ロッテ・ライニガー

『ロッテ・ライニガーの世界』 山本順子教授より

lotte4

本日より、名演小劇場では『ロッテ・ライニガーの世界』をサウンド版ワールド・プレミア(世界初上映)としてロードショー。世界中の作家に大きな影響を与えた影絵アニメーション作家、ロッテ・ライニガー。彼女の数々の傑作をどうぞお楽しみください。



今回はスペシャル記事をご紹介!愛知県立大学 外国語学部ドイツ学科にて教鞭をとっていらっしゃる山本順子教授にお願いして、ドイツが生んだ伝説のアニメーション作家、ロッテ・ライニガーについての原稿を書いていただきました。




20050912-PrinceAcmmed-001

人間の肉体を超えた、この世のものでないような空間の映像を私たちは今、3Dのコンピューター・グラフィックスで目にすることができる。夢想の空間が電脳による厳密な計算の果てに広がるとしたら、ロッテ・ライニガーのシルエット・フィギュアたちの住む空間も、やはり同様の眩暈が起きるほどの営みの果てに広がっていると言える。レース編みのように繊細な衣装をまとう王子や姫、羽根の一枚一枚が広げられた豪華な翼を持つ要請たちは、関節ごとに切り抜かれたパーツからなり、その手足を1秒間に24回ずつ動かされている。不思議なことに、制限のあるはずの動きが実に優美なので、作法の厳しい宮中に育ったかのようなのだ。

しかもこの驚愕の美学は、映画揺藍期の特殊撮影技術を十全に駆使して成り立っている。当時のアヴァンギャルド美学は「手術台の上のこうもり傘とミシンの出会い」のようと謳われたが、ライニガーの素材と洗練を兼ね備えた影絵は、さしずめ西欧のゴシック趣味と東洋の影絵劇の撮影台の上の出会いと称せられようか。

トーキーの時代になると、彼女の被造物たちは、モーツァルトの軽快なリズムに合わせて跳び回るようになる。これは、メロディーの展開する時間を厳密に計った上で人形を微動させ続けているということだ。同世代のナチ映画で知られる女流監督レニ・リーフェンシュタールもフィルム編集の際、同様の根気で、マーチのリズムと兵士の行進の多数のカメラによる映像を切り貼りしてぴったり合わせていた。一方の天才は紙に生命を与える美学を、他方の天才は人から生命を奪う体制の美学を追求したのだ。


―山本順子教授(愛知県立大学 外国語学部ドイツ学科)




ロッテ・ライニガーDATA:
20050912-bfi-00m-wlq

1899年6月2日ベルリン生まれ。幼少の頃より切り絵が好きだった彼女は、15歳で映像作家パウル・ヴェゲナーの所属するマックス・ラインハルト劇団に参加します。そして、ヴェゲナーの紹介で、後の夫となるカール・コッホらアニメーション研究者たちの協力を得た彼女は、1919年に初の短編影絵アニメ『美しき魂の飾り』を制作しました。その後1923年に長編『『アクメッド王子の冒険』に取り掛かり、4年がかりで完成させました。

第二次世界大戦までにドイツ、イタリア、イギリスなどで数多くの短編を制作し、G・W・パブスト監督の『ドン・キホーテ』(1933年)やジャン・ルノワール監督の『ラ・マルセイエーズ』(1938年)の影絵芝居の場面を担当するなど、幅広い活動を行います。しかし、対戦が勃発するとナチスの台頭で自由な制作は制限され、スイスやパリに逃れました。

夫婦で1948年にイギリスに移住し、ロンドンで活動を再開します。制作意欲は晩年も衰えず、また後進の指導にも熱心でした。

1981年6月19日、82歳で没。



関連リンク:
『ロッテ・ライニガーの世界』 公式サイト
愛知県立大学 公式サイト



文責:ホームページチーム・レイチェル

『ロッテ・ライニガーの世界』 プログラムと料金のご案内

lotte4ドイツの影絵アニメーション作家、ロッテ・ライニガー。彼女の幻想的な作品群、『ロッテ・ライニガーの世界』を名演小劇場ではX'masイヴより上映します。今回の映画は、期間により上映する作品がかわります。どうぞお気をつけください!



