ガラスの使徒

『ガラスの使徒』 金守珍監督インタビュー【1】

title

garasu1名演小劇場にて公開中の『ガラスの使徒』
主人公葉子(佐藤めぐみ)と
伝説のレンズ研磨職人池谷(唐十郎)と
工場専務洋次郎(稲荷卓央)と
整理屋平手(山田純大)と
ネオン街の女あざみ(余貴美子)の
不思議な絆の物語です。

…でもどちらかといえば、不思議な、というより「この人達どーなってんのー!?」という物語。

さて映画を観る時に、登場人物に対して「この人はどんな人なんだろう」と思うことはありませんか。そしてエンドロールまでにその登場人物達と仲良くなれると、「観て良かったなあ」という気持ちになって、映画館を出てくることができたりするってありませんか。

「彼らは誰なんだろう」
それがもっと知りたいので、登場人物と演じておられる俳優さんについてお聞きしたいと思っています…インタビューの時間としていただいた30分間に、用意していった質問は実はたったのこれ一つきり。

そんな具合で始まったインタビューと調子はずれの聞き手でしたが、前作『夜を賭けて』でも出演者のほとんどをオーディションで決めたという逸話を持つ金監督。佐藤めぐみさんが『ガラスの使徒』の主演を射止めたいきさつについても、かなり突っ込んだお話を聞かせてくださいました。


a

ー葉子を演じておられた、主演の佐藤めぐみさんについて教えてください。

金監督:そうですね、まだ磨きかかっていないレンズのような人で、こちらが丹誠込めて愛情込めて磨いたら、素晴らしい女優さんになるだろうと。

オーディションだったんですよ。
で、いろんな女優さんと面接しまして。まずやっぱり、レンズの話なんでね、彼女の目が大好きになって。それで話していると、すごく明るいんですけど、その中に暗さを持ってて。彼女の私生活を含めてね、健気にすごく背伸びしてる感じがしたんですね。

僕も監督として新人ですし、やっぱりこう、有名女優さんが来ると僕のやりたいことができんのかなっていうのはあるんですよ。つまり興行としては有名女優さん、有名俳優さんが来ることで、もう興行やビデオやなんとかはすごくやりやすい。

でもそれが与えられちゃった時に、何か、出来上がったものを用意してもつまんないじゃないですか。僕が未知なる経験をしていかないと、自分自身がプライドを持って仕事ができないっていうのもあって。

だから、オーディションを無理矢理お願いしたんですね。本当はもう名のある女優さん達に台本をお願いしてお渡して。

ーえっ、そうなんですか!

金監督:最初は僕も、それでもいいかなと思ったんです。ただやっぱり「この台本(ホン)が分からない」とか。「台本(ホン)が分からない」っていうのが多かったですね。事務所に持っていく前にマネージャーさんが読んで、「台本(ホン)が分かんない」って(笑)、難しくて。それに、少しまだちょっと、女優として脱いだり何だりっていう危ないシーンもありましたんで、要は「やらせらんない」とか、やっぱりその辺が・・・。

だったら、「これはそうだろうな」と。そういうスターさん達が読んでも分かんないだろうな、いやいや、分からないけど!僕が分かって、それを伝えることでね、一緒にやれる人?うん、全部任してくれる人。それが条件だったんです。全部、監督に委ねると。

彼女を選んだのはそれが大きいし、本当に、女優として磨いてくださいっていう。まさに僕がレンズ職人になってね、佐藤めぐみっていう女優を磨いていけんだなと。


b

金監督:条件として、彼女に稽古期間を下さいって言ったんです。撮影入る前に。それで、舞台の稽古をさせたんですよ。「ロミオとジュリエット」。膨大なセリフがあるんですよね、バルコニーのシーンで。「おおロミオ、なんであなたはロミオなの、お父様とは無関係、自分の名は自分の名ではないとおっしゃってください・・・」あと、うわーってさ。一言で言えばいいのにさ、うわーって言うわけですよね。そのエネルギーがないと、彼女がやる役はできないよというのがあった。

