: 風(wind)


本作では、川面に風の流れを感じるシーンや下町を風が吹き抜けるシーンなど、風の気配をあらゆるところから感じることができます。風によって語られる部分も多々あるのです。


hyuugaji6 「亜弥子が両手をひろげ、風をうけるシーンなど、映画の中では『風』と『翼』をイメージするものがよく登場します。やはり、観る側に『風』つながりで考えてもらいたい、という思いがありました。『風』『翼』そして『ニケ』が、亜弥子の生い立ちとだぶらせられると思った部分もあります。」


先ほど紹介したニケ像も、本来なら風をうけながら船首に立ち、翼を羽ばたかせ飛び立とうとする瞬間を見せていたものだろうと言われています。「風」「翼(ニケ)」との結びつきについて、みなさんも考えを巡らせてみてはどうでしょうか。そして、亜弥子がとらえた風を、感じてみてください。




Key 3: カモメ (A sea gull)


最後に、名演小劇場でのみ話してくれた撮影中のエピソードをご紹介します。予想外のハプニングに見舞われたカモメのシーンについて教えてもらいました。


「民郎とマリが車に乗っている時に、突然カモメがフロントガラスにぶつかるシーンがあります。フロントガラスがわれてしまったんですが、これは意図してわったわけではないんです。幸いうまくいったから良かったですが、車もかえないといけないし、撮りなおしはきかなかったですね。(笑)」


確かにこのシーン、車のフロントガラスがわれています。撮りなおしすることなく、一発OKだったシーンはまさしく浅野さんと池脇さんの演技の賜物!どうぞご期待ください。



以上、鍵となる3つのキーワード 「ニケ (Nike)」・「風(wind)」・「カモメ (A sea gull)」をもとに、インタビュー内容第2弾をお届けしました。




hyuugajikantoku 「もし民郎と同じ状態に陥ったら?」という質問に日向寺監督は、「きっと僕も民郎と同じ心境になるでしょうね。おそらく、最後には同じような行動にでるかもしれない。」と答えてくれました。どうしようもない感情と周りの人たちのやさしさ。民郎は監督自身の投影、といえるのかもしれません。




関連リンク:『誰がために』 公式サイト

参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(サモトラケのニケ)



文責:ホームページチーム・レイチェル

『誰がために』 日向寺太郎監督 インタビュー【1】

tagatame 少年の理由なき犯行により、愛する妻を奪われた主人公・民郎。彼の心の葛藤を丁寧に描いた『誰がために』が、12月10日(土)より名演小劇場にて公開される。劇場を訪れた日向寺監督に、本作について話しをきいた。



『誰がために』は、監督のオリジナル脚本。以前からこういう作品を撮りたい、とアイデアを暖めていたという。「『なぜ人を殺してはいけないのか』という質問が問いただされるテレビ番組がとても印象に残っていました。そして、事件に直面した被害者の目線で、心の葛藤を描きたいと思ったんです。今回は、描きたかったテーマがたまたまオリジナル脚本になりましたが、特別オリジナルじゃなきゃいけない、というこだわりはありません。興味を惹かれる作品があれば撮ってみたいとは思います。」



近年多発する少年犯罪をモチーフに、主人公の心の揺れが痛いほど伝わってくる。脚本作りにも時間をかけたそうだ。「『美しき夏、キリシマ』(黒木和雄監督:2003年)の撮影終了後、本格的に脚本作りに取り掛かりました。脚本が完成するまでに約1年。その後、準備や撮影などで1年。トータルで、約2年かかりました。」



hyugaji-kantoku 重いテーマだが、魅力的なキャストの演技がキラリと光る。写真館を営み、愛する妻を殺された民郎を浅野忠信が熱演。「キャストについては、全て希望通り叶えられました。民郎には浅野さん、と最初から考えていました。以前から、気になっていた俳優さんです。大変お忙しい方でしたが、脚本を読んで『やりたい!』と引き受けてくれました。」



そして、民郎に想いをよせる2人の女性にエリカと池脇千鶴を抜擢。民郎の子を身ごもる妻・亜弥子に、エリカ。 「美しい分だけどこかはかなさを感じて、亜弥子とだぶったんです。彼女は、『美しき夏、キリシマ』で一緒に仕事をしたこともあり、役柄についていろいろ相談してくれました。」


民郎の幼馴染でもあり、亜弥子の親友マリを演じた池脇千鶴については、何もいわなくても役柄をわかってくれ、演出などは一切しませんでした。僕は、池脇さんの良いところを引き出し、演技の鮮度がおちないように心がけていました。」と、女性陣について語ってくれた。チャーミングだが全くタイプの異なる2人の演技にもご注目を!