■プログラム内容■


Aプログラム


上映期間:12月24日(土)~12/30(金)

上映作品:「アクメッド王子の冒険」+「カルメン」+「パパゲーノ」(85分)



Bプログラム


上映期間:12/31(土)~2006年1/6(金)

上映作品:「アクメッド王子の冒険」+「カルメン」+「ガラテア」(85分)



Cプログラム


上映期間:1/7(土)~1/13(金)

上映作品:「アクメッド王子の冒険」+「ガラテア」+「パパゲーノ」(87分)

※上映時間は、連日、朝10:00 / 夜7:30の2回です。



■料金■


一般:1500円/学生:1300円/シニア・小人(中学生以下):1000円
※会員の方は、会員料金でご覧いただけます。



■各作品の紹介■

051202b






『アクメッド王子の冒険』

The Adventures of Prince Achmed・1926年度作品・1999年映像修復版完成・2004サウンド版完成・ドイツ・65分・モノクロ・スタンダード)

「アラビアン・ナイト」をベースにした冒険活劇。


『カルメン』

CARMEN・1933年・ドイツ・9分・モノクロ・スタンダード)

フランスの作家、メリメの同名小説を題材にビゼーが書き上げた歌劇「カルメン」をモチーフとした音楽劇。


『パパゲーノ』

(PAPAGENO・1935年・ドイツ・11分・モノクロ・スタンダード)

モーツァアルト作の歌劇『魔笛』をモチーフに、同作に登場する陽気な鳥刺し、パパゲーノを主人公にして描いた音楽劇のパロディ。


『ガラテア』

(GALATEA・1935年・ドイツ・11分・モノクロ・スタンダード)

ギリシア神話を元にしたスッペ作のオペレッタ(喜歌劇)「美しきガラテア」より。


20050913-galatea-bfi-00n-5r0

各プログラム全てに含まれる作品『アクメッド王子の冒険』は、ロッテ・ライニガーが20代の頃、約4年もの時間を費やし制作した影絵アニメーションです。光と影の伝説の作品は、影絵人形の関節を細かく動かしながら大切に撮影されました。そして、構図から形まで計算された本作は見事な出来栄えに仕上がっています。
20050913-papgeno-bfi-00n-5qv 1999年にドイツ・フィルムミュージアムの手により映像の修復が行われた『アクメッド王子の冒険』。さらに、フル・オーケストラによる新録音が行われ、今回日本で上映される作品は、新録音音源を仕様したドルビー・ステレオ・サウンド付きの作品です。


映画評論家の故・淀川長治氏もロッテ・ライニガーの作品を絶賛し、語り続けたそうです。どうぞ、スクリーンで『ロッテ・ライニガーの世界』をご堪能ください!



次回は、愛知県立大学 外国語学部ドイツ学科にて教鞭をとっていらっしゃる山本順子教授より寄稿していただいた、『ロッテ・ライニガーについて』の記事を掲載予定。お楽しみに!