見事にやってくれましたね。
これは「どっかのオーディション行ってこれやったら、絶対受かるよ」っていうくらい。

で、案の定セカチュー(※1)の舞台版で彼女は主役を射止めるんです。そこでロミオとジュリエットのシーンをやるんですけど、僕とやったものをそのままやってくれた。うれしいんですよ。

それに「花より男子」(※2)でも彼女は素晴らしい演技をしてますよ。
だからそういう意味では、磨かれていく女優さんだなと。いろいろな人の目にさらされて。今は僕の手を離れたわけですけど、覚悟はしていますね。我が娘のように。


映画の中の葉子・佐藤めぐみさんは、伝説のレンズ職人や、ちょっと情けない想い人の専務や、コワイ整理屋や解体屋の皆さんと凛々しく渡り合うチャーミングで清々しい女性として描かれていました。あと、かなり一途な…。それは「うわーっていうエネルギー」をしっかりと引き出された「女優・佐藤めぐみ」が、スクリーンの中で生き生きとその力を発揮しているからなのかもしれません。そして金監督が最後に少しだけおっしゃった、レンズ研磨職人(=映画監督?)としての「覚悟はしていますね」と「うれしいんですよ」の言葉。これは、次にお聞きした「演出家・唐十郎」のお話につながるものでもありました。

次回、「金監督インタビュー第2弾・唐十郎さんについて」
乞うご期待!

※1
舞台版『世界の中心で、愛をさけぶ』(05年8月)
公式HP:TBS舞台『世界の中心で、愛をさけぶ』
公式ブログ:舞台「世界の中心で、愛をさけぶ』オフィシャルブログ

※2
TBSドラマ「花より男子」(05年10月〜12月放映)
公式HP:TBSドラマ『花より男子』


c佐藤めぐみ
1984年東京都生まれ。TBS『3年B組金八先生PartⅡ』(01/TBS)の赤嶺繭子役を好演し、注目を集める中、「日テレジェニック2002」に選ばれ大きな話題を呼ぶ。その後ドラマでは『砂の器』(04/TBS)、『H2〜君といた日々〜』(05/TBS)、映画では『ウィニングパス』(04)、『銀のエンゼル』(04)、『恋は五、七、五!』(05)と話題作に出演。05年は舞台『世界の中心で愛をさけぶ』の亜紀役に抜擢され、映画『天使』『ピーナッツ』(ともに06年公開予定)が待機中。爽やかさを持ちながら、目に力と魅力を秘めた演技が評判。今後がもっとも期待される新人女優のひとりである。※〜『ガラスの使徒』プレスより抜粋〜

関連リンク:
『ガラスの使徒』公式サイト
『ガラスの使徒』公式ブログ
『夜を賭けて』公式サイト

『ガラスの使徒』 金守珍監督、来名古屋!

garasu1
名演小劇場にて、来年1月に上映予定の

『ガラスの使徒』

先日11月28日に、
この映画のメガホンをとった金守珍監督がキャンペーンのため名古屋においでになりました。


さあ、名演単独インタビューだ!

金監督は射手座だなあ。
プロフィールに首回り37センチって書いてあるのは本当かなあ。

今回は、聞けるわけないと思いつつそんなことも気にかかっている
モノ知らずのスタッフによる迷走取材。
でも監督は、熱く気前よく丁寧に語ってくださったのでした。


さて『ガラスの使徒』の主要登場人物たちは、

百合沢ガラス店の娘、葉子。
伝説のレンズ職人兼工場長、池谷。
工場専務、洋次郎。
整理屋、平手。
ネオン街の女、あざみ。

彼らはどういう人達なんだろう。
本当は、その疑問ひとつでのぞんだインタビュー。
登場人物たちと、彼らを演じた役者さんについて、監督にお聞きしました。インタビュー記事は、1月初旬ごろ掲載予定です。乞うご期待!


※名演小劇場HP 『ガラスの使徒』詳細ページはこちら
関連リンク:『ガラスの使徒 公式サイト



文責:ホームページチーム・メイ

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