最後に、監督から誰にも話していない、という撮影中のエピソードを教えてもらった。今回はその一つをご紹介!

hyuugaji5

「川岸で民郎と亜弥子が会話をするシーンがあるんですが、この時ほとんどのスタッフは対岸にいました。撮影も対岸から行っていたんです。」本作には、よく川岸でのシーンが登場する。そこでの撮影を行っている際に起こった出来事だそう。


「役者側には、僕とスタイリストの小堺ななさんの2人しかいませんでした。ある時、待ち時間があってじっと川岸でまっている時に、蛇が川を泳いでいて、突然こちらに出てきたんです。僕たちを見つけると、一瞬止まってこちらをじーっと見て、それからまた泳ぎだしました。それをみたスタイリストの小堺さんが、『今のは、映画の神様かもしれない!』といいだして。(笑)」監督と小堺さんだけが目撃した蛇の出現。


さらに、こう語ってくれた。「実は、僕もそんな風に感じていたんです。というのも、僕は巳年生まれで、偶然とは思えなくて。だから、水の中から突然現れた蛇に何か神々しいものを感じていて、さっき現れた蛇は、『映画の神様』かもしれない!と、思いました。」と、撮影中の変わったエピソードを教えてくれた。


hyugaji-kantoku4 『映画の神様』がこっそり現れて、この映画を完成まで導いてくれたのだろうか。そういえば、初監督でありながら、キャストも全て希望通り、スタッフもすばらしい方々、オリジナル脚本、賞の受賞・・・。やはり、神様はいたのかも?!
是非、劇場にて映画の出来栄えを確かめてほしい。



次回は、インタビュー内容第2弾を掲載予定。お楽しみに!



関連リンク:『誰がために』 公式サイト



文責:ホームページチーム・レイチェル

『誰がために』 日向寺太郎監督 キャンペーン報告

tagatame デビュー作 『誰がために』のキャンペーンで、日向寺太郎監督が名演小劇場を訪れた。 『誰がために』は、面識のない少年により、突然愛する妻を奪われた主人公のやり場のない怒りや哀しみ、そして彼の心に渦巻く葛藤を描いた作品。




デビュー作といっても、巨匠・黒木和雄監督の『スリ』(2000年)や『美しき夏キリシマ』(2003年)の助監督を務めたキャリアもあり、日向寺監督は実力派の一人といっても過言ではない。10月中旬には、みちのく国際ミステリー映画祭2005in盛岡にて、新人監督奨励賞を受賞した。



hyugaji-kantoku5 その日向寺監督に単独インタビューを敢行!これまで一度も話したことがない、という撮影中のハプニングやエピソードを初めて名演小劇場で語ってくれた。今後、2回にわけ本作のインタビュー内容を掲載予定。どうぞお楽しみに!



『誰がために』の主演は、主人公・民郎に浅野忠信、妻役にエリカ、そして、その親友であり民郎の幼馴染に池脇千鶴という豪華な顔ぶれ。さらに、映画初出演となる小池徹平が犯人役を演じているのも見ものだ。その他、宮下順子、鳥丸せつこ、小倉一郎、香川照之らベテラン俳優陣が、本作により重みをあたえている。



今回は公開に先立ち、名演小劇場 観客のみなさん宛のメッセージをご紹介!


hyugaji-kantoku3 『今の日本映画を支えている役者さんやスタッフの方々が、集結してくれました。そんな恵まれた作品なので、芝居も内容も非常に繊細なものに仕上がっています。そこを是非スクリーンで観てください』

―日向寺太郎 監督



『誰がために』は、全カットにわたり手持ち撮影を行った。矢野顕子の奏でるピアノの調べにのり、民郎の揺れ動く気持ちが伝わってくる。是非、日向寺監督の問題作に触れて欲しい。

名演小劇場では、12月上旬公開予定。



関連リンク:『誰がために』 公式サイト



文責:ホームページチーム・レイチェル

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