関連リンク:『ロッテ・ライニガーの世界』 公式サイト



文責:ホームページチーム・レイチェル

その他のカテゴリー

0.5ミリ | Beauty | MY HOUSE | NO ノー | Viva! イタリア vol.2 | Viva!イタリア | 『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ』 | 『密約 外務省機密漏洩事件』 | 『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』 | あたらしい野生の地 リワイルディング | あのひと | あの頃、君を追いかけた | いのちのかたち─画家・絵本作家 いせひでこ─ | いのちのコール~ミセス インガを知っていますか~ | おみおくりの作法 | かもめ食堂 | さよなら、アドルフ | だんらんにっぽん | つむぐもの | のんちゃんのり弁 | はじまりは5つ星ホテルから | ふたりのアトリエ~ある彫刻家とモデル | ぼくの大切なともだち | みえない雲 | めぐり逢わせのお弁当 | もったいない! | ゆずり葉の頃 | アルゼンチンタンゴ | アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 | アンナプルナ南壁 7,400mの男たち | イエロー・ハンカチーフ | イベリア 魂のフラメンコ | イーダ | エクレール お菓子放浪記 | エゴン・シーレ 死と乙女 | エレファント・ソング | オレンジと太陽 | オーケストラ | オーバー・ザ・ブルースカイ | カミーユ、恋はふたたび | カラアゲ☆USA | カリーナの林檎~チェルノブイリの森 | カーテンコール | ガラスの使徒 | クララ・シューマン 愛の協奏曲 | クロワッサンで朝食を | グザヴィエ・ドラン特集 | グレート・ビューティー/追憶のローマ | グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 | サイの季節 | サンマとカタール~女川つながる人々~ | シネサロンセミナー | シネマの天使 | シネマ・トラベラーズ | シャトーブリアンからの手紙 | シャネル&ストラヴィンスキー | シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ | ショート・ターム | ジェラール・フィリップ生誕90年 デジタルリマスター版 特別映画祭(フランス映画) | ジプシー・フラメンコ | スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!NO.1!! | セラフィーヌの庭 | ダーク・ブラッド | トゥ・ザ・ワンダー | トマトのしずく | ナンネル・モーツァルト | ニキフォル | ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち | ハーブ&ドロシー | パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト | パッテンライ | パパ、遺伝子組み換えってなぁに? | パリよ、永遠に | パリ・オペラ座へようこそ | パートナーズ | ヒナゴン | ファブリックの女王 | フォンターナ広場―イタリアの陰謀 | フランス・フィルム・フェスティバル 2010 | ブルージャスミン | プリンセス・カイウラニ | ベニシアさんの四季の庭 | ベルリン・フィル・イン・シネマ/リヴィング・ウィズ・ベートーヴェン | ホテル・ルワンダ | ポルトガル、ここに誕生す ~ギマランイス歴史地区 | マザーテレサ | マダム・イン・ニューヨーク | マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ | マルガリータで乾杯を! | マルタのことづけ | マルタのやさしい刺繍 | ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック | モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 | ヤコブへの手紙 | ラスト・タンゴ | ロッテ・ライニガー | ロバと王女 | ワレサ 連帯の男 | ヴィクトリア女王 | ヴィスコンティ映画祭 | ヴィニシウス | 一分間だけ | 一枚のはがき | 世界でいちばん美しい村 | 二人日和 | 人生、ここにあり! | 別離 | 加藤周一 | 厨房男子 | 名演キャンペーン | 名演小劇場 | 天心 | 太秦ライムライト | 少女は自転車にのって | 幸せなひとりぼっち | 幸せのありか | 恋しくて | 恋谷橋 | 愛してよ | 放浪の画家 ピロスマニ | 日本の保健婦さん―前田黎生・95歳の旅路― | 日活創立100周年 記念特別企画『日活映画 100年の青春』 | 星の旅人たち | 映画・テレビ | 映画祭関連 | 春との旅 | 最後の晩餐 | 木靴の樹 | 李藝 最初の朝鮮通信使 | 栄光のランナー/1936ベルリン | 歩いても 歩いても | 沖縄 うりずんの雨 | 津軽百年食堂 | 火の山のマリア | 燦燦-さんさん- | 物置のピアノ | 理想の出産 | 百年の時計 | 百日紅~Miss HOKUSAI~ | 眠れる美女 | 神さまがくれた娘 | 神は死んだのか | 私の、息子 | 空気人形 | 紙屋悦子の青春 | 緑はよみがえる | 群青色の、とおり道 | 能登の花ヨメ | 至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~ | 英国王のスピーチ | 草原の実験 | 葦牙 | 蠢動-しゅんどう- | 見逃した映画特集2014 | 誰がために | 赤と黒 | 陽だまりハウスでマラソンを | 青いうた | 黄金花 | 黒木和雄監督 | Maiko ふたたびの白鳥